比較・レンタルサーバー・ドメイン

【比較】VPS9ブランドを評価 おすすめの仮想専用サーバーは?(2022年版)

2022年4月21日

VPS(仮想専用サーバー)評価・比較

ホームページの運用やWEBアプリケーションなどの開発にはサーバーが欠かせませんが、「共用サーバーではスペックや機能が物足らない・拡張できない」、でも「専用サーバーを契約するほどコストはかけたくない」というユーザーも多くいらっしゃいます。

VPSイメージそこで管理者権限がありサーバーを占有できるVPS(Virtual Private Server)という仮想専用サーバーの利用が増加しています。VPSには、専用サーバーのような自由度の高さと、共用サーバーのようなコストの低さ・低価格という両方のメリットをかけ合わせた強みがあります。
このページでは、VPSについて、そして国内の代表的なVPS提供サービス9ブランド(Linux OS)の比較や評価について解説しますので、VPSの比較や特徴の絞り込みにより、VPSを評価・選定するための条件を事前チェックすることができます。
対象サービスはLinux版は9ブランド、Windows版は8ブランドです。

◆ Linux版VPS ~9ブランド~

VPS 仮想専用サーバー Linux OS

ConoHa VPS、お名前.com VPSの2ブランドをGMOインターネット株式会社が運営、WebARENA(SuitePRO V4)とWebARENA Indigoの2ブランドを株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運営、それ以外は各社運営で合計7社がLinux版VPSを提供しています。

■ Windows版VPS ~8ブランド~

VPS 仮想専用サーバー Windows OS

ConoHa for Windows Server、お名前.com デスクトップクラウドの2ブランドをGMOインターネット株式会社が運営、WebARENA(SuitePRO V4)とWebARENA Indigo for Windows Serverの2ブランドを株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運営、それ以外は各社運営で合計6社がWindows版VPSを提供しています。

VPS(仮想専用サーバー)とは?

レンタルサーバーには、大きく分けて共用サーバー専用サーバーVPS(仮想専用サーバー)の3種類があります。それぞれのコストと技術の関係性を図にするとおおまがではありますが下記のようなイメージになります。

レンタルサーバー コストと技術相関図

ざっくりと申し上げますと、これからホームページを始めたい・事前に設定された機能をすぐに使いたいユーザーは共用サーバー、機能などをカスタマイズしたいなどの中級以上のユーザーはVPS、専用サーバーということになります
もっと詳しく

共用サーバー・専用サーバーのメリット・デメリットは?

共用サーバーは、低価格で簡単に利用できる反面、1台のサーバーに複数の利用者が同居するためリソース不足が発生する、また管理者権限が基本的にありませんので自由度が低いというデメリットがあります。

専用サーバーは、1台をまるまる占有しますので、ハードウェアのリソースや回線帯域を1社で利用できます。また管理者権限があり諸々の設定変更や開発を自由に行えるというメリットがあります。
一方で、ハードウェアなどを占有するためコストが数万円~数十万円かかり負担が大きくなる傾向にあります。

VPSのメリット・デメリットは?

VPS(仮想専用サーバー)イメージ図VPS(仮想専用サーバー)は、この両サービスのメリットを取り入れており、その中間的なサービスに該当します。
1台の物理的なサーバーに、仮想的な複数のサーバーを構築し、複数のユーザーが利用する形態です。(イメージ図)ユーザーそれぞれにメモリやゲストOSが設定されていますので、あたかも専用サーバーのように自由度が高く利用できて、実際は1台のサーバーで複数のユーザーが利用していますので専用サーバーほどコストがかかりません。さらにストレージやメモリなどのリソースが事前に割り当てられていますので他のユーザーの影響は共用サーバーに比べて受けにくくリソースも柔軟に変更ができる、サービスによっては複数サーバーによるネットワーク構築も可能など柔軟性にも富んでいます。

一方で、OSインストールやメインテナンスなど一定のスキルは必要になりますが、最近は簡単にVPSを始められ運用できるサービスも増えています。

VPSに適したユーザーとは?

VPSに適したユーザー

それでは、どんな方がVPSに向いているのでしょうか。ポイントをまとめてみました。

VPS対象のユーザー

  • パフォーマンスの高いサービスを利用したいけどコストは抑えたい
  • リソースを自由に変更したい、突発的なアクセスがあるサイトを運営している
  • 様々なOSを利用したい、開発環境が必要
  • テレワークでOfficeなどを利用したい、Windowsサーバーを手軽に構築・利用したい
  • 複数のサーバー環境が必要、バックアップは取っておきたい
  • マインクラフトなどゲームやトレーディング/FX自動売買など特定の利用を考えている

それでは、サービスごとの主な特徴をざっとつかんでみましょう。

VPS比較(OS別)

◆ Linux OS サービス 料金・機能比較一覧表

VPS 仮想専用サーバー Linux OS

主要項目について、サービスごとに一覧で違いが分かるように表にしています。なお、料金について比較しやすいように単月支払いに統一しています。

サービス名 初期費用 月額料金 最低利用期間 試用期間 スペック 時間課金
ConoHa VPS 0円 682円~ なし なし 0.5GB/1コア/30GB 時間単位
WebARENA Indigo 0円 349円~ なし なし 1GB/1コア/20GB 時間単位
WebARENA(SuitePRO V4) 5,500円 9,240円~ 3か月 20日間 4GB/4コア/100GB ×
KAGOYA CLOUD VPS 0円 550円~ なし なし 1GB/1コア/25GB 日単位
さくらのVPS 0円 643円~ 3か月 14日間 0.5GB/1コア/25GB ×
クラウドVPS by GMO「VS」 0円 1,188円~ 1ヶ月 14日間 1GB/2コア/50GB ×
お名前.com VPS 0円~ 985円~ 3か月 なし 1GB/2コア/100GB ×
ABLENET VPS 1,027円 712円~ 1ヶ月 10日間 0.5GB/1コア/30GB ×
ServersMan@VPS 0円 385円~ なし なし 256MB/-/5GB ×

*初期費用・月額料金・スペック(メモリ/CPU/SSDストレージ)などLinux最安プラン内容を表示(2022/5/10時点)
*IPv4を利用できるサービス対象。WebARENA Indigo IPv6専用プラン除く。

各社最安プランの中でも最も低価格のサービスは「WebARENA Indigo」です。また、「WebARENA(SuitePRO V4)」「さくらのVPS」、「クラウドVPS by GMO」、「お名前.com VPS」、「ABLENET VPS」のように最低利用期間があるサービスもありますので、正式契約前に無料試用で機能などを確認しておくことをお勧めします。
注目です

各サービスのポジショニング(分布図)

VPS 分布図各社サービスの大まかな違い(Linux版)が見た目で分かるように分布図を作成しました。横軸は価格で左に行けば行くほど月額が安く、右に行けば高くなっています。
縦軸は機能性で上に行けば行くほど多機能・高機能で、下に行けばシンプルな機能性(機能が少ない)という配置です。この分布図では、できるだけ上&左寄りにあるサービスがコストパフォーマンスが高いということになります。

WebARENA(SuitePRO V4)」は機能性・価格ともに高く最上位に位置しており、「ConoHa VPS」が価格に対して多機能ですのでコストパフォーマンスが高く、一方で「WebARENA Indigo」は、機能がシンプルで且つ料金は国内最安クラスの価格ですので、左下に配置しており月額の負担は極めて小さく済みます

ただし、VPSの機能は共用レンタルサーバーと違って幅が広いので必要な機能が何なのか?はユーザーに依って大きく異なり、多機能が必ずしもGoodとはなりません。この図は参考程度にご覧ください。

