AFFINGER6 ~企業・個人で利用できる“収益を上げることに徹した”WordPressテンプレート~

WordPressテンプレート AFFINGER6

商品名料金ライセンス形態
ACTION AFFINGER614,800円1ライセンス購入で
サイト利用数無制限

こんな方におすすめ

  • SEO対策をしたい、表示速度を上げたい、WEBで収益を上げたい
  • 高機能のテーマを探している、企業サイトを構築したい
  • 個人ブログ・アフィリエイトサイト用でいいテーマを探している
通常版テンプレート単体

 

特別版テンプレート・プラグインとセット

 

数あるWordPressのテンプレートの中でも、「収益を上げる」ことに焦点を絞り開発されたのが「AFFINGER6」です。2021年6月30日で販売終了したAFFINGER5の後継製品として、7月1日にリリースされました。

提供企業は、愛知県名古屋市にある株式会社オンスピードで、無料テンプレート「STINGER」シリーズのノウハウを詰め込み、さらにSEOに強く、高速表示、様々な設定、プラグインでユーザーの目的に合う「最適化」できることが最大の長所です。
今回は「AFFINGER6」について分かりやすくポイントを絞って解説します。

 

AFFINGER6とは?

SEOに強く、収益を上げることに特化したテンプレートがAFFINGER6です。

WordPressテンプレート AFFINGER6のポジショニング

AFFINGER6」は、テンプレート全体のポジショニングとしては、多機能性・表示速度に優れ、SEO効果が見込まれるため、結果としてサイトに掲載している広告や商品の販売効果・促進が期待できる「収益が上がる」テンプレートとして、個人・企業に幅広く利用されています。

スマートフォン向けレスポンシブ対応に、豊富なプラグイン(有償含む)も追加で機能が充実、ライセンスは1つ購入すれば複数サイトでも利用可能です。

ココがポイント

当サイトでは、AFFINGER6EXを採用し構築しています。設定が多岐に渡り柔軟なサイト設計ができること、表示速度や内部施策などSEO対策が申し分ないこと、そしてテンプレートの改善が常時行われアップデートにより機能追加が図られていること(アップデートは自己責任)など、ビジネス用途での要件も十分満たしています。

 

具体的にどんなサイトで使える?

AFFINGER6は具体的にどんなサイトで使える?AFFINGER6」は、どのようなサイトで使うのに向いているのでしょうか?
ブログやアフィリエイトとして個人利用が多かった無料のSTINGER、そして有料のAFFINGERですがバージョンアップを重ねた末、AFFINGER6では企業やショップサイトでも利用できるように機能面・デザイン面も大幅に強化されています。

つまり、個人ブログやアフィリエイトサイト、そして本格的な企業サイト、ビジネスサイトまで守備範囲に入れた受け皿の広いテンプレートと言ってもいいでしょう。

サンプル例

AFFINGER6は企業サイト・個人ブログなど様々に使える

出典:AFFINGER6公式サイト 以下複数素材利用

 

管理画面で細かい設定が可能

WordPressテンプレート AFFINGER6管理画面 全体設定

AFFINGER6」管理画面では、デザイン・レイアウト・各表示設定・ヘッダー・SNSなどユーザーの都合に合わせた細かい設定を行え、自社サイトの最適化が実現します。
非常に多くの項目があり、またテンプレートも随時アップデートされ機能アップしていますので、サイト管理者にとって小まめにサイトを改善することがユーザビリティーの向上、SEO対策として重要な戦略になっています。

 

ACTIONとは? WINGとは?

それでは次に「ACTION」について解説しましょう。
今まで見てきたように「AFFINGER6」はテンプレートのことで、さらにもう一つ「STINGER PRO 3」というテンプレートもあります。

AFFINGER6STINGER PRO3は別々のWordPressテンプレートで、さらに特別機能追加バージョン「EX」を含めると合計4パターンのテンプレートがあります。

2021年7月より順次公開

ACTIONとは、AFFINGER6・AFFINGER6EX・STINGER PRO3・STINGER PRO3EXの総称です。

ACTION EX β版-AFFINGER6/STINGER PRO3-をWING EXユーザーに先行公開開始

引用:ONSPEED

 

2021年6月30日販売終了

WINGとは、AFFINGER5・AFFINGER5EX・STINGER PRO2・STINGER PRO2EXの総称です。

AFFINGER PACK3

2021年6月末でWINGは販売終了し、2021年7月よりAFFINGER6や、AFFINGER6EXSTINGER PRO3EX などACTIONが順次リリースされます。

そしてもう一つポイントです。
AFFINGER6は単体で購入(14,800円)できますが、機能を拡張したAFFINGER6 EX版はACTION PACK3(AFFINGER6 EX版)としてリリースされプラグインも同梱されています。

 

困ったなあ
通常版のAFFINGER6を選べばいいのか?EX版を購入するべきか悩んでしまいます・・

 

価格を抑えて最大効果を出したいときは通常版のAFFINGER6、非公開の機能拡張を含めて利用したいときはAFFINGER6 EX版と考えてみてもいいですよ。料金も異なっていますので状況に応じて利用しましょう。
もっと詳しく

 

WINGとACTIONの違いは?

