マネージド専用サーバー レンタルサーバー比較 レンタルサーバー

【比較】マネージド専用サーバー~管理者不要の法人向け占有サーバー~

レンタルサーバー マネージド専用サーバー KAGOYA さくらのレンタルサーバ エックスサーバービジネス CPI

マネージド専用サーバー~管理者不要の法人向け占有レンタルサーバー~複数サイトによるトラフィックの増大やメール配信による負荷の上昇に対応するため、集約化ができる専用サーバーのニーズが高まっています。
また、技術者不足や人材難からサーバー管理者も足りておらず、これらの問題を解決するマネージド専用サーバーの活用が増えています
当ページでは、特に注目度の高いマネージド専用サーバーサービスを検証します。対象のレンタルサーバー会社およびブランドは、KAGOYA、さくらのレンタルサーバ、エックスサーバービジネス、CPIの4ブランド。各項目ごとに比較します。

4社選定の基準はこれ

  1. 企業やサービスブランドとしての信頼性が高い
  2. 企業運用に必要十分な機能性を持つサーバーを提供している
  3. SSLやバックアップなど運用に最適
  4. 市場やユーザーの評価が高い

 

困ったなあ
マネージド専用サーバーと、専用サーバーの違いは何ですか?
マネージド専用サーバーは、サービス提供会社が代行して日々の運用管理を行うのでユーザーは業務に注力できます。一方、専用サーバーはユーザー自身で管理しますので手間がかかりますが、サーバーを自由に利用できるメリットがあります。
これで解決

1:基本的なプラン・契約など

サーバー環境が固定されている共有サーバーとは違い、マネージド専用サーバーはディスク・CPUの種類や性能で複数のプランに分けて提供されています。

まず各社で提供されているプランや契約など確認から始めましょう。

レンタルサーバー マネージド専用サーバー KAGOYA さくらのレンタルサーバ エックスサーバービジネス CPI

サーバー各社 kagoyaマネージド
専用サーバー
さくらのレンタルサーバ
マネージドサーバ
エックスサーバー
ビジネス専用サーバー
CPI マネージド
専用サーバー
総提供プラン数 計10 計2 計2 計3
HDDプラン 6種類 1種類 - -
SSDプラン 4種類 1種類 2種類 3種類
最低利用期間 なし 3か月 3ケ月 1か月
お試し期間 × ×
10日間
×
プラン変更 × ×
支払期間(単位) 1か月
12か月
1か月
12か月
3か月
6か月
12か月
24か月
36か月
1か月
12か月
支払方法 クレジット
口座振替
クレジット
銀行振込
自動口座振替
コンビニ
郵便局
クレジット
銀行振込
ペイジー
コンビニ
クレジット
銀行振込
ペイジー

2019年10月22日現在の情報 色つき個所は高評価ポイント

特徴としては、KAGOYAはプラン数が最も多く、契約後も変更が可能なこと、エックスサーバービジネスは唯一お試し期間がありますので事前確認をして契約をすることができます。
CPIはプラン変更が可能ですが、さくらのレンタルサーバは、お試し期間・プラン変更ともにありませんので、問い合わせなどをして事前検討を行いましょう。
なおプラン変更時には、変更後のプランの初期費用などがかかることに留意する必要があります。

マネージド専用サーバーは、プランがたくさんあって悩みますね。プラン変更可能なサービスでは最小限で始め、プラン変更不可のサービスでは将来を予測して余裕を見て性能・プランを決定するのも一つの方法です。
解決ですね

2:料金・サーバーの基本的性能など

レンタルサーバー マネージド専用サーバー KAGOYA さくらのレンタルサーバ エックスサーバービジネス CPI

次に、料金面の比較とサーバーの基本的な性能面を検討します。
なお、マネージド専用サーバーは複数プランがありますので、各社で最も低価格のプランを比較します。

サーバー各社 kagoyaマネージド
専用サーバー
さくらのレンタルサーバ
マネージドサーバ
エックスサーバー
ビジネス専用サーバー
CPI マネージド
専用サーバー
対象プラン HDD 012 Atom HDDプラン SSD エントリー SSD CHM-11Z
CPU Atom
1コア
Xeon Xeon
6コア
Xeon
6コア
ストレージ HDD 320GB HDD 700GB SSD 500GB SSD 240GB
RAID構成 なし RAID1 RAID10 *1 RAID1
(ホットスワップ)
メモリ 2GB 14GB 24GB 16GB
  料金
初期費用 9,900円(税込) 49,500円(税込) 110,000円(税込) 101,200円(税込)
月額料金
1か月払
3,300円 *2 13,200円 - *3 38,500円
月額料金
12か月払
35,640円 *2
(2,970円/月)
145,200円
(12,100円/月)
396,000円
(33,000円/月)
356,400円
(29,700円/月)
SLA(品質保証制度) - - - 100%

2019年10月22日現在の情報, 料金は基本で税込表記, 色つき個所は高評価ポイント

*1 RAID1のミラーリング&RAID0のストライピングによる高速で高い障害耐性を兼備する構成
*2 KAGOYAは、申込み月の末日まで月額利用料金無料になります。
*3 月額料金 一か月払 X server(エックスサーバー) ビジネスは最低期間が3カ月~。


 

基本的性能について

コストを抑えて専用サーバーを導入したいときはHDD、サイトの速度表示向上やユーザビリティの改善を図りたいときはSSDを選択するなど、目的によってプランを選ぶことになります。
なおSLA100%、つまりサーバー稼働100%を保証し、停止の場合の返金規定があるのはCPIのみです。