注目です

■ Windows OS サービス 料金・機能比較一覧表

VPS 仮想専用サーバー Windows OS

Windows版VPSも主要項目について、サービスごとに一覧で違いが分かるように表にしています。なお、料金について比較しやすいように単月支払いに統一しています。

サービス名 初期費用 月額料金 最低利用期間 試用期間 スペック 時間課金
ConoHa for Windows Server 0円 1,100円 なし なし 1GB/2コア/100GB 時間単位
WebARENA Indigo for Windows Server 0円 748円 なし なし 1GB/2コア/50GB 時間単位
WebARENA(SuitePRO V4) 5,500円 9,240円~ 3か月 20日間 4GB/4コア/100GB ×
KAGOYA CLOUD VPS Windows Server 0円 770円 なし なし 1GB/1コア/35GB 日単位
さくらのVPS for Windows Server 0円 1,100円 3か月 14日間 1GB/2コア/50GB ×
Winserver Windows VPS 0円 1,100円 3か月 14日間 1GB/3コア/70GB ×
お名前.com デスクトップクラウド 0円 2,310円 3か月 なし 1.5GB/2コア/60GB ×
ABLENET 仮想デスクトップ 0円 1,540円 1ヶ月 10日間 2GB/2コア/60GB ×

*初期費用・月額料金・スペック(メモリ/CPU/SSDストレージ)などWindows最安プラン内容を表示(2022/5/13時点)

Windows系VPSを大別すると2種類があります。
開発やテレワークなど汎用型VPS(ConoHa,WebARENA,KAGOYA,さくら,Winserver)
FX自動売買用仮想デスクトップ特化型VPS(お名前.comデスクトップクラウド,ABLENET)

汎用型VPSではWebARENA Indigo for Windows Serverが最も低価格、仮想デスクトップ特化型はABLENET 仮想デスクトップの方が月額が低く設定されています。スペック最低利用期間などで利用条件に合うサービスを選ぶようにしてください。

解説です

なおページ限定ですが、「お名前.comデスクトップクラウド」がキャンペーンを実施しており1.5GBプランで初回のみ月額990円となっています。不定期実施なので、キャンペーン中に申し込むとお得です。
もっと詳しく

VPSを選ぶポイント

レンタルサーバーやVPSを安定して運用するためには、信頼性の高いサービスを選ぶ必要があります。また、VPSは各社で機能や特徴が異なりますので、慎重に見極めることが大切です。選択のポイントをまとめました。

コストが適正か・月単位以外に時間単位メニューはあるか
・必要な機能・OS・アプリが揃っているか
サーバースペックネットワーク環境(帯域・IPアドレス提供数)など
・コントロールパネルが独自か、海外製・既製品
・サービス運営母体や経歴など信頼度

それでは各社ごと見てまいりましょう。

VPS(仮想専用サーバー)◆ Linux 9 ブランド& ■ Windows 8ブランド評価

◆ ConoHa VPS~多機能と高速性、価格のトータルパフォーマンスが抜群

レンタルサーバー ConoHa VPS

東証プライム市場(旧一部)に上場するIT大手企業、GMOインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーサービス「ConoHa」のうち、Linuxベースの仮想専用サーバーサービスが「ConoHa VPS」、Windowsベースのサービスが「ConoHa for Windows Server」です。

ConoHa VPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本(東京)
シンガポール
100Mbps共有 課金無し無制限 IPv4アドレス 1個
IPv6アドレス17個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金

*512MBプランは不可
OpenStack+KVM 独自

メリットとデメリット

ConoHa VPS」のメリットは数多くあり、多機能拡張性柔軟性OS/アプリの豊富さバックアップコスト、東証プライム市場上場である運営企業の技術力信頼性など多岐に渡ります。

ココがおすすめ

・初心者でも直感的に操作ができる独自コントロールパネル
選べるOS数が他社と比較しても最多クラス
・世界最速級のWordPress実行環境「KUSANAGI」を簡単に管理できる「KUSANAGI manager」利用可能
ゲームのマルチサーバーも「ConoHa Minecraft manager」で簡単に構築可能
柔軟なサーバー構成を素早く構築できる、スケールアップも即座に対応
柔軟な課金体系:初期費用無料・最低利用期間無し・月単位/時間単位課金いずれも対応
・公式スマホアプリで場所や時間にとらわれず、いつでもどこでも管理ができる
・データセンターは日本とシンガポールを選べて、地政学的リスクをヘッジ
・レンタルサーバー事業などを長期間運営している上場IT大手企業がサービス提供

ConoHaシリーズの最大の特徴でもある「高速表示」はVPSでもその威力を発揮しています。仮想専用サーバーに欠かせないスケールアップやネットワーク構築も行えて、その使いやすさと高機能性からアカウント数は36万を超え国内最大級、ユーザーはさらに増え続けています。利用できるアプリも、高速化されたWordPressの「KUSANAGI」やDrupalなどのCMS、MinecraftやAssetto Corsaなどゲーム関連、LAMP構築、管理設定用のWebminなど多様なニーズに対応しています。

利用できるアプリケーション
ArchiveBox / Assetto Corsa / baserCMS / Cacti Nagios / concrete5 / CS:GO / Django / Docker / Dokku / Drupal / Factorio / GitLab / ISUCON7 / ISUCON8 / Jenkins / Jitsi Meet / Joomla / かんたんKUSANAGI / LAMP(PHP) / Laravel / LEMP(PHP) / Mastodon / Matomo / Mattermost / MediaWiki / Metabase / Minecraft JAVA版 / Minecraft 統合版 / MIRACLE ZBX / MongoDB / Node.js / ownCloud / Redis / Redmine / Ruby on Rails / テラリア / Webmin / WordPress(KUSANAGI) / Zabbix / 7 Days to Die

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・電話サポートが平日(10:00~18:00)のみで24時間対応ではない

ConoHa VPS」は、仮想専用サーバーとして必要な機能はほぼそろっていますので、大きなデメリットはありませんが強いて上げれば、技術的に不安を抱えるユーザーに対して24時間の電話サポートがあれば、さらに望ましいというところでしょう。

拡張性や様々なアプリケーションがあり、OSの種類も最も多いクラスのVPSですので、初級者から上級者まで対応できる仮想専用サーバーとしてアカウント数が増え続けていることも納得です。そして「ConoHa VPS」は、しばしば「VPS割引きっぷ」などキャンペーンを行っていますのでこの時期を狙って契約するのもアリですね。
解説です

ConoHa VPS 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「ConoHa VPS」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用0円、最低利用期間無しで、使った分だけ支払えばOKの便利な体系です。

対応OS:CentOS / Oracle Linux / Ubuntu / Debian / FreeBSD / Fedora / openSUSE / Arch Linux / NetBSD / OpenBSD / AlmaLinux / Rocky Linux
プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
512MB 682円 512MB 1コア 30GB
1GB 968円 1GB 2コア 100GB
2GB 1,848円 2GB 3コア 100GB
4GB 3,608円 4GB 4コア 100GB
8GB 7,348円 8GB 6コア 100GB
16GB 14,300円 16GB 8コア 100GB
32GB 28,600円 32GB 12コア 100GB
64GB 53,900円 64GB 24コア 100GB

■ ConoHa for Windows Server 料金・仕様一覧表

レンタルサーバー VPS/仮想専用サーバー ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Server 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本(東京) 100Mbps共有 無制限 IPv4アドレス 1個
IPv6アドレス17個
プラン変更対応 OS 管理画面 時間課金
Windows Server 2022 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition
独自
リモートデスクトップ

