XWRITE(エックスライト):ブロックエディタ対応,シンプルで初心者から使えるWordPressテーマ

PR

WordPressテーマ XWRITE エックスライト 検索エンジン対策、シンプル、ブロックエディター対応

XWRITE」(エックスライト)は、レンタルサーバーのトップメーカー、エックスサーバーが提供するWordPressテーマです。レンタルサーバーで培ったノウハウを基に、初心者ユーザーが求める機能・デザイン・SEO効果などが備わっています。ここでは「XWRITE」の特徴を分かりやすく解説します。

商品名 料金 ライセンス形態
テーマ 買い切り 19,800円
サブスク 990円/月
1ライセンス購入で
サイト利用数無制限

こんな方におすすめ

  • 簡単に始められるテーマ、機能は多すぎない方がいい
  • 簡単に検索エンジン上位表示をさせたい、SEO対策したい
  • ブロックエディタで作成・編集したい、カスタマイズしたい
  • 提供企業の信用が気になる

XWRITE エックスライトとは?

WordPressテーマ XWRITE エックスライト

対象ユーザー初級/中級

XWRITE」は、ブロックエディター(Gutenberg)に対応し、SEO対策もおこなえる初心者向けブログ用WordPressテーマ(Theme)です。提供企業は大阪にあるエックスサーバー株式会社で、レンタルサーバーのエックスサーバーやXserver VPS、ドメイン販売のXserver ドメイン、クラウドストレージのXserver ドライブなどレンタルサーバーのシェアトップ企業として国内で人気・評判共に高いものがあります。

レンタルサーバー運用のノウハウを活かし、2022年9月にリリースした初心者でも簡単にブログが始められるテーマ、そしてWEB制作・SEO対策などのノウハウを活かしたテーマが「XWRITE」です。

XWRITE(エックスライト)のポジショニング

XWRITEのポジショニングは、ほどよい機能性と速い表示速度・SEO対策面、そしてスキンでデザインが設定・変更できるなど、初心者向けのWordPressテーマです。
スマートフォン向けレスポンシブ対応でモバイルファーストにも適応、ライセンスは1つ購入すれば複数サイトでも利用可能です。

SWELLやAFFINGERほど難しくなく、でも無料テーマでは機能や効果が不安、という方にはまず最初のテーマとしてもおすすめです。他のテーマにはない「サブスク」もありますので、短期間契約して試してみるのもありですね。
もっと詳しく
もっと詳しく

それでは以下の4つのポイントを見てみましょう。

  1. シンプルな機能でブログが簡単にできる
  2. XWRITEのSEO対策
  3. ブロックエディターに対応
  4. サポートと選べる購入形式

1:シンプルな機能でブログが簡単にできる

XWRITEは簡単だから、購入後すぐブログスタート!

有料テーマを購入して実際に使ってみると、思っていたより機能が多くて使いきれない、という場合もあります。「XWRITE」の最大のメリットは他の有料テーマと比べてもとってもシンプルなので、ブログが簡単にできることです。これでライティングに集中できますよ。

管理画面にログインし、WEBマニュアルを見ながら設定を進めれば、初心者の方でもブログを立ち上げることができます。また、「スキン」を使えばサイトデザインもあっという間に変更OK!! 見た目は公式サイトにあるデモサイトでチェックできますよ。

WordPressテーマ XWRITE デザインスキンで簡単変更

管理画面のメニュー「XWRITE設定」→「スキン設定」で、「スキンを有効化する」をクリックすると、選択したスキンが有効化されます。

出典:XWRITE公式サイト 他素材

そして、カスタマイズ機能でも「XWRITE」はとても優れています。

カスタマイザーで色のカスタマイズ、フォントスタイルの調整、レイアウト変更が直感的な操作で行えるので、コーディング知識がなくても簡単にサイトの雰囲気を変えることが可能です。加えて、ウィジェットを利用することで、ユーザー独自の機能を追加やサイトの用途に合わせたカスタマイズが行えます。

有料テーマで大切なポイントは、多機能すぎず「必要な機能のみを使いこなせるか」です。必要な機能のみ使い続けることで、日々のブログ作成と配信活動が無理なく行えます。ストレスを抱えずブログを作り続け、文章の質を上げることこそ最も重要な点ですよ。
解説です
解説です