サイト高速化を目指すには、SSDとメモリを多く搭載したサーバーを選びましょう。
これで解決

料金などについて

KAGOYAのHDDプランが初期費用・月額費用ともに最も安く、申し込み月は初月無料になるメリットもあります。12か月支払いの1カ月単価でみますと、安い順にKAGOYA、さくらのレンタルサーバ、CPI、エックスサーバービジネスとなっています。

マネージド専用サーバーに初めて取り組むにはKAGOYAのHDDプランが導入しやすい!!
解決熱血男

3:主な機能・セキュリティについて

レンタルサーバー マネージド専用サーバー KAGOYA さくらのレンタルサーバ エックスサーバービジネス CPI

サーバー各社 kagoyaマネージド
専用サーバー
さくらのレンタルサーバ
マネージドサーバ
エックスサーバー
ビジネス専用サーバー
CPI マネージド
専用サーバー
マルチドメイン
(バーチャルドメイン)
無制限 無制限 無制限 無制限
メールアドレス数 無制限 無制限 無制限 無制限
FTPアカウント 1 無制限
データベース
MySQL
無制限 無制限 無制限
WordPress
簡単インストール
アクセス解析
WAF オプション オプション
Web改ざん検知 - オプション
100Pまで
IPS(不正侵入予防) オプション - - オプション
ウィルスチェック
スパムフィルター
○/○ ○/○ ○/○ ○/○
転送量課金・制限 無し 200GB/日 無し 無し
自動バックアップ
10GBまで無料
無料SSL
Let's Encrypt

Let's Encrypt

Let's Encrypt
なし
独自SSL
メール/電話サポート ○/○ ○/○ ○/○ ○/○ *1

*1 CPIはオプションで24時間365日電話&メール対応が追加できます。

セキュリティとサポートに違いあり

レンタルサーバー マネージド専用サーバーの選定ポイントは?マネージド専用サーバーは、1台占有でWEB・メールの運用に必要な基本的機能は装備されているので大きな違いは見られません。

セキュリティは各社ごとに違いがあり、自社で必要なセキュリティ対策が標準で含まれているか、オプションででも追加できるかなど事前確認したいポイントです。
無料SSLのLet's Encryptは、CPIのみ対応していませんがCPI SSLは1ドメイン分無料で利用できます。

サポートは4社とも平日の電話対応は基本で含まれていますが、CPIのみ24時間365日対応が可能です。

4:サーバー高速化技術対応・主な仕様について

レンタルサーバー マネージド専用サーバー KAGOYA さくらのレンタルサーバ エックスサーバービジネス CPI

サーバー各社 kagoyaマネージド
専用サーバー
さくらのレンタルサーバ
マネージドサーバ
エックスサーバー
ビジネス専用サーバー
CPI マネージド
専用サーバー
WEBサーバー Apache nginx *1 + Apache nginx *1 + Apache Apache
HTTP/2 - -
OPcashe *2 - - -
SSH
独自CGI
PHP 5.6系
(7系に切り替え可能)
5/7 5/7 5/7
採用技術 文法チェッカー
リソース監視
モジュール版PHP
モニタリングツール *3
Xアクセラレータ
Fast CGI
ブラウザキャッシュ
プレビュー機能 *4
ディスク使用量通知
Git

*1 大量の同時アクセスの処理に最適化された静的コンテンツの配信に特化したWebサーバー
*2 PHPの初回実行時の内容を最適化しキャッシュするPHPの高速化拡張モジュール
*3 ロードアベレージやトラフィックの情報をコントロールパネルから参照できます
*4 DNS変更前にサイトを確認できる機能

高速化についての取り組み

エックスサーバービジネスは「高速」自体をサービスの中心に据えた技術開発・採用を積極的に進めており、次いでさくらのレンタルサーバが高速化対応に前向きです。

CPIは高速化よりも、セキュリティやサポート、安定稼働に重心を置いたサービスを提供しています。
これで解決

4:サイト内記事で詳しく

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ~マネージドサーバ~専用サーバーでSSDプランも選べる

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 49,500円(税込) 13,200円(税込) HDDプラン 700GB 公式サイトを見る 進化し続ける老舗のレンタルサーバー 「さくらのマネージドサー ...

続きを見る

レンタルサーバー エックスサーバービジネス 法人向けに特化
エックスサーバービジネス~マネージド専用サーバー~法人向にサポート強化&安定運用を

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 100,000円 36,000円 エントリー SSD 500GB 公式サイトを見る サポートを拡充したマネージド専用サーバー 個人向けにも高速化・高機能 ...

続きを見る

レンタルサーバーCPI共用・マネージド専用サーバー
CPI マネージド専用サーバー ~SLA100%で初期設定・日々の監視・管理もお任せ~

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 92,000円 35,000円 CHM-11Z SSD 240GB 公式サイトを見る 技術者不足の対策はマネージド専用サーバーで 自社サイトを複数立ち上 ...

続きを見る

5:まとめ

マネージド専用サーバー4ブランドを比較しましたが、用途別などで以下の分類をしてみました。

レンタルサーバー マネージド専用サーバーの導入で本業に集中を企業に代わって管理を行うマネージドサービスは、これからの人口減や人材不足、採用難の時代には必須のサービスに成長すると見込まれています。

今後ますます、専門性の高いサーバー技術者・管理者不足が深刻化しますので、専用サーバー初期設定や日常の運用、障害発生時の緊急対応はサービス提供会社に任せて、本業に人・カネ・モノを集中することは、今後の競争に打ち勝つにはとても重要です。
マネージド専用サーバーをその武器の一つにしてください。

Copyright© 【2019年・令和最新】レンタルサーバーとネットショップ作成・ドメインサービス比較・評価・検討・紹介サイト by STREN , 2019 All Rights Reserved.