OSがWindowsバージョン「ConoHa for Windows Server」の料金と仕様をまとめた表です。
対応OS:Windows Server 2022 Datacenter Edition、Windows Server 2019 Datacenter Edition,Windows Server 2016 Datacenter Edition

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
WIN1GB 1,100円 1GB 2コア 100GB
WIN2GB 2,200円 2GB 3コア 100GB
WIN4GB 4,290円 4GB 4コア 100GB
WIN8GB 8,470円 8GB 6コア 100GB
WIN16GB 15,950円 16GB 8コア 100GB
WIN32GB 32,340円 32GB 12コア 100GB
WIN64GB 65,780円 64GB 24コア 100GB

◆ WebARENA Indigo~国内最安クラスのコストパフォーマンスが魅力

レンタルサーバー WebARENA Indigo

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運営するVPSのうち、Linux OSを選択できる「WebARENA Indigo」、そしてWindows OS対応の「WebARENA Indigo for Windows Server」です。

WebARENA Indigo 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内 100Mbps~1Gbps共有 無制限,目安あり IPv4アドレス1個
IPv6アドレス対応予定
(IPv6専用プランあり)
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金
× KVM 独自

メリットとデメリット

WebARENA Indigo」のメリットは、国内最安クラスの価格(Linux)と運営企業の信頼性です。

ココがおすすめ

Linux版は国内最安クラスで利用できる
・極めてシンプルなサービス形態
IT大手企業がサービス提供

各種ネットワーク構築やデータセンター・ホスティング事業を手掛ける株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運用しておりサーバーや回線、設置場所の安全性や信頼性はとても高く、その一方で国内最安クラスのVPSを提供と、かなり衝撃的なサービスとなっています。
サービス内容はシンプルで複雑なローカルネットワーク構築などはカットされており、VPSを取り急ぎ始めたいユーザーに適しています。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・提供されているOSが限られている
・インターネットのパフォーマンスが落ちる場合がある
・Linux、Windowsサービスともに在庫切れがある

低価格なサービスですので、OSテンプレート数が他社と比べても少ない複雑なネットワーク構築は利用できないなどデメリットもあります。また、低価格ゆえにユーザー数が多いと考えられ、ネット上の評判としても回線帯域の落ち込みが時間帯によって大きく、高速表示を目指す方には適していないでしょう。
そして、その人気のため在庫切れが時々あり、利用する場合は公式サイトトップページの「お知らせ」をみて、在庫状況を確認後に申し込む必要があります。

シンプルなサービスですので、拡張性のある柔軟なVPSというよりは、VPS的な超低価格のレンタルサーバーとして考えたほうがいいでしょう。時間単位の課金もありますので、まず試してみる、のもお勧めです。
注目です

WebARENA Indigo 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「WebARENA Indigo」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用、最低利用期間のどちらもありません。
2022年4月8日に、IPv6専用プラン(メモリ768MB)が追加されました。
対応OS:CentOS7.5/8.1/Stream 8/Rocky Linux 8.4/Ubuntu18.04LTS/20.04LTS/22.04LTS

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
768MB * 297円 1GB 1コア 20GB
1GB 349円 1GB 1コア 20GB
2GB 699円 2GB 2コア 40GB
4GB 1,399円 4GB 4コア 80GB
8GB 2,798円 8GB 6コア 160GB
16GB 5,596円 16GB 6コア 320GB
32GB 11,193円 32GB 8コア 640GB

*768MBはIPv6専用プランで、IPv4非対応。他のプランはIPv4対応で、IPv6対応予定。

■ WebARENA Indigo for Windows Server料金・仕様一覧表

レンタルサーバー VPS/仮想専用サーバー WebARENA Indigo for Windows Server

WebARENA Indigo for Windows Server 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内 100Mbps~1Gbps共有 無制限,目安あり IPv4アドレス1個
プラン変更対応 OS 管理画面 時間課金
× Windows Server 2022 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition
独自
リモートデスクトップ

OSがWindowsバージョン「WebARENA Indigo for Windows Server」の料金と仕様をまとめた表です。2022年4月1日の価格改定で値下げを実施しています。
対応OS:Windows Server® 2022 Datacenter Edition / Windows Server® 2019 Datacenter Edition

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
1GB 748円 1GB 2コア 50GB
2GB 1,496円 2GB 3コア 100GB
4GB 2,926円 4GB 4コア 200GB
8GB 5,885円 8GB 6コア 400GB
16GB 11,792円 16GB 8コア 800GB
32GB 23,584円 32GB 10コア 1600GB

◆■ WebARENA(SuitePRO V4)~SLA100%の高い稼働実績と堅牢なセキュリティ

WebARENA(SuitePRO V4)~100%SLAの高い稼働実績と堅牢なセキュリティ

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運営する「WebARENA(SuitePRO V4)」は、Linux OS・Windows OSいずれも選択でき、IPアドレスを変更せずにCPU・メモリ・ディスクのスペック変更ができるroot権限付きVPSです。
サービス品質保証制度(SLA)の稼働率100%、自動データバックアップやセキュリティ機能を統合したUTM(Unified Threat Management)など、信頼性を第一に考える企業に適しています。

WebARENA Indigo 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内
(東京、大阪)
東京:10Gbps共有
大阪:1Gbps共有
無制限 IPv4アドレス1個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金

(一部不可あり)
KVM 独自
Plesk(オプション)
×

メリットとデメリット

WebARENA(SuitePRO V4)」のメリットは、サーバーの高い安定性・信頼性とUTMを軸とした堅牢なセキュリティです。

ココがおすすめ

・SLA100%の高い信頼性
・UTM(仮想含む)による、複数のセキュリティ機能提供
・IT大手企業がサービス提供

各種ネットワーク構築やデータセンター・ホスティング事業を手掛ける株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運用しておりサーバーや回線、設置場所の安全性や信頼性はとても高い環境で、WebARENAでは2009年よりサービス品質保証制度(SLA )も実施し、高いサーバー稼働率により安定したサイト運営を行うことができます。

そして統合脅威管理、いわゆるUTM(Unified Threat Management)により、WAFやIPS、ファイアウォールやアンチスパムなどを1台(仮想を含む)で処理することでサーバー・サイトのセキュリティをさらに強化することが可能です。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・OSディストリビューションが他社と比べて少ない
・価格が他社と比べて高い
・プラン設計がやや複雑(プラン変更で一部出来ないパターンあり)

OSテンプレート数が他社と比べても少ないデメリットがあります。運営会社はユーザーへのアンケート調査でこの点を把握しており、対応は将来の課題になっています。
そして、セキュリティや高い可用性、豊富な機能のため、月額料金は他社と比較してやや高め、初期費用もかかります。

また、プランがバックアップ有り/バックアップ無し/+メールサポート/ベーシックサポートの組み合わせで決まりますので、少し分かりにくい点があります。
そして、プラン変更(バックアップ有り→バックアップ無し、またその逆の変更など)は基本的にできます。サポートプラン(+メールサポートまたはベーシックサポート)は、 +メールサポートからベーシックサポートへの変更は可能ですが、 ベーシックサポートから+メールサポートへの変更には対応していないことに注意しましょう。

サイトを止めたくない、外部からの攻撃などで停止されたくない運用に向いています。アクセス集中などが予想されるときには拡張も出来ますので、さらに安心感などが高まりますね。
もっと詳しく

WebARENA(SuitePRO V4) 料金についての見方・考え方

当サービスの料金設計は少し込み入っていますので、詳しく見てみましょう。

お悩みくん
料金プランが少し分かりにくいので解説してもらえますか?
はい、ざっくりと大きく分けて1:バックアップなし2:バックアップあり、の2プランがあります。このプラン変更は可能です。

