ロリポップ!全プランでSSD対応! 月250円からワードプレスが使える低価格レンタルサーバー

対象ユーザー初級/中級

レンタルサーバー ロリポップ!

WordPressが利用できる最も安いライトプランでは、簡単インストール・無料SSL・メールマガジン発行などサイトをすぐに始められる手軽さが人気です。
2020年8月5日から全プランがSSD対応!SEO対策も行えます。2020年12月31日まで全プラン初期費用無料キャンペーン中です。
初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ
1,500円
0円
250円~ ライトプラン SSD 100GB

こんな方におすすめ

  • WordPressでサイトを作りたい個人・中小企業
  • 月額料金を数百円台に抑えたい、コストをかけたくない
  • 無料SSLも使いたい、セキュリティも確保したい

WordPressを始めるのに最適なサーバー

無料ブログをやめて自分のホームページを始めたい、WordPressを触ってみたいなど、お手軽にホームページをスタートしたい方に最適なレンタルサーバー「ロリポップ! 」。

企業はもちろん、アパレルやエンジニア、ショップなどいろいろな業界のサイト、そして個人サイトなど200万以上のホームページで利用されておりWordPressでサイトを立ち上げる、無料ブログから移行するにはぴったりのレンタルサーバーです。

NEWS

2020年8月5日 ロリポップ!全プランでSSD対応などフルリニューアルを実施しました。

【全プランがSSD対応・スペックアップへ】
「エコノミー」「ライト」「スタンダード」でストレージがSSD対応となりディスク性能が最大で35倍も向上。さらにハードウェアも刷新し、CPUコア数が従来の2.6倍、メモリ数が最大で16倍、総合的な処理能力も約2倍と、低価格プランでも高速化が実現しました。

また、ディスク容量・独自ドメイン数・データベース数もプラン毎に大幅アップとなっています。

【ハイスピードプランの新料金体系】
8月5日以降、初期費用3,000円が無料に変更。1・3カ月契約(月額費用)を1200円→1000円に、6・12カ月契約(月額費用)を1000円→750円へ値下げし、さらに導入しやすくなりました。

【初期費用無料キャンペーン】
フルリニューアルを記念したキャンペーンを2020年8月5日から12月31日まで実施中。全てのプランで、初期費用が無料となっています。

・プラン

レンタルサーバーロリポップ!価格改定

*複数素材をロリポップより引用

プランごとの機能は?

WordPressが利用できるライトプランを含め「ロリポップ! 」4つのプランの機能比較です。

サイトを始めるときはSSD対応の「ライトプラン」で十分ですが、さらに高速表示をしたいときは「ハイスピード」がおすすめです
もっと詳しく

 

プラン別機能一覧表

  ライト スタンダード ハイスピード
エンター
プライズ
WEBサーバー Nginx
(Apache)
Nginx
(Apache)
Nginx
(Lite Speed)
Nginx
(Lite Speed)
ストレージ SSD SSD SSD SSD
独自ドメイン 100 200 無制限 無制限
サブドメイン ドメイン毎に
300
ドメイン毎に
500
無制限 無制限
データベース 1 50 無制限 無制限
簡単
インストール
FTPアカウント 1 1 1 1
PHP
(CGI版) *
×
PHP
(モジュール版)
× ×
PHP
(Lite Speed版) *
× ×
無料SSL
WAF
メールアドレス
作成数
無制限 無制限 無制限 無制限
メールマガジン 5 10 10 30
ウィルス
チェック
アクセス解析 × ×
メール/
チャット
サポート
電話サポート ×
バックアップ
*オプション
300円/月 300円/月 自動バックアップ
無料
(復元有料)
自動バックアップ
無料
(復元有料)

*PHP(CGI版)、PHP(LiteSpeed版)でPHP7.4対応
*PHP7.3,7.4でサイト高速表示に効果のあるWebP形式画像ファイル対応

Lite Speedとは?

Apacheと完全な互換性があり静的コンテンツ配信を高速化した次世代のWebサーバーです。Apacheと比較して応答速度が格段に速い、最新プロトコルに対応など高速化に必要な機能が盛り込まれている軽量Webサーバーです。

サイト高速化
レンタルサーバー LiteSpeedとは
【LiteSpeed】超高速Webサーバーで快速表示

レンタルサーバーに高速化の大きな波が レンタルサーバーの大きなトレンドとして、【高速化】対応が急速に広まっています。 レンタルサーバーを選ぶ大きな要素として、「価格」「信頼性」「サポート」の3つがあり ...