2:XWRITEのSEO対策

XWRITEで高速表示と構造化データ表示を実現

ブログを一人でも多くに人に見てもらうためには、グーグルなど検索エンジンのできるだけ上位に表示して、アクセスしやすい状況を作る必要があります。このSEO対策が行える機能も「XWRITE」には、提供企業の豊富なレンタルサーバー運用経験からノウハウが詰め込まれています。

構造化データ・高速表示機能

検索エンジンが、ブログの内容などをより理解しやすいよう把握するための情報を「構造化データ」といいます。管理画面の「サイト基本設定」 > 「構造化データ(json-ld)」をクリックして開き、「構造化データ(json-ld)を出力する」にチェックを入れることで、自動的に構造化データが出力されます。

またSEO対策には、ブログ表示のスピードアップも欠かせません。
管理画面の「サイト基本設定」 > 「高速化」をクリックして開き、PV数のカウント絵文字の表示人気記事ランキングのキャッシュ時間設定関連記事のキャッシュ時間設定など、ブログの読み込み時間を少なくすることで、表示速度を上げる各種設定も簡単に行えます。

ココがポイント

これらの設定をすれば必ず上位表示されるというわけではありませんが、細かい点に注意してブログを運営すれば結果が出る可能性が高くなります。一つ一つの設定を丁寧におこなって、一人でも多くのユーザーにブログを見てもらえるよう進めましょう。

\ SEO対策は見てもらう方法の一つ /

3:ブロックエディターに対応

ブロックエディターとは、初心者でも簡単に使える直感的なウェブコンテンツ作成ツールのことです。

各コンテンツ要素(テキスト、画像、見出しなど)を「ブロック」として扱い、ドラッグ&ドロップで配置や編集ができるので、コーディングの知識がまったくなくても、美しいレイアウトやデザインのブログをスタートできます。

XWRITEのブロックエディター

さらにWordPressテーマ「XWRITE」では、このブロックエディター機能を強化しています。

独自のデザインブロックが多数用意されており、カスタマイズの自由度が高いのが特長です。また、レスポンシブデザインにも対応しており、スマホやタブレットでも美しい表示が可能です。これにより、初心者でも簡単にサイト作成が行えるようになります。

4:XWRITEサポートと選べる購入形式

サポート・アップデートもお手軽に

ブログを始める時は誰でも不安に思うもの・・・・、「XWRITE」には気軽に利用できるサポートがあります。「使い方が分からない」など、問題があれば気軽にフォーラムで質問して、返事を待ってみましょう。

  1. 開始・運用時「WEBマニュアル」あり
  2. ユーザー専用フォーラム」で、不明な点が出れば質疑応答で解決
  3. バージョンアップは無料。常に最新機能をサイトで利用できる

XWRITEはアップデートがワンクリックでできる

意外と手間取るのは、WordPressテーマのアップデートです。有料テーマの中には、アップデートごとにデータをダウンロードしインストールし直さないといけないものもありますが、XWRITEはプラグインのアップデートと同じように、チェックを入れてクリックするだけでOK!! 初心者の方でもスムーズにアップデートができるんです。
なお、サポートにはメールや電話での個別サポートはありません。
もっと詳しく
もっと詳しく

買い切りとサブスクが選べる

XWRITEの買い切りとサブスクリプションの違い

XWRITE」の大きな特徴の一つで、購入形式が選べるというものがあります。

通常のワードプレステーマは、「買い切り」のみ、もしくは月額支払いなど「サブスクリプション」のみなのですが、当テーマは「買い切り」「サブスクリプション」どちらかを選べます。
そして、「XWRITE」公式サイトから購入できますし、レンタルサーバーの「エックスサーバー」「シンレンタルサーバー」を利用していれば、サーバー会社経由で割安で買うことも出来ます。

買い切りは、一度購入すると追加の支払いがない反面、初期購入費用が割高になる、一方でサブスクは月数百円台で始められますが、続ければ割高になるというメリット・デメリットがそれぞれにありますので、自分に合う購入形式を選びましょう。なお、サブスクリプションは支払い期限を越えても、アップデートはできなくなりますがテーマが使えない、なくなるということはありません。
注目です
注目です