次に先ほどの2プランの中にそれぞれサポートプランがあって1:+メールサポート、2:ベーシックサポート、の2つがあります。

解説です
分かりました
1:バックアップなし、の中に1:+メールサポート、2:ベーシックサポート、2:バックアップあり、の中に1:+メールサポート、2:ベーシックサポート、があるという理解でいいのですね!
はいそうです。ここでポイントですが、サポートプランのうち+メールサポートの方が、ベーシックサポートより上位にあるということです。+メールサポートは、コントロールパネル操作方法や不具合原因切り分けアドバイスなど、個別の対応&WEBサイトによるサポートに対して、ベーシックサポートはWEBサイトによるサポートのみで個別サポートはありません。
解説です
お悩みくん
ということは、+メールサポートのほうが料金が高いということでしょうか?
その通りです。もう一つの注意点は、+メールサポートからベーシックサポートへの変更はできますが、その逆でベーシックサポートから+メールサポートへの変更はできません
解説です
分かりました
個別サポートを受けたいときは、最初に1:バックアップなし+メールサポート、あるいは2:バックアップあり+メールサポートに申し込まなければならないということですね
はい、そうです。少しややこしいので実際に申し込むときは、チャットやフォームなどで相談して確認しておいてください。
解説です

WebARENA(SuitePRO V4) Linux & Windows OS料金・仕様一覧表

WebARENA(SuitePRO V4)」料金は、Linux/Windows OSともに同額です。最低利用期間はLinux・Windows OSどちらも3か月で以降は1ヶ月毎自動更新となります。

対応Linux OS:CentOS 6.6(x86_64)/CentOS 7.1(x86_64)/CentOS 8.2(x86_64)/Rocky Linux 8.4 (x86_64)/Ubuntu20.04LTS
対応Windows OS:Windows Server® 2008 R2 Datacenter/Windows Server® 2012 R2 Datacenter/Windows Server® 2016 Datacenter/Windows Server® 2019 Datacenter/Windows Server® 2022 Datacenter Edition

初期費用

初期費用は全プラン共通です。支払い方法はクレジットカードと請求書支払いの2つがあります。

コース 料金
クレジットカード支払いコース 5,500円
請求書・口座振替支払いコース
月額料金:バックアップなし +メールサポート
  サーバータイプ(CPU/メモリ/起動ディスク)
ディスク
ポイント
2G
仮想2コア/
2GB/100GB
4G
仮想4コア/
4GB/100GB
8G
仮想4コア/
8GB/100GB
16G
仮想8コア/
16GB/100GB
32G
仮想8コア/
32GB/100GB
N0 9,240円 13,640円 15,840円 25,740円 35,640円
N200 11,440円 15,840円 18,040円 27,940円 37,840円
N400 13,640円 18,040円 20,240円 30,140円 40,040円
N1000 20,240円 24,640円 26,840円 36,740円 46,640円
N2000 31,240円 35,640円 37,840円 47,740円 57,640円
N4000 53,240円 57,640円 59,840円 69,740円 79,640円

*料金はいずれも税込表示

ココがポイント

ディスクポイントとは?

サーバータイプの起動ディスク(100GB)以外で、追加ディスクを「標準ディスク」「高速ディスク」(組み合わせ可能)から選ぶことができます。標準ディスクのディスクポイントは200GB=200ポイントに対して、高速ディスクはその半分で100GB=200ポイントとなります。

例えば、サーバータイプ2G・ディスクポイントN400の月額 13,640円を契約した場合、(標準ディスク200GB=200ポイント)+(高速ディスク100GB=200ポイント)で合計400ディスクポイントを使うこととなり追加ディスクは300GBということになります。
なお、標準ディスクと高速ディスクはI/O性能差は約2倍になりますので、ニーズに応じて組み合わせを検討してみてください。

月額料金:バックアップなし ベーシックサポート
  サーバータイプ(CPU/メモリ/起動ディスク)
ディスク
ポイント
2G
仮想2コア/
2GB/100GB
4G
仮想4コア/
4GB/100GB
8G
仮想4コア/
8GB/100GB
16G
仮想8コア/
16GB/100GB
32G
仮想8コア/
32GB/100GB
N0 - 9,240円 11,440円 21,340円 31,240円
N200 - 11,440円 13,640円 23,540円 33,440円
N400 - 13,640円 15,840円 25,740円 35,640円
N1000 - 20,240円 22,440円 32,340円 42,240円
N2000 - 31,240円 33,440円 43,340円 53,240円
N4000 - 53,240円 55,440円 65,340円 75,240円
「バックアップなし」「ベーシックサポート」で、サーバータイプ「仮想4コア/4GB/100GB」が、最安プラン(月額 9,240円)になります。なお、サーバータイプ2Gにはベーシックサポートはありません。
もっと詳しく
月額料金:バックアップあり +メールサポート
  サーバータイプ(CPU/メモリ/起動ディスク)
ディスク
ポイント
2G
仮想2コア/
2GB/100GB
4G
仮想4コア/
4GB/100GB
8G
仮想4コア/
8GB/100GB
16G
仮想8コア/
16GB/100GB
32G
仮想8コア/
32GB/100GB
B0 10,340円 14,740円 16,940円 26,840円 36,740円
B200 14,740円 19,140円 21,340円 31,240円 41,140円
B400 19,140円 23,540円 25,740円 35,640円 45,540円
B1000 32,340円 36,740円 38,940円 48,840円 58,740円
B2000 54,340円 58,740円 60,940円 70,840円 80,740円
B4000 98,340円 102,740円 104,940円 114,840円 124,740円
月額料金:バックアップあり ベーシックサポート
  サーバータイプ(CPU/メモリ/起動ディスク)
ディスク
ポイント
2G
仮想2コア/
2GB/100GB
4G
仮想4コア/
4GB/100GB
8G
仮想4コア/
8GB/100GB
16G
仮想8コア/
16GB/100GB
32G
仮想8コア/
32GB/100GB
B0 - 10,340円 12,540円 22,440円 32,340円
B200 - 14,740円 16,940円 26,840円 36,740円
B400 - 19,140円 21,340円 31,240円 41,140円
B1000 - 32,340円 34,540円 44,440円 54,340円
B2000 - 54,340円 56,540円 66,440円 76,340円
B4000 - 98,340円 100,540円 110,440円 120,340円

オプション:WebARENA(SuitePRO V4) Windows®ライセンス料金一覧表

WebARENA(SuitePRO V4)」で、「リモートデスクトップ(RDS)」や「Microsoft® Office」、「Microsoft® SQL Server®」を利用する場合のライセンス料金です。なお、SALは同時利用者ではなく、利用する人数分のライセンスが必要となります。

メニュー 対応バージョン 請求単位 初期料金 月額料金
Microsoft® Windows Server®
リモートデスクトップ(RDS)SAL
- 1ユーザー 5,500円 605円
Microsoft® Office Professional Plus SAL 2013/2016 1ユーザー 5,500円 2,035円
Microsoft® Office Standard SAL 2013 1ユーザー 5,500円 1,485円
Microsoft® SQL Server®
Web Edition(4コア~)
2012/2014/2016 1コア 27,500円 632円
Microsoft® SQL Server®
Standard Core(4コア~)
2012/2014/2016 1コア 38,500円 10,048円
Microsoft® SQL Server® Standard SAL 2014/2019 1ユーザー 38,500円 1,925円

