レンタルサーバー さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ ~安定性と低価格で高信頼性の共用レンタルサーバー

2022年2月16日

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバ

1996年からサービスを提供し続けている信頼感と、サポートには定評あり。電話サポートは通話料無料。震度6強の地震にも耐えうる堅牢な自社データセンターでサーバーをしっかり管理・運営しています。安定性・信頼性を重視するユーザーに適したサービスです。
(*12カ月契約の月額換算/税込)

対象ユーザー初級/中級

初期費用 月額費用 プラン ストレージ
無料 437円* スタンダード SSD 300GB

こんな方におすすめ

  • 安定・信頼できるレンタルサーバー・企業を使いたい
  • WordPressを始めたい、バックアップを取っておきたい
  • 稼働率の高いサーバーが良い、データセンターでしっかり管理

さくらのレンタルサーバとは?

さくらのレンタルサーバ」 を運営するさくらインターネット株式会社は、関西発のスタートアップ企業として1996年創業し、その後様々な困難の乗り越え、今や東証プライム市場(旧一部)上場の大企業に成長しました。
代表取締役社長 田中邦裕氏はその当時から代表としてレンタルサーバービジネスを引っ張り、また講演などそのユニークな発言でレンタルサーバー業界では知る人ぞ知る有名人でもあります。

リニューアル情報

2022年2月16日から、ストレージのSSD化と刷新により表示速度および処理能力が従来の最大5倍となる新サーバー提供を開始です。
あわせて初期費用無料化転送量無制限ストレージ容量も増強しました。
なお、プランの種類および料金は変更ありません

企業情報

商号 さくらインターネット株式会社 
本社 〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 35F
創業 1996年12月23日
資本金 22億5,692万円
上場証券取引所 東京プライム(証券コード:3778)
所属団体 ・特定非営利活動法人 日本データセンター協会
・一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会
・一般社団法人ソフトウェア協会 他

エピソード

日本橋電気街が成長の母

会社は05年に東証マザーズに上場したが、様々な新規事業がふるわず07年には債務超過に陥った。結局自分が社長に復帰し、立て直しのため金策に奔走した。顧客からの「うちは継続してサービスを使うよ」という言葉がありがたかった。

日本経済新聞

まじめにコツコツと一つのビジネスに取り組み、成長させるその姿勢は、さくらインターネット株式会社が展開するレンタルサーバーサービスにも色濃く出ています。

分かりました
日本でITバブルが起こる前からあったんですね?
そうです。楽天等と同時期の創業で、その後のITバブル崩壊や同業者との競争、グーグルの無料化に飲み込まれず、生き残った企業なんです
もっと詳しく

注目すべき4つのポイント

長くレンタルサーバービジネスに携わり、信頼性を高めたさくらインターネット株式会社が運営する「さくらのレンタルサーバ」ですが、導入を検討するときには特に4つの点を知っておきましょう。

  1. 自社運営の強み
  2. 利用者にやさしい低価格
  3. 絶え間ない新技術の導入
  4. 安心の信頼感とサポートが充実

①:自社運営の強み

データセンターとは?

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバデータセンター

引用:さくらインターネット 以下複数素材

さくらのレンタルサーバ」 は、自社運営のデータセンターにサーバーを収容し運用しています。
データセンターとは、震度6強の地震にも耐えうる非常用電源装置を備えた堅牢な建造物に、サーバーや各種通信機器の設置し、複数のIXや大手ISPなどと相互接続した大容量バックボーンで快適なインターネットサービスを提供する施設のことで、iDCとも言われます。
東京や大阪の複数ISPと、国内最大級の対外接続1.14Tbの大容量で接続することでネットワーク障害が発生する確率をできうる限り下げることを実現しています。

具体的なメリットは?

レンタルサーバーサービスの中には、iDCを借りてサーバーを設置しているケース、またはその企業からさらに借りて、自分のブランド名を付けて販売する(OEM)ケースもあり、中間マージンが発生し価格が割高になることもあります。

さくらのレンタルサーバ」は、iDCも自社運営ですので中間コストを削減しながら、自社運営の強みを活かし、さらにiDC内外のインターネット・ネットワーク環境の改善や改革に自由に取り組むことができるのが、ユーザーにとって大きなメリットです。

最新のネット回線を導入できるので品質が上がり続けるんですね
解説です

②:利用者にやさしい低価格

自社運用でできる限りコストを下げていますので、品質の高いサービスを低価格で提供しています。共用サーバーサービスの中では、WordPressを利用できる月額524円のスタンダードプランが特に人気が高く、全体のうち8割を占める一番人気のコースです。