ワードプレステーマ[XWRITE] 料金・仕様

[XWRITE] 料金・仕様

XWRITE」の料金や商品内容、支払い方法をまとめています。なお、子テーマは含まれていないことは知っておきましょう。

項目 内容
商品名 XWRITE(エックスライト) テーマ
価格
(XWRITE公式サイト)
【XWRITE公式サイトで購入】
サブスクリプションプラン(月額)   990円/月
サブスクリプションプラン(年額) 9,900円/年
買い切りプラン 19,800円
価格
(レンタルサーバー経由)
【エックスサーバー/シンレンタルサーバーで購入】
サブスクリプションプラン(月額)   990円/月
サブスクリプションプラン(年額) 9,900円/年
買い切りプラン 15,840円
販売元 エックスサーバー株式会社
商品内容
サポート
WordPressテーマ (親テーマ)
WEBマニュアル/ユーザー専用サイト(フォーラム)
動作環境 WordPress6.3以上 / PHP7.4以上
 対応ブラウザ Chrome / Firefox / Edge(IEモード除く) / Safari 最新版
ライセンス 100%GPL:購入者は複数サイトで利用できます
決済方法 クレジットカード ( VISA / Master / JCB / AMEX)
\ 購入形式が選べる /

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. シンプルで有料テーマを最初に始めるには最適
  2. 「スキン」で簡単にサイトデザイン完成
  3. 購入形式で買切・サブスクが選べ、複数サイト利用OK
  4. 軽量・高速で検索エンジン上位表示対策に期待できる
  5. ブロックエディター対応、独自ブロックもあり
  6. 価格がやや高め機能が少なめで購入前に検討を

あわせて読みたい

ワードプレステーマを深堀する

SWELLやAFFINGER、SANGOなど有料ワードプレステーマの料金や機能などを分かりやすく1ページで比較しています。

■ WordPress(ワードプレス)有料テーマ料金機能比較一覧表

【比較】ワードプレステーマ・テンプレート比較一覧表(有料テーマ版)
WordPressおすすめ有料テーマ比較: 価格機能デザインで選ぶベストテンプレート

ブログやホームページ制作を無料テーマや自作テーマで始めたものの機能が物足りない、表示速度が遅いなど様々な問題が出てきます。「表示を早くする」「検索で上位になる」「スマホでキレイに見える」など、ブログや ...

続きを見る

SWELLやAFFINGER、SANGOなど有料ワードプレステーマの料金や機能などを分かりやすく1ページで比較しています。

■ WordPress(ワードプレス)無料テーマ比較ページ

Cocoon(コクーン)やLightning(ライトニング)など、まずは無料テーマで始めたい方はこちら。

【有料・無料】速い・おしゃれ・収益が上がるおすすめWordPressテーマ20選+α
無料WordPress(ワードプレス)おすすめ人気テーマ:デザイン・初心者・速い

企業サイト・日記や雑記など個人ブログ・アフィリエイトサイトなどを立ち上げるには、その基礎となるWordPressと、もう一方の車の両輪でもあるツールとしてテーマ(テンプレートとも言います)が欠かせませ ...

続きを見る

まとめ

レンタルサーバー運用のノウハウを凝縮

XWRITE」は、シンプルな機能ですぐにブログを始められ、デザインスキンで簡単にビジュアルが完成します。この“難しすぎない”WordPressテーマは、これから有料テーマで情報を発信したり、アフィリエイトで収益を上げようという方にピッタリ!

SEO対策も施されており、上位表示も期待できますので、記事の構想や制作に力を入れることができます。買い切りとサブスクのどちらか選べますので、自分のプランに合った支払い方法で早速ブログを始めてみましょう。

\ テーマを使ってすぐ始めたい方に /

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅
株式会社ストレン 代表取締役社長

情報セキュリティマネジメント
2級知的財産管理技能士
ネットショップ実務士レベル2
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトはホスティング業経験から、レンタルサーバー・ドメイン・ワードプレステーマ/テンプレートを中立の視点から比較評価し、始める・切り替える方の立場に立った情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て2000年 動画配信レンタルサービス「ストレン」起業、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用・PR等に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意の上、上場企業へユーザー移行後に同ビジネス終了、以降はITコンサルティングとして支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)