WebARENA(SuitePRO V4)公式サイトへ

◆ KAGOYA CLOUD VPS~企業ニーズを満たす信頼感、Windowsは最安クラス

レンタルサーバー KAGOYA CLOUD VPS

カゴヤ・ジャパン株式会社は非上場ながらも、1998年のISPサービスを皮切りにホスティングビジネスを長期間にわたり行っているレンタルサーバー企業です。VPSについてはLinux OSの「KAGOYA CLOUD VPS」、Windows Serverを選べる「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」の2つのサービスを展開しています。

KAGOYA CLOUD VPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内(関西) 非公開 無制限,目安あり インスタンス毎IPv4アドレス1個
インスタンス毎IPv6アドレス1個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金
KVM 独自 △(日単位)

メリットとデメリット

KAGOYA CLOUD VPS」のメリットは、サポートと運営企業の信頼性です。

ココがおすすめ

・Windows Serverは国内最安クラスで利用できる
サポートサイトや24時間365日メールサポート、電話サポート(平日10:00-17:00)で疑問を解消できる
・レンタルサーバー事業などを長期間運営している企業がサービス提供

カゴヤ・ジャパンの運用歴は古く、また自社データセンターで運営していることもあってサービスの信頼性は高いものがあります。VPSに必須のスモールスタート、スケールアップ、簡単な管理画面、ストレージがSSDで高速対応、ロードバランサーやセキュリティツールの設定など、仮想専用サーバーに必要十分な機能は揃っており、企業ニーズを満たしています。
なかでも、Windows Serverはメモリ1GBで月額770円と、1,000円を切っており国内最安クラスで利用することができます。サポートは、サポートサイトのQ&Aのほかメール対応、そして平日のみですが電話対応も行っています。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・サーバー接続回線の帯域が非公開
・データセンターが関西

VPSについては、他社の場合ほぼ接続回線の帯域を公開していますが、KAGOYAでは非公開になっています。また、iDCが大阪市内/京都市内にありますので、特に首都圏のユーザーにはインターネット回線のパフォーマンスが気になるポイントでしょう。

LinuxとWindowsの両プランとも、2021年8月24日にフルリニューアルし、CPUコア数・メモリ・ストレージ共にスペックを強化したものの価格は据え置きになっています。また、両プランに最安プランを一つずつ追加し、VPSとして国内最安クラスの価格を実現しました。
解説です

KAGOYA CLOUD VPS 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「KAGOYA CLOUD VPS」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用・最低利用期間はありません。
対応OS:CentOS Stream 8,CentOS 8(64bit),CentOS 7(64bit),AlmaLinux 8.3,Rocky Linux 8.4,Ubuntu 20.04,Ubuntu 18.04,kusanagi

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
1コア/1GB 550円 1GB 1コア 25GB
2コア/2GB 660円 2GB 2コア 25GB
3コア/2GB 979円 2GB 3コア 30GB
3コア/2GB 1,100円 2GB 3コア 50GB
4コア/4GB 1,540円 4GB 4コア 30GB
4コア/4GB 1,650円 4GB 4コア 80GB
6コア/6GB 3,300円 6GB 6コア 50GB
6コア/6GB 3,850円 6GB 6コア 100GB
8コア/8GB 7,150円 8GB 8コア 100GB
8コア/8GB 7,700円 8GB 8コア 200GB
10コア/16GB 14,300円 16GB 10コア 100GB
10コア/16GB 14,850円 16GB 10コア 200GB
12コア/32GB 26,400円 32GB 12コア 200GB

■ KAGOYA CLOUD VPS Windows Server 料金・仕様一覧表

レンタルサーバー VPS/仮想専用サーバー KAGOYA CLOUD VPS Windows Server

KAGOYA CLOUD VPS Windows Server 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内(関西) 非公開 無制限,目安あり IPv4アドレス1個
プラン変更対応 OS 管理画面 時間課金
Windows Server 2019 Datacenter(64bit)
Windows Server 2016 Datacenter(64bit)
Windows Server 2012 R2 Standard(64bit)
独自
リモートデスクトップ
△(日単位)

OSがWindowsバージョン「KAGOYA CLOUD VPS Windows Server」の料金と仕様をまとめた表です。初期費用・最低利用期間はありません。
対応OS:Windows Server 2019 Datacenter(64bit),Windows Server 2016 Datacenter(64bit),Windows Server 2012 R2 Standard(64bit)

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
1コア/1GB 770円 1GB 1コア 35GB
2コア/2GB 1,045円 2GB 2コア 40GB
3コア/3GB 1,430円 3GB 3コア 60GB
4コア/2GB 2,145円 2GB 4コア 60GB
4コア/4GB 3,960円 4GB 4コア 120GB
6コア/6GB 6,380円 6GB 6コア 120GB
6コア/6GB 6,710円 6GB 6コア 200GB
8コア/8GB 12,100円 8GB 8コア 200GB
8コア/8GB 12,540円 8GB 8コア 300GB
10コア/16GB 21,890円 16GB 10コア 300GB
10コア/16GB 22,495円 16GB 10コア 600GB

◆ さくらのVPS~複数の場所から選べ安全性・信頼性を重視する方へ

レンタルサーバー さくらのVPS

レンタルサーバーの老舗、さくらインターネット株式会社は東証プライム市場(旧一部)上場企業でLinux版「さくらのVPS」、Windows版「さくらのVPS for Windows Server」とVPSサービスを提供しています。

さくらのVPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
石狩,東京,大阪 100Mbps共有 無制限,目安あり IPv4アドレス1個
IPv6アドレス1個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金
上位プランのみ〇 KVM 独自 ×

メリットとデメリット

さくらのVPS」のメリットは、設置場所を選べることと様々な管理ツール、運営企業の信頼性です。

ココがおすすめ

・石狩・東京・大阪の3か所から設置場所を選べる
・フレキシブルなローカルネットワーク構成複数台構成もできる
・使いやすい管理画面、上位プランへのスケールアップも簡単に
・運営企業は日本を代表するホスティング企業で東証プライム市場上場の信頼性

サーバー設置場所を複数選べますと、地震や風水害などのリスク対策にもなりますのでより安定したサイト配信が可能となります。
そして、インストールを自動化するスタートアップスクリプトや、「さくらのクラウド」「専用サーバー」など異なるレイヤー間を接続するハイブリッド接続追加ストレージに、セキュリティ確保のため通信制限を行えるパケットフィルタなど、VPSに欠かせない機能は一通りセットアップされているサービスです。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・最低利用期間が3か月と長い
・高速性にやや疑問あり
・電話によるサポートは現在休止中

最低利用期間がVPSとしては長めの3か月間ですので、正式契約前に無料お試しで事前に検証して、自社の利用に適しているかを確認しましょう。そして、さくらのサービスのセールスポイントでもあった、電話サポートは現在休止になっています。(2021/10時点)

さくらのサービス全般に言えますが、自社データセンターで専門スタッフが常駐し障害も少なく安定して利用できるのですが、回線速度・表示スピードにやや難あり、という評価は続いています。石狩というロケーションでは距離の問題がありますのでやむを得ませんが、東京・大阪などの大都市圏では、回線帯域の増加や諸々の対策で高速表示に対応してもらえると、さらに企業ニーズを満たす良質のサービスになるとみております。
注目です

さくらのVPS 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「さくらのVPS」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用は無料で、試用期間は14日間ありますが、最低利用期間は3か月となっています。
対応OS