スタンダードプランをさらに詳しく

サイト運用に必要なディスク容量300GBを確保、複数サイトを立ち上げるのに必要なマルチドメインは200個まで、メールアドレスは無制限
データベース(MySGL)は50個、WordPressを簡単にインストールできる「クイックインストール」も標準装備されています。
そして現在は、サイトのセキュア化が必須で無料SSLにも対応。

さらに、バックアップ&ステージング対応Webフォントも月間7.5万PVまで無料で利用できます。スタンダードプランには、サイト運営には欠かせない機能は十分に揃っています。
もっと詳しく

③:絶え間ない新技術の導入

さくらのレンタルサーバ」はiDCの自社運用に加え、自社開発の技術、公開されている新技術を積極的に導入しています。主な機能追加は3点です。

step
1
高速化

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバSSDハード面では、SSD採用の高性能ハードウェアの導入・機能リニューアルにより、速度が大幅に向上しました。
またPHP7に加え、PHPモジュールモード対応、高速Webサーバーnginxを導入し、HTTP/2による高速通信化に対応しました。nginxとは、大量の同時アクセスの処理に最適化された静的コンテンツの配信に特化したWebサーバーのことで、各種の技術導入によりWordPressが従来より最大16倍に高速化しました。

Nginxについてさらに詳しく
Nginx採用
高速WEBサーバー NGINX(エンジンエックス)
【nginx】軽量・高速Webサーバーで高い処理能力が特徴

サイト表示の高速化が検索エンジン上位表示に影響を与えるなか、高速WEBサーバーの利用が世界で増えています。なかでも、nginx(エンジンエックス)は、2022年Netcraft社のWebサーバー調査で ...

続きを見る

コンテンツブーストとは?

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバ コンテンツブーストとは?一時的なアクセス集中やページに常時アクセス負荷がかかる場合、安定して高速表示をしたいときに役立つ機能が「コンテンツブースト」です。
最大のメリットは、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)と自動連係することで、契約しているサーバーとデータをキャッシュしている複数のCDNサーバーで分散配信し、大量アクセスにも、滞ることなくコンテンツを配信することが可能となります。

さくらのレンタルサーバが提供しているCDNサービスは「ウェブアクセラレータ」と言います。こCDNサービスを単独で利用するには複雑な設定が必要なのですが、「コンテンツブースト」は数クリックの簡単な操作で始められるのも特筆すべきポイントです。
解説です

料金・対応プラン

料金 1,100円/月  無料
対応プラン
(共用サーバー)
ライト
スタンダード
プレミアム
ビジネス
ビジネスプロ
対応プラン
(マネージド)
- HDDプラン
SSDプラン
転送容量 月間300GBまで *

* 月間300GBを超える場合、従量課金5円/転送1GB

月間で300GBを越えるときは、コンテンツブーストを使い続ける(従量課金あり)従来のレンタルサーバーに戻す(従量課金なし)のいずれかが選べますので、上限なく費用が発生し続けることはなく安心ですよ
もっと詳しく
なお、サブドメインが無いドメインさくらのDNS( ns1, ns2.dns.ne.jp )を利用していないドメインなど利用できないドメインもありますので、事前に公式サイトで確認しておきましょう。
注目です

step
2
ステージング&バックアップ

新しいプラグインが公開されたけど本番サイトで適用して大丈夫?サイトの見栄えを事前にチェックしたい・・ということはありますよね。

ステージングとは、新しいレンタルサーバー契約をすることなくテスト環境が作成でき、 さらにテスト環境から本番サーバーへ公開出来る機能です。WordPressに対応していますので、アップデートやサイトの改修時等、便利に利用できとっても重宝します。

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバステージング

さらに、まさかに備えて最大8世代バックアップも対応。
いずれも利用料金は無料です。(対象はスタンダードプラン以上)

step
3
モリサワWebフォント

プロも使用しているフォントの有名企業「株式会社モリサワ」の Webフォントを月間7.5万PVまで、ビジネスプラン以上(ビジネス・ビジネスプロ・マネージド)では月間PV無制限で、33書体利用できます。 デザインがより豊かになりますし、テキスト化でSEOでも有利になることも。 利用料金は無料。(対象はスタンダードプラン以上)

