エックスサーバー ~高速・多機能・復元無料の共用レンタルサーバー~

2021年10月4日

レンタルサーバー エックスサーバー 

 

“高速サーバー”と言えばエックスサーバーの代名詞です。XアクセラレータVer.2などPHP高速化対応、Webサーバーにnginxを導入しさらなる高速化・多機能を追求しています。自動バックアップと復元も無料。高速化で売り上げをアップしたい、安心してサイトを運用したい企業・個人に最適なサービスです。(*12か月契約の1ヶ月換算/税込)

対象ユーザー中級/上級

初期費用月額費用プランストレージ
3,300円1,100円*スタンダードSSD 300GB

こんな方におすすめ

  • SEO対策を行いたいブロガー・アフィリエイターなど個人
  • SSD対応の高速サーバーで売上を上げたい個人・企業
  • ネットビジネスを絶対に止めることができない企業・団体

 

コスパが最高レベルのレンタルサーバー

エックスサーバーとは?

レンタルサーバー エックスサーバーロゴ高速サーバーといえば「エックスサーバー」といわれるくらい代名詞になっている、大阪市北区に本社を置くエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。
運用サイト数が200万件を越えたことでもわかるように、トラフィックの多いサイトを運用するブロガーやアフィリエイターなどの個人、止まることが許されないシビアな運用を行う企業のユーザーからも大きな支持を得ています。

数々の高速技術を搭載しているほか、「自動バックアップ」機能で取得している「サーバー領域データ(Web・メールデータ)」のバックアップデータについて、データベースと合わせ復元は完全無料です。
高速表示とデータ保全の観点から、個人や企業で数多く利用されているエックスサーバーについて解説します。

 

エックスサーバーの特長は?

エックスサーバー」は大きく分けて4つのポイントがあります。

  1. 高速サーバー:数々の高速化技術を駆使
  2. 充実の多機能:WordPressで複数サイト運営に
  3. 高い安定性:データ保全&信頼のデータセンター管理
  4. まさかの時に:サポートで安心

 

①:高速サーバー 数々の高速化技術を駆使

レンタルサーバー エックスサーバー 高速性

エックスサーバー」の看板ともいえる高速化技術を駆使して、快適なサイト環境をユーザーに提供しています。

■ Web高速化機能「Xアクセラレータ Ver.2」

WordPressを最大10倍も高速化しながら、さらなるアクセス耐性を強化した「Xアクセラレータ Ver.2」を搭載しています。
このVer.2では、PHP処理能力が大幅にパワーアップしましたので、静的ファイルの高速化(キャッシュ)に加え、PHPプログラムの高速化にも対応しています。

レンタルサーバーエックスサーバーのXアクセラレータ

*引用:エックスサーバー

 

■ 高速化に対応したサーバー環境

次にハードウエアインターネット環境サイト環境についてです。

レンタルサーバーエックスサーバーの高速化技術

ハードウェアは高速性を重視し、最新48コアCPU+512GBメモリ+オールNVMe RAID10を採用。従来のHDD(ハードディスク)の読み込み速度はもちろん、オールSSD環境と比較して最大14倍の読み込み速度向上を実現しました。サーバーのCPUは第2世代「AMD EPYC™」を搭載、製品発表時点で80ものベンチマークで世界記録を達成したCPUで、さらなる高速性能の向上を目指しています。

インターネット環境は、サーバーに総計1.39Tbpsの国内高速バックポーン(2019年7月現在)が接続しており、不意のアクセス集中にも十分対応できる通信環境を整えています。

サイト環境は、高速Webサーバー「nginx」(エンジンエックス)に対応していますので、どんな時でもサイトを高速表示することができます。

*「nginx(エンジンエックス)」とは、大量の同時アクセスの処理に最適化され、静的コンテンツの配信に特化したWebサーバーです。突発的にPC・スマートフォンなどからアクセスが集中した場合でも高速かつ安定したWebサイトの運営が可能です。

Apacheでは、ユーザーからのリクエストを順次処理するため、リクエストの待ちが発生する場合がありますが、nginxでは大量のリクエストを同時並行で処理が可能です。

そのほか、FastCGIキャッシュモジュールに対応(PHP高速化や負荷軽減を図ることができる)、「HTTP/2」対応でWebサイトを高速表示など、できうる限り高速化について追及しているサービスがエックスサーバーです。

 

■ Nginxについてさらに詳しく
Nginx採用
レンタルサーバー Nginxとは
【nginx】超高速Webサーバーのメインストリーム

超高速表示を実現するWebサーバーとは? nginx(エンジンエックス)は、いまや世界シェア2位を誇り数多くのレンタルサーバーで採用されている軽量・高速Webサーバーです。 高速表示が求められる背景 ...