標準OS CentOS 7(x86_64),CentOS Stream 8(x86_64),Ubuntu 18.04(amd64),Ubuntu 20.04(amd64),KUSANAGI 8(CentOS 7 x86_64),KUSANAGI 9(CentOS Stream 8 x86_64)
カスタムOS CentOS 7(x86_64)  ,CentOS Stream 8(x86_64) ,Scientific Linux 7(x86_64) ,Ubuntu 18.04(amd64) ,Ubuntu 20.04(amd64)  ,FreeBSD12(amd64) ,FreeBSD13(amd64) ,Debian 10 (amd64) ,Debian 11 (amd64) ,Fedora 35(x86_64) ,openSUSE Leap(Leap 15.0) ,AlmaLinux 8(x86_64),RockyLinux 8(x86_64)
プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
512MB 石狩 643円, 大阪 671円, 東京 698円 512MB 1コア 25GB
1G 石狩 880円, 大阪 935円, 東京 990円 1G 2コア 50GB
2G 石狩 1,738円, 大阪 1,848円, 東京 1,958円 2G 3コア 100GB
4G 石狩 3,520円, 大阪 3,740円, 東京 3,960円 4G 4コア 200GB
8G 石狩 7,040円, 大阪 7,480円, 東京 7,920円 8G 6コア 400GB
16G 石狩 13,200円, 大阪 14,300円, 東京 15,400円 16G 8コア 800GB
32G 石狩 26,400円, 大阪 28,600円, 東京 30,800円 32G 10コア 1600GB

■ さくらのVPS for Windows Server 料金・仕様一覧表

レンタルサーバー VPS/仮想専用サーバー さくらのVPS for Windows Server

さくらのVPS for Windows Server 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
石狩,大阪 100Mbps共有 無制限,目安あり IPv4アドレス1個
IPv6アドレス1個
プラン変更対応 OS 管理画面 時間課金
上位プランのみ〇 Windows Server 2022 Datacenter
Windows Server 2019 Datacenter
Windows Server 2016 Datacenter
独自
リモートデスクトップ
×

OSがWindowsバージョン「さくらのVPS for Windows Server」の料金と仕様をまとめた表です。当プランのリージョンは石狩と大阪で月額料金は同一となります。
対応OS:Windows Server 2022 Datacenter Edition、Windows Server 2019 Datacenter Edition、Windows Server 2016 Datacenter Edition

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
W1G 1,100円 1G 2コア 50GB
W2G 2,200円 2G 3コア 100GB
W4G 4,290円 4G 4コア 200GB
W8G 8,470円 8G 6コア 400GB
W16G 15,950円 16G 8コア 800GB
W32G 32,340円 32G 10コア 1600GB

■ Winserver Windows VPS~コストを抑えてWindows OSを使いたい方へ

レンタルサーバー Winserver Windows VPS

Windows OSに特化したサービスを提供するWinserver(ウィンサーバー)の「Windows VPS」は、初期費用無料、月額990円~という低価格。Windows Server OSも各種選べて、ビジネスなどでWindows 系OSやソフトウェアを使いたい方に適しています。

Winserver Windows VPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内(大阪) バックボーン 960Gbps 無制限,目安あり IPv4アドレス1個
プラン変更対応 OS 管理画面 時間課金
同一ストレージ
上位プランのみ〇
Windows Server 2022
Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
独自
リモートデスクトップ
×

メリットとデメリット

Windows VPS」のメリットは、ストレージ(SSD・HDD)が選べるなどスペックサポート、運営企業の信頼性です。

ココがおすすめ

・ストレージ(SSD・HDD)が選べる
・ストレージにRAID50を採用
・最も低価格のプランでCPUが3コア
無料の電話サポートに対応している
・運営企業がWindowsの高い専門性を有している

Winserverを運営しているアシストアップ株式会社は、1998年設立で、マイクロソフトのホスティングパートナーとしてシルバークラウドプラットフォームコンピテンシーを取得するなど、長い運用実績とWindowsの専門性が高く、安心してVPSを契約できるというメリットがあります。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・契約途中でストレージを変更できない・ダウングレードできない
・アップグレードが管理画面ではなくお問い合わせフォームから送信
・Linux OSサービスがない
・バックアップ(オプション)がない

アップグレードや契約関連事項が、管理画面で素早く手続きできない点は、やや改善の余地ありでしょう。また、サーバー筐体内でのデータ保護には問題ないのですが、サーバー自体の障害に対応するバックアップサービスがあれば、なお安心感は高まります。

Windowsに特化したプランですので、開発にWindows環境が必要なケース、またOfficeをテレワークで利用したい企業など、WEBサイトで利用する以外の活用の幅が広がります。ビジネスの成長とともに、VPSのスケールアップもできますので小さく始めて徐々に拡大する企業・個人には適していますね。
もっと詳しく

Winserver Wiondows VPS 料金・仕様一覧表

Windows VPS」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用は無料、試用期間は14日間あり、最低利用期間は3か月です。
ストレージは、初回でSSDもしくはHDDのいずれかを選べます。なお、契約途中でのストレージ変更はできません。
対応OS:Windows Server 2022/2019/2016/2012 R2

プラン名 月額料金 * メモリ CPU ストレージ(SSD) ストレージ(HDD)
VPS21-1G 1,100円 1GB 3コア 70GB 110GB
VPS21-2G 2,200円 2GB 4コア 120GB 200GB
VPS21-4G 4,290円 4GB 6コア 230GB 360GB
VPS21-6G 6,270円 6GB 7コア 340GB 500GB
VPS21-8G 8,580円 8GB 8コア 500GB 750GB
VPS21-16G 15,730円 16GB 9コア 900GB 1200GB
VPS21-32G 31,900円 32GB 11コア 1700GB 2500GB

* 1か月契約時の月額金額。6か月契約・12か月契約では割引あり。

◆ クラウド VPS byGMO VSシリーズ~コンテナ技術で高速なVPSを利用できる

レンタルサーバー クラウド VPS byGMO

東証プライム市場(旧一部)上場企業、GMOインターネット株式会社の関連会社であるGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が運営するサービスが「クラウドVPS by GMO」です。

当プランは2021年5月13日に提供開始した新プラン「VSシリーズ」で、旧プランで採用されていた仮想化技術「KVM」からさらに高いパフォーマンスを実現する「コンテナ技術」を導入、高性能なCPUやSSDストレージでより企業ニーズに適したサービスに進化しています。

クラウドVPS by GMO VSシリーズ 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内 100Mbps共有 無制限 IPv4アドレス1個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金
上位プランのみ〇 コンテナ技術 独自, Plesk ×
クラウドVPS by GMO」というサービス名で、旧プランと新プランがありますので間違いやすく要注意です。旧・新プランの大きな違いは、新プランで仮想化技術「KVM」から「コンテナ技術」へ変更、ストレージがSSD対応、そして選べるOSが旧プランではWindows serverが選択可能です。料金面では、旧プランでは初期費用 4,400円が掛かります。
解説です

メリットとデメリット

クラウドVPS by GMO」のメリットは、仮想化の高速性管理ツール、SLAなどの信頼性です。

ココがおすすめ

・仮想化基盤に「コンテナ技術」を採用。より高速化を実現
・管理ツールでPlesk(有料)をえらべ、初心者でも容易に管理ができる
・稼働率99.99%のサービス品質保証制度(SLA)を設定

サイトの高速表示を重視するというトレンドに対応した新プラン「VSプラン」では、仮想化技術をKVMから「コンテナ技術」に変更。これにより、より軽量化された仮想マシンによってvCPUやメモリにかかる負荷を下げることが可能となりました。ストレージにもSSDが採用され、「VSプラン」はサーバー高速化によりサイトの検索エンジン対策や快適な開発環境に適応しています。
さらに、コマンド不要で管理・運用できるPleskを有料オプションで準備、安定稼働を保証するSLA設定で、より信頼度の高いサービスとなっています。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

・「クラウドVPS by GMO」には旧プランと新しいVSプランがあり分かりにくい
・Windows Serverは旧プランを利用する必要あり
・電話による24時間サポートは有料オプション