明朝体 リュウミン R-KL / リュウミン M-KL / 見出しミンMA31 / A1明朝 / しまなみ
ゴシック体 新ゴ R / 新ゴ M / ゴシックMB101 B / 見出しゴMB31 / ナウ-GM
丸ゴシック体 じゅん 201 / じゅん 501 / 新丸ゴ / ヒラギノ丸ゴ W4
デザイン書体 フォーク R / フォーク M / 丸フォーク R / 丸フォーク M / カクミン R / 解ミン 宙 B / シネマレター / トーキング / はるひ学園 / すずむし / G2サンセリフ-B
装飾書体 新丸ゴ 太ライン
筆書体 正楷書CB1 / 隷書101
UD書体 UD新ゴ R / UD新ゴ M / UD新ゴ コンデンス90 L / UD新ゴ コンデンス90 M / UDデジタル教科書体 R
WordPressのプラグインとして利用できますよ
もっと詳しく

④:安心の信頼感とサポートが充実

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバサポートさくらインターネット株式会社は1996年創業からレンタルサーバービジネスに真摯に取り組み、ノウハウを蓄積してサービスを提供し続けていますので、信頼性・安心感は他社以上のものがあります。
サポートについては、「さくらのサポート情報」としてまとめて情報発信を行っており、よくある質問や契約・料金関係の疑問、スタートアップガイドや障害情報と充実しています。
契約者には個別にメールサポートと電話サポート(なんと通話料金が無料)も無料で受けることができるので、安心してWEBサイトに取り組むことができますね。

電話サポートは、2021年9月現在はコロナ対応のため休止となっています。当面は、営業時間内に電話をもらう「コールバック予約」、もしくはメール・チャットサポートを利用するようにしましょう。
解説です

機能詳細

プランごとを比較しました。なお、ライトプランはWordPressが利用できませんので割愛しています。

機能 スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
ストレージ容量 300GB 400GB 600GB 900GB
マルチドメイン 200 300 400 500
さくらのサブドメイン
WEBフォント
月間7.5万PV

月間7.5万PV

無制限

無制限
FTP
MySQL 50 100 200 400
PHP5/7/8
WordPress
転送量制限 無制限 無制限 無制限 無制限
WordPress高速化 *1
簡単インストール
HTTP/2
無料CDN *2
(コンテンツブースト)
オプション
無料SSL
独自SSL
Webalizer解析
WAF
バックアップ&ステージング
メールアドレス 無制限 無制限 無制限 無制限
ウィルスチェック
迷惑メールフィルタ
メール/電話サポート ○/○ ○/○ ○/○ ○/○

*1 モジュール版PHPを利用できます。WordPress・EC-CubeなどPHPアプリケーション高速化対応。
*2 月間転送容量300GBまでの制限あり。301GB以上は従量課金で利用可能。

料金

初期設定費用・月額費用

プランごとの初期・月額費用です。長期契約になるほど、月額がお得になります。なおライトプランはWordPress非対応のため割愛しています。

契約期間 スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用 無料 無料 無料 無料
月払い 524 1,571 2,619 4,714
年一括
(1ヶ月換算)
5,238
(437円)
15,714
(1,310円)
26,191
(2,183円)
47,143
(3,929円)

*税込表示 キャンペーンで料金が変更の場合もあります。

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. 自社運営データセンター&長期運用で信頼性が高い
  2. 電話サポートは通話料無料全プラン対応(コロナで非対応期間あり)
  3. Webフォント・WordPress高速化が利用できる
  4. ステージング&バックアップは、スタンダードプラン以上が対象
  5. ライトプランはWordPress非対応
  6. プラン変更ができません

あわせて読みたい(さくらのレンタルサーバの始め方)

申し込みの流れを解説します

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバは無料で2週間利用できる

「さくらのレンタルサーバ」 は無料SSLやバックアップなどビジネスの運用に必要な機能が充実しているレンタルサーバーです。2週間無料お試し期間が利用できますので、機能や管理画面の使用感・設定方法など事前 ...

続きを見る

まとめ

さくらのレンタルサーバ」は、社歴・運用実績も長く、低価格ながら信頼性の高いレンタルサーバーサービスを提供し続けています。

WordPressはスタンダードプラン以上で利用できて、独自ドメインや無料SSLはもちろん、メール・電話サポートなどサイト運営を安心して行うことができます。

最初のホームページ、また他社からの移行でも使える「さくらのレンタルサーバ」で情報発信を始めてみましょう。お試し無料期間は2週間です。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)