WINGとACTIONとは何かが分かりましたので、次にWINGからACTIONがどう変わったのかを簡潔に見てみましょう。

 

追加・変更の主なポイント

  • Gutenbergブロックの強化
  • FontAwesome4.7からの脱却
  • フッタークレジットの削除
  • デザインパターン・カラーの変更

 

もっとも大きい変更点は、サポートが終了するとみられているClassicEditorに代わって、新エディターのGutenbergブロックが強化され完全対応するのでは、という点です。特にClassicEditorのWordPressでの終了は国内外のサイト全体に大きな影響を与えますので、事前に準備をしておくことが重要です。
注目です

 

削除されたポイント

  • ファビコン設定の設定終了(WordPress本体で設定へ)
  • EX版のWordPress Popular Posts連携終了
  • AMP非対応。今後の開発終了

 

5G環境による高速化やGoogleのAMP優先度の変化など、諸事情によりAMP対応はACTIONでは明記されないとのことです。また、WordPress自体やプラグインでできることは、AFFINGERなどACTIONで行わない方向性となっています。
解説です

 

WINGからの移行の注意点は?

すでにWINGを利用しているユーザーが、現在のWINGをACTIONに移行する場合は、親テーマと子テーマの変更が必要です。

さらに注意点は下記のとおりです。

PHP7.3以上の環境であること
■ テーマ管理の設定は引き継がれる
■ カスタマイザーの設定は初期化される
■ ウィジェットの配置が変更になる可能性あり

 

WINGとACTIONは、互換性が基本的にありませんので、別物として意識してアップデートする必要があります。事前に必ずバックアップを取って、あるいは予備環境で事前テストをしたうえで作業を進めてください。また、変更点は多岐に渡りますので、公式サイトを事前に見ておきましょう。
もっと詳しく

 

製品情報

ACTION(AFFINGER6版)

WordPressテンプレート AFFINGER6ACTION(AFFINGER6版)ですが、オリジナルWordPressテーマ通常版「ACTION(AFFINGER6)」を価格 14,800 円(税込)で販売している基本的には単体商品です。

【限定特典】
2021年7月1日販売分より限定特典として、簡単に目次が作成できるプラグイン「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)[LITE]」が付きます。

有料版「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)[PRO]」の一部機能制限版で「クリック計測機能・投稿ごとのカスタム機能・見出しレベル設定」などはありませんが、サイトに容易に目次を付けることができることは、ユーザビリティ・SEOの両面でメリットがあります。

商品名料金(税込)
ACTION(AFFINGER6版)14,800 円

 

ACTION PACK3(AFFINGER6 EX)

WordPressテンプレート ACTION PACK3(AFFINGER6 EX)ACTION PACK3は、WordPressテーマの特別機能追加バージョン「AFFINGER6EX」(追加機能はメーカー非公開)と、テーマをフル活用できる専用プラグイン「AFFINGERタグ管理マネージャー4」と「ABテストプラグイン」、マニュアルをまとめ価格39,800円(税込)で販売しているパック商品です。テーマとプラグインを単体ごとに購入すれば合計53,400円(税込)になりますが、このパックですと39,800円(税込)となりお得です。

さらにリリースを記念して、2021年7月末まで5,000円引きの34,800円です。

【限定特典】
2021年7月1日販売分より限定特典として、簡単に目次が作成できるプラグイン「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)[LITE]」が付きます。

有料版「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)[PRO]」の一部機能制限版で「クリック計測機能・投稿ごとのカスタム機能・見出しレベル設定」などはありませんが、サイトに容易に目次を付けることができることは、ユーザビリティ・SEOの両面でメリットがあります。

商品名パック料金(税込)
ACTION PACK353,400円39,800円→34,800円
(2021/7月末まで)
パック内訳単体料金(税込)
ACTION(AFFINGER6 EX版)26,800円
AFFINGERタグ管理マネージャー421,800円
ABテストプラグイン4,800円
単品合計53,400円

 

選択のポイントは?

ここまで、AFFINGER6の特性やACTIONとは何か?などを見てきました。

AFFINGER6は多機能性があり、ニーズに応じて様々なことができること、そしてテンプレートは随時、機能を追加修正して無料でアップデートできますので(なおアップデートは自己責任で)、初期コストを抑え、売り上げを増やしたい場合はACTION(AFFINGER6版)を選択すると長期的なメリットが出てきます。

 

まとめ

個人ブロガーやアフィリエイター、そして企業サイトまで幅広く、そしてプラグインでより深くサイトを作りこむことができる「AFFINGER6」です。

こまめなアップデートで機能追加もあり、ニーズに合うプラグインを入手してサイトのステップアップもでき、収益を上げる、売り上げを向上する目的にかなうテンプレートでもあります。
じっくりと検討してみましょう。

 

通常版テンプレート単体

 

特別版テンプレート・プラグインとセット

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。