VSプランが2021年5月13日にリリースされましたので、これまで展開していたプランとの棲み分けや整理がこれからされると思われますが、2021年夏の段階ではやや分かりにくくなっています。
仮想化基盤の違いやストレージがHDDかSSDか、初期費用の有無、Windows Serverが選べるかなどがありますので、比較して検討してください。

電話サポートについては、法人向けということでスタートした新プランですので標準で24時間対応にしてほしかった・・・というのが本音です。ただ、月額11,000円で追加はできますので、24時間の技術支援が必要な方は利用してもいいのではないでしょうか。
もっと詳しく

クラウド VPS by GMO 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「クラウドVPS by GMO」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用は無料で、最低利用期間は1ヶ月です。なお14日間の無料お試しは、V1、V2、V4の3プランのみ適用ですので注意しましょう。
対応OS:CentOS 8.2、CentOS 7.9、Ubuntu 20.04、Debian 10.0

プラン名 月額料金 * メモリ CPU ストレージ(SSD)
V1 1,188円 1GB 2コア 50GB
V2 1,848円 2GB 3コア 100GB
V4 2,948円 4GB 4コア 100GB
V6 4,708円 6GB 5コア 100GB
V8 6,798円 8GB 6コア 200GB
V12 10,758円 12GB 7コア 200GB
V16 13,288円 16GB 8コア 300GB
V32 20,988円 32GB 10コア 300GB

* 1か月支払いの金額。6か月契約・12か月契約では割引あり。

クラウド VPS by GMO 公式サイトへ

◆ お名前.com VPS~バランスが取れたパフォーマンスを求める方に

レンタルサーバー お名前.com VPS

お名前.com VPS」は、東証プライム市場(旧一部)上場のGMOインターネット株式会社が運営するサービスです。レンタルサーバーをはじめ、ドメインやクラウドなど日本のITビジネスを一手に担うIT大手が直接運営するサービスですので、安定度・信頼度については問題ないでしょう。

お名前.com VPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
日本国内 100Mbps共有 無制限 IPv4アドレス1個
IPv6アドレスなし
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金
KVM 独自 ×

メリットとデメリット

お名前.com VPS」のメリットは、サポートと運営企業の信頼性です。

ココがおすすめ

・完全仮想化と準仮想化の両方式に対応
無料でスナップショットが利用でき、設定保存もロールバックも自由に行える
24時間365日電話・メールサポートで疑問を解消できる
・レンタルサーバー事業などITビジネスの大手が運営

スナップショットでデータ・設定の保存をコストを気にすることなく行えるのは大きなメリットです。そして、VPSに起こりがちな技術的問題が発生した時に、いつでも電話でアクセスできる窓口があるのはとてつもない安心感があります。この点は、他社に大きく差をつけたメリットといっていいでしょう。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

初期費用がメモリ4GBプラン以上にかかる
最低利用期間が3か月と長めの設定
・無料お試しができない

初期費用が、低価格のプランでは無料なのですがメモリ4GBプラン以上になりますとかかってきますので、新規契約や変更時には要注意です。
そして、最低利用期間が長いので、事前に検証しようと思っても試用がありませんので、ある意味ぶっつけ本番になってしまうことが残念なポイントです。

公式サイトの説明が少し薄いですし、最低利用期間などを考慮すると、中級から上級者などVPSを使っていたユーザーの切り替え、または新規契約などがお名前.com VPSには望ましいと思われます。
解説です

お名前.com VPS 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「お名前.com VPS」の料金と仕様をまとめた表です。
対応OS:CentOS 7.5~7.9、Stream8、Ubuntu 18.04/20.04、Debian 9.13/10.10、Arch Linux 20200731、FreeBSD 13.0/13.0ZFS

プラン名 初期費用 月額料金 * メモリ CPU ストレージ(SSD)
メモリ1GB 無料 985円 1GB 2コア 100GB
メモリ2GB 無料 1,446円 2GB 3コア 200GB
メモリ4GB 5,951円 4,065円 4GB 4コア 400GB
メモリ8GB 10,142円 8,255円 8GB 6コア 800GB
メモリ16GB 17,474円 16,636円 16GB 10コア 1000GB

* 1か月支払いの金額。12か月契約では割引あり。

■ お名前.com FX専用VPS(Windows) サービス概要・料金・仕様一覧表

レンタルサーバー お名前.com FX専用VPS(Windows)

GMOインターネット株式会社が運営するWindowsバージョンのVPSが「お名前.com デスクトップクラウド」です。

FX(外国為替証拠金取引)自動売買ツール MT4~MetaTrader4をスムーズに利用するために機能を絞り込んだVPSですので、1分1秒たりとも停止してはいけない取引に耐えうるよう、大容量の10Gbps回線に接続した国内データセンターでサーバーを有人監視のもと運用しています。

さらに、安定稼働を保証するSLA(品質保証制度)も99.99%で設定、水準を下回った場合は減額措置が取られる場合があります。全プランがSSD対応で取引に必要な速度を確保し、不明な点があれば24時間365日のメールと電話サポートも標準で備わっています。

お名前.com FX専用VPS(Windows) 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 SLA
日本国内 10Gbps共有 無制限 99.99%
プラン変更対応 OS 管理画面 時間課金
上位プランのみ〇 Windows Server 2019 独自 ×

OSがWindowsバージョン「お名前.com デスクトップクラウド」の料金と仕様をまとめた表です。
対応OS:Windows Server 2019

プラン名 初期費用 月額料金 * メモリ CPU ストレージ(SSD)
メモリ1.5GB 無料 2,310円 1.5GB 2コア 60GB
メモリ2.5GB 無料 2,915円 2.5GB 3コア 120GB
メモリ4GB 無料 3,427円 4GB 4コア 150GB
メモリ8GB 無料 5,044円 8GB 8コア 200GB

* 更新価格1か月支払いの金額。6,12,24,36か月契約では割引あり。
* サーバー管理以外の目的でリモート接続するユーザーは、人数分の「リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンス」が必要です
* リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンスは、料金に含まれています。

仮想デスクトップを徹底比較

【比較】FXにおすすめ!MT4が使えるVPS仮想デスクトップ/デスクトップクラウドを評価する
【比較】FXにおすすめ!MT4が使えるVPS仮想デスクトップを評価する

2022年は、コロナショックやヨーロッパの戦争、物価高など様々な要因から、為替相場の変動が大きくなり、いわゆるFX(外国為替証拠金取引)への関心が高まっています。 当ページでは、MT4によるFX自動売 ...