続きを見る

「ハイスピード」「エンタープライズ」プランは、このLite Speed対応、ストレージとデータベースのオールSSD対応、WordPressのパフォーマンス向上やサーバーに高負荷がかかっている場合でも静的サイトが安定表示されるアクセラレータなど、高速表示機能を満たしています。

 

 

料金は?

ロリポップ! 」初期費用は、エコノミー・ライト・スタンダードプランが1,500円、ハイスピード・エンタープライズプランは3,000円。
2020年8月5日に全プランリニューアルで、SSD対応とディスク容量変更となりました。そして2020年12月31日までキャンペーンで全プラン初期費用無料となっています。
(ハイスピードのみ常時0円)
ライトプランは1カ月ごとの支払いは300円ですが、6か月以上の一括で支払うと月250円相当となりお得です。

  ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
無料お試し 10日間 10日間 10日間 10日間
初期費用 1,500円
0円
1,500円
0円
0円 3,000円
0円
月額料金 250円~ 500円~ 500円~ 2,000円~
ディスク容量 100GB 150GB 200GB 1TB
転送量 100GB/日 150GB/日 200GB/日 400GB/日
WordPress

*料金は税別表示

*エコノミーはWordPress利用不可のため表から割愛

長期契約の場合


レンタルサーバーロリポップ!長期契約料金表

注意ポイント

最初は軽く始めて、アクセスが増えたり、使いたい機能がある場合のみ上位コースに移るのが上手な運用のコツです。

申し込みの流れと注意事項

ロリポップ! 」公式サイトから、「申し込み」→メニュー「選択する」をクリック&タップで、アカウント作成ページに進みます。

レンタルサーバーロリポップ!アカウント作成

:好きなアカウント名を作成します。
:ロリポップ!のドメインを選びます。
→この2つを合わせたURLが、ロリポップでの共有ドメインになります。

そして任意のパスワードとメールアドレスを入力して、「規約に同意して本人確認へ」をクリック&タップして次に進みます。

ココに注意

アカウント+ロリポップ!の共有ドメインが、管理画面ログイン時のIDになります。
上記の例では、sample.peewee.jpがID(扱い)ですので覚えておきましょう。

レンタルサーバーロリポップ!ログイン画面

次に、「SMS認証による本人確認」ページで携帯電話番号を入力します。
「認証コードを送信する」をクリック&タップで、携帯に4ケタの番号が送られてきます。次の画面でその番号を入力し、本人確認を終了します。

お悩みさん
SMSで何度やっても届かないんだけど・・
そういう時は音声でトライしましょう。「SMSではなく音声通話による認証を利用する」にチェックを入れてクリックしてください
注目です

 

レンタルサーバーロリポップ!SMS認証

あとは、個人情報などを入力して登録を完了させればOKです。

気になるポイントは?

1:WorsPressが利用できるのはライトプラン以上。月額100円のエコノミーではWordPressは利用できません。

2:バックアップは有料オプションです。なおハイスピードプラン・エンタープライズプランは自動バックアップされますが、復元が有料です。

3:2020年8月5日から全プランがSSD対応で高速化されました。

4:2020年8月5日から、ハイスピードプランのみ常時、初期無料に。

あわせて読みたい(ロリポップ!の始め方)

ロリポップの無料お試しに申し込む方法


レンタルサーバーロリポップ!
ロリポップ!で10日間、無料お試しでしっかり検証

WordPressを月額200円台で利用できるレンタルサーバーサービス「ロリポップ!」は、個人や企業利用で多く使われています。 無料お試しが10日間設定されていますので、今回は申し込み方法について解説 ...

続きを見る

 

SSL・WordPressのインストールを詳しく


レンタルサーバーロリポップ!
ロリポップ!でサイトを構築する~WordPress/SSL/独自ドメイン設定~

月額200円台からWordPressを利用できるレンタルサーバー「ロリポップ! 」は、個人・法人問わず数多くのサイトで活用されています。 今回は、申し込みを完了した後に行う「SSL設定」と「WordP ...

続きを見る

 

まとめ

レンタルサーバーを借りて、最初にホームページを作るのに最適な「ロリポップ! 」。

WordPressはライトコースから利用できて、独自ドメインや無料SSLなどサイト運営に必要な機能はほぼすべて備わっています。6カ月以上の一括お支払いの場合10%オフになり、月250円程度のコストで自分のホームページが持てる価格設定もありがたいですね。

ドメインも合わせると年4~5000円ほどのコストで、全国に情報発信ができる自社サイトはこれからのネット社会やビジネスには欠かせません。2020年8月5日から全プランでSSD対応となり、低価格プランでもサイトの高速化に対応しています。
自分だけのドメインで、さっそくホームページを始めてみましょう。

 

 

© 2020 ストリームレンタルドットコム