続きを見る

 

エックスサーバーのブランドには、「エックスサーバー」のほかに、WordPressに特化した「wpX Speed」、サポートを厚くした「エックスサーバービジネス」(共用・マネージド専用)、最新環境でテストなどを重視した「wpXシン・レンタルサーバー」があります。
この「エックスサーバー」は、最も幅広く利用できる汎用性の高いサービスブランドですので、エックスサーバーの利用を考えるときは、まず最初に「エックスサーバー」から検討を始めるのがよいでしょう。
解説です

 

 

②:充実の多機能 WordPressで複数サイト運営に

PHP7.4にアップデートする ~レンタルサーバー各社ごとに対応開始~エックスサーバー」は運用するために必要な機能が充実しており、個人サイトではブログ・アフィリエイト、企業サイトでは公式サイト・WEBメディア・ネット通販サイトなど多様な活用が行われています。
別項目で扱っている「高速」「セキュリティ」関連以外の主な機能をピックアップしてみました。

 

■ 主な機能リストアップ
  • マルチドメイン・サブドメイン無制限
  • FTPアカウント無制限
  • データベース無制限
  • メールアカウント無制限
  • CMS簡単インストール・簡単移行
  • PHP5/7/8
  • Webメール
  • アクセス解析
  • モリサワWebフォント
  • プラン変更(上位、下位プランとも)

ドメイン・FTPアカウント共に無制限、データベースはMySQL 5.7 または MariaDB 10.5 で運用でき、しかも無制限ですので、CMS簡単インストールを利用してWordPressをはじめとした様々なCMSを複数運用することが可能です。
そして最新のPHP8に対応、モリサワWebフォントは33フォントの中から選べて、PV数(75,000PV)まで表示できます。

エックスサーバーは、同価格帯の高速レンタルサーバーと比較しても同等かそれ以上の機能を搭載しています。機能面では、エックスサーバーは全く問題ないといってもいいでしょう。
注目です

 

③:高い安定性 データ保全&信頼のデータセンター管理

レンタルサーバー エックスサーバー高い安定性 データ保全&信頼のデータセンター管理

自社サイトの安全性・信頼性を高める要素として、「データの保全」と「サーバー管理」があります。

 

■ 自社サイトのデータ保全

サイトの運用時に、予想外のまさかが起こることは十分に考えられます。
そこでポイントになるのは、データの消失を防ぐ「自動バックアップ機能」が標準提供されていること。

レンタルサーバー エックスサーバー バックアップイメージバックアップ専用サーバーに1日1回自動でコピーを実行し、サーバー領域のWeb・メールデータは「過去7日分」、MySQLデータベースは比較的長めの「過去14日分」がバックアップされているので、まさかの時も安心です。
バックアップデータの提供は、サーバーパネル上でいつでも申し込みができます。

また、安全性という点でセキュリティも重要です。
エックスサーバーでは、WEB系セキュリティとして「WAF」「国外IPアドレスからのアクセス制限」「大量コメント・トラックバック制限」など、メール系セキュリティでは「アンチウィルス」「スパムフィルター」などが標準機能で備わっています。
また、SSLは無料独自SSL(Let's Encrypt)が基本で利用できる他、有料オプションの独自SSLも利用可能です。

 

■ サーバー管理

サーバーは、国内にある電源・空調・防火システムを完備したデータセンターで管理されており、ネット環境は国内最大クラスのバックボーン回線に10Gbps回線で直結、快適な運用環境となっています。

 

表示速度はもちろん、サーバー稼働率99.99%以上という信頼性が、企業用途としてエックスサーバーを利用するかどうか大きな検討材料となります。
解説です

 

④:まさかの時に サポートで安心

レンタルサーバー エックスサーバーサポートエックスサーバー」には、初心者やサイト運営・サーバー管理に不安がある担当者にはありがたい、24時間365日メールサポート&電話サポートがあり、専任スタッフが対応していますので、ユーザーはサーバー運用・本業に集中できます。
メールでの問い合わせには、必ず24時間以内に返信をもらえますので安心感も高まります。
そして電話サポートは平日10時から18時対応で、全プランのユーザーが利用できます