続きを見る

◆ ABLENET VPS~VPSを長期運用している安定感、トレーディングなどにも

レンタルサーバー ABLENET VPS

ABLENET VPS」は、大阪市に本社を置く株式会社ケイアンドケイコーポレーションが提供しています。1998年の創業以来、共用レンタルサーバー、そしてVPSなどレンタルサーバー事業を運営している実績から、24時間安定稼働を求めるユーザーの期待に応えています。

ABLENET VPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
大阪 200Mbps共有 無制限 IPv4アドレス1個
IPv6アドレス65536個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金

*V0への変更のみ不可
KVM 独自 ×

仮想専用サーバーサービスには大きく分けて、VPS(基本がLinux、有料オプションでWindows Serverが選べる)、Windows(仮想デスクトップ)の2つのプランがあります。

メリットとデメリット

ABLENET VPS」のメリットは、接続回線の速さと長期にわたる運営の信頼性です。

ココがおすすめ

・サーバーが200Mbps共有回線に接続(通常の他社サービスの2倍)
IPv6アドレスの提供が65536個と破格
・VPSプランで選べるLinux OSが豊富Windows Serverも選べる(有料オプション)
・レンタルサーバー事業に20年以上携わり、ノウハウと信用を蓄積

回線の速さとIPv6アドレスの提供の豊富さなど、ネットワーク環境のメリットは他社と比べても差をつけています。さらに、OSもVPSプランのままでWindows Serverが選べますので、新規に別プランを契約する必要はないでしょう。
そして、2000年代には個人運営を含めて数百以上のホスティング企業がある中で、技術・価格競争を勝ち続けるのは並大抵のことではありません。
ユーザーにとって、メリットのあるVPSを提供し続けていることこそが、競争を生き残りさらにサービスが磨かれていることにもつながっています。

一方でデメリットとしては以下の通りです。

ココがダメ

初期費用がかかるプランがある(キャンペーンを除く)
・サーバー設置場所が大阪で、利用者の多い東京にない
・コントロールパネル・管理画面の使い勝手

VPSでは、他社を含めてほぼどのサービスで初期費用がない中で、「ABLENET VPS」には初期費用がかかるプランもあり価格面でのネックになります。対策としては、キャンペーンが時々実施されていますので、その期間中を狙うなど契約時期を見定めるのがいいでしょう。
サーバー設置場所については、意外とトラフィックや表示のパフォーマンスに影響を与えますので、東京や関東圏にもサーバー設置を検討してほしいところです。

管理画面については、長期運用しているサービスによくあるデメリットです。
古くからのユーザーがいらっしゃることや、様々なシステムと連携しているため、なかなか思い切ったバージョンアップ・リニューアルがしづらいことなどが原因として考えられます。
解説です

ABLENET VPS 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「ABLENET VPS」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用はVPS・Windows(仮想デスクトップ)プランにもかかります。無料お試し期間は10日間あり、最低利用期間は1ヶ月です。なお、赤字は2022年4月1以降の変更点です。

プラン名 初期費用 月額料金 * メモリ CPU ストレージ
V0 1,027円 712円 0.5GB 1コア SSD 30GB/HDD 50GB
V1 0円 1,122円 1.5GB 2コア SSD 40B/HDD 100GB
V2 0円 1,970円 2.5GB 3コア SSD 60GB/HDD 200GB
V3 0円 3,647円 6GB 4コア SSD 100GB/HDD 400GB
V4 0円 6,056円 10GB 5コア SSD 200GB/HDD 800GB

* 1か月支払いの金額。6か月契約・12か月契約では割引あり。
* Windows Serverは有料オプションで選べるほか、ABLENET仮想デスクトップでも選択可能。

対応OS:Linux
詳しくは「ABLENET VPS」公式サイトへ

対応OS:Windows(有料オプション)
WindowsServer2022,2019,2016,2012R2(V0プランを除く)

対象ユーザーとしては、回線速度や表示速度を高めたい・高速で多様な開発環境が必要、安心して運用を行いたい・信頼性を重視している企業などに適しているサービスです。

ABLENET VPS公式サイトへ

■ ABLENET 仮想デスクトップ(Windows) 料金・仕様一覧表

OSがWindowsバージョン「ABLENET仮想デスクトップ」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用はストレージにより異なります。無料お試し期間は10日間あり、最低利用期間は1ヶ月です。
なお、新規申し込み時の「新規価格」と更新時の「更新価格」に違いがありますので注意しましょう。

プラン名 初期費用 月額料金 * メモリ CPU ストレージ
Win1 SSD 0円
HDD 0円
1,540円 2GB 2コア SSD 60GB/HDD 100GB
Win2 SSD 0円
HDD 0円
2,090円 3.5GB 3コア SSD 120B/HDD 100GB
Win3 SSD 0円
HDD 0円
3,322円 6GB 4コア SSD 150GB/HDD 200GB
Win4 SSD 0円
HDD 0円
4,939円 10GB 5コア SSD 150GB/HDD 200GB

* 1か月支払いの新規価格。6か月契約・12か月契約では割引あり。
* サーバー管理以外の目的でリモート接続するユーザーは、人数分の「リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンス」が必要です
* リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンスは、初期費用無料、月額利用料 1,100円/ユーザーです。

対応OS:Windows
Windows Server2022(Win2プラン以上)、Windows Server2019(Win2プラン以上)、2016(Win2プラン以上)、2012R2 いずれも64bit版

対象ユーザーとしては、MT4/MT5などFX自動売買システムを利用したい個人ユーザーなどに適しているサービスです。

ABLENET仮想デスクトップ公式サイトへ

◆ ServersMan@VPS~とにかく安さを追い求める個人向け

レンタルサーバー ServersMan@VPS

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営する低価格のVPSが「ServersMan@VPS」です。ISPなど情報通信業のフリービット株式会社子会社であり、「ServersMan@VPS」は個人向けで低価格に特化したサービスです。

ServersMan@VPS 基本情報

設置場所 接続回線 転送制限 IPアドレス
東京,大阪 非公開 無制限 IPv4/IPv6アドレス1個
プラン変更対応 仮想化基盤 管理画面 時間課金

*Petitから他プランへ、
他からPetitへ変更のみ不可
OpenVZ 独自
SSHコンソール
×

メリットとデメリット

ServersMan@VPS」のメリットは、とにかく低価格であることです。

ココがおすすめ

月額300円台で利用できる超低価格プランあり
・NTTグループカードの支払いで年間最大6,000円のキャッシュバック。1年の月額が実質無料

最安のPetitプランを申し込むと、申し込み付と翌月の2か月間が385円(税込)→330円とさらに割引にもなります。

一方でデメリットとしては下記があります。

ココがダメ

仮想化技術が古くインストール・運用などに支障が出る場合がある
・選択できるOSが少ない
・肝心のメモリが非公開ストレージがHDDなどパフォーマンスに不安も
在庫切れの場合がある

このほかにも初心者向けのGUIによる管理画面がないことなどもありますので、利用するユーザーとしては、とにかく安さを追求する方コマンドラインで操作できる方などに限定されるでしょう。

余談ですが、DTIや親会社のフリービットは2000年代のIT戦国時代を生き残った企業ですので、ウィキペディアで社歴などを見るとなかなか面白いですよ。パワードコム、フュージョン・コミュニケーションズ、ISAO、オン・ザ・エッヂ、ベッコアメなど、懐かしい名前が数多く散見されますので、過去を振り返るのも知識を豊かにするためにはいいかもしれませんね。
もっと詳しく
ただ単にサービスが古いからNG、というのではなく“IT戦国時代を生き残ったサービスを味わってみる”という感覚で利用するのも一つの考え方です。
注目です

ServersMan@VPS 料金・仕様一覧表

OSがLinuxバージョン「ServersMan@VPS」の料金と仕様をまとめた表です。
初期費用(契約事務手数料)・最低利用期間はありません。
対応OS:CentOS 6(64bit)、CentOS 7(64bit)

プラン名 月額料金 メモリ CPU ストレージ(SSD)
Petit 385円 256MB - 5GB
Entry 513円 1GB - 50GB
Standard 1,027円 2GB - 100GB
Pro 2,074円 4GB - 200GB

ServersMan@VPS公式サイトへ

まとめ

これまで見てきたようにVPSといっても、価格重視や機能重視、個性的な特色など様々な内容となっています。
価格競争も激しくなっていますのでキャンペーン情報などに注意しながら、できるだけコストを抑えてVPSを検討する参考にしていただければ幸いです。

*各社よりサイト画像など引用させていただいております。
*Windows、WindowsServer、WindowsServer2019、2016、2012R2は米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)