ココがポイント

エックスサーバーのサポートは外注ではなく自前で行っているのが他社との大きな違いで、自社サーバー製品に詳しいスタッフの対応で安心感が違います。

 

 

プラン別機能比較

エックスサーバー」はスタンダードプレミアムビジネスの3プランです。
背景が濃いグレーは「高速系」項目です。

機能・仕様/プランスタンダードプレミアムビジネス
ディスクスペース(SSD)300GB400GB500GB
転送量課金なしなしなし
データベース *無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
独自ドメイン
永久無料特典
FTP
サブFTPアカウント追加無制限無制限無制限
RAID構成RAID10RAID10RAID10
PHP5/7/8○/○/○○/○/○○/○/○
オリジナルCGI
簡単インストール
簡単移行
nginx
Xアクセラレータ
HTTP/2
FastCGI
OPcashe
ブラウザキャッシュ設定
WAF
無料独自SSL無料無料無料
メールアカウント無制限無制限無制限
アンチウィルス
自動バックアップ
メール/電話サポート○/○○/○○/○
プラン変更

*MySQL 5.7 または MariaDB 10.5 

 

困ったなあ
あまりプランに違いがないんですかね?

 

料金、ディスクスペースのみの違いで機能は同じです。なお、2021年10月4日にX10、X20、X30のプラン名が変更となりました。機能・料金など内容に変更はありません。
もっと詳しく

 

料金表

エックスサーバープラン毎の料金表です。長期契約になればなるほど割引率が高くなります。
なお、エックスサーバーはキャンペーンが頻繁に実施されており、初期費用や月額費用に変動があります。

契約期間/プランスタンダードプレミアムビジネス
初期費用3,300円3,300円3,300円
3か月契約1,320円2,640円5,280円
6か月契約1,210円2,420円4,840円
12か月契約1,100円2,200円4,400円
24か月契約1,045円2,090円4,180円
36か月契約990円1,980円3,960円

*料金は税込表示
*月額料金および初期費用はキャンペーン時には変動あり

 

気になるポイントは?

  1. nginxやXアクセラレータなど最新高速技術導入
  2. データベース数が全プランで無制限です
  3. プラン変更は、上位下位ともできます
  4. バックアップは無料、バックアップデータ(Web・メール・データベース)の提供も無料です。
  5. 下位プラン変更はサーバー利用期限月のみ可能
  6. 全プラン、初期費用がかかります

あわせて読みたい(エックスサーバーの始め方)

お試し申込みについて詳しく

レンタルサーバー エックスサーバー
エックスサーバーの試用期間は10日間、無料で利用できる

高速レンタルサーバーの代表格「エックスサーバー」は、サーバー見直しの時には検討対象になる筆頭格のサービスです。 10日間の無料お試しができますので、今回はその申し込み方法を解説します。   ...

続きを見る

 

エックスサーバーでWordPress・SSL設定する

レンタルサーバー エックスサーバー
エックスサーバーでサイトを構築する~WordPress/SSL設定~

エックスサーバーに申し込みを済ませたら、サーバー設定を行います。必須のSSL設定とWordPressインストールなどをサーバーパネルにアクセス・ログインして実施します。 SSL設定を行う 申し込み後に ...

続きを見る

 

あわせて読みたい(比較)

エックスサーバービジネスとの違いとは?

レンタルサーバー エックスサーバー
【特集記事】エックスサーバー vs エックスサーバービジネスを比較する

WEBサイトをビジネスで利用するため、高速表示ができるレンタルサーバーのニーズが高まっており、さらに昨今では新規のみならずサーバーの見直しによりサイトの引っ越し・移行が増加しています。 国内トップクラ ...

続きを見る

 

高速サーバーConoHa WING,mixhost,ヘテムルと比べました

高速SSDレンタルサーバー
【比較】月1000円前後のSSD高速レンタルサーバー4社を徹底評価する

ホームページの表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率が90%も上昇するといわれており、サイトの表示速度はSEOにおいてもマーケティングにおいてとても大切なポイントです。 このページでは、個人や企業の ...

続きを見る

 

まとめ

機能は十分、表示も快適でコストパフォーマンスはベストといってもいいレンタルサーバーです。高速レンタルサーバーとして定評のある「エックスサーバー」には、10日間の無料お試しがありますので、そのパフォーマンス・管理画面の操作性をじっくり確認してみましょう。

 

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。