レンタルサーバー mixhost

mixhost ~LiteSpeed採用・HTTP/3に対応した高速レンタルサーバー

レンタルサーバー mixhost(ミックスホスト)

2016年にサービス開始、時代に対応した最新技術など多くの機能を導入しています。プランの増減が出来、柔軟な拡張に対応。HTTP/3、WebサーバーにLiteSpeed採用で高速化、自動バックアップ標準装備で復元無料です。2022年11月8日に価格改定実施。
(*12か月契約の月額換算/税込)

対象ユーザー中級/上級

初期費用 月額費用 プラン ストレージ
無料 1,650円 * スタンダード SSD 300GB

こんな方におすすめ

  • WordPressサイトで絶対に表示スピードを高めたい
  • 急なアクセス集中にリソースを増減できるサーバーが欲しい
  • 自動バックアップと復元を無料で行いたい、信頼性を高めたい

mixhostとは?

mixhost」(ミックスホスト)は、2016年に大阪市にあるアズポケット株式会社がサービスを開始したレンタルサーバーサービス。
新興だけあって他社サービスを研究しつくしており、顧客満足度を可能な限り満たすサービスをこれでもか、というほど加えたサービスは、ネット上を中心に話題になっています。

2022年5月に全プランで、CPU・メモリが増量になっています。またサポート拡充したほか、2022年11月8日にスタンダード・プレミアム・ビジネスの3プランで価格改定を実施しています。

困ったなあ
具体的には今までのレンタルサーバとは、どういうところが違うんですか?
高速表示のため新技術の導入や、バックアップ・セキュリティ・高稼働率などの信頼性を含めポイントが多いので、5つにまとめてみました!
解説です

5つの注目チェックポイント

  1. 高速性の追求。HTTP/3+QUIC採用など新技術に対応
  2. ビジネス品質の機能を低コストで
  3. 運用規模に合わせて瞬時に変更可。ダウングレードもできる
  4. 充実のセキュリティ。無料SSLはCOMODO社の認証局を採用
  5. 高い信頼性&高稼働率。東京のデータセンターで運用

①:高速性の追求

mixhost」(ミックスホスト)の最大の特徴でもある「高速性」は、諸々の技術を導入するなど様々な取り組みを行っています。

お悩みさん
高速サーバーを使いたいのですが、チェックしておきたいポイントは何でしょうか?
サーバー本体の性能や回線などのハード面、そしてWebサーバーや各種プログラムなどのソフト面の2つに着目してみましょう。
もっと詳しく
ハード面:サーバー&ネットワーク環境

レンタルサーバー SSDmixhost」(ミックスホスト)のサーバーは、最新のピュアSSD RAID10構成36コア72スレッドのIntel Xeonプロセッサを搭載したハイスペックサーバーを採用しています。
iDCも東京にあり、国内最大級732Gbpsの高速バックボーンに10Gbps回線で直接接続し、より高速化を確保できるネットワーク構成になっています。

ネット回線が細かったり、遠い地方にサーバーが設置されている場合は、配信が遅延し表示が遅くなる場合があります。また、サーバー本体の処理能力も表示速度をアップさせるために欠かせません。ミックスホストのハードウェア環境は、回線・サーバーともに申し分ない環境と言えるでしょう。
注目です
ソフト面:高速化技術の数々

次に「ソフト面」(各種アプリケーション)を見てみましょう。mixhostでは、注目のWebサーバー「LiteSpeed」とデータベース「MariaDB」を他社に先駆けて積極的に取り入れています。

レンタルサーバー LiteSpeedまずはWebサーバーですが、表示速度をより高速化する為に、mixhostは日本で初めてLiteSpeed Webサーバーを採用しました。
LiteSpeed Webサーバーは、一般的に使用されるApacheと完全な互換性を持ち、Apacheよりも静的コンテンツは最大9倍高速、PHPは最大50%倍高速、SSLサイトは最大3倍高速の次世代Webサーバーです。
Apacheよりも遥かに少ないリソースで動作する為、急なトラフィックの増加にも安定したWebサイトの表示が可能となります。(mixhostは日本のLiteSpeed公式パートナーです。)

ココがポイント

さらにWordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」をmixhostでは標準装備しています。そしてHTTP/3への対応、Googleが開発した次世代プロトコルのQUICにも日本で初めて対応し、SSLサイトをさらに高速化しています。

データベースはMariaDB(マリアディービー)を採用、MySQLの開発者、Michael "Monty" Widenius氏を中心に開発された「MySQL」から派生したオープンソースリレーショナルデータベースシステム(RDBMS)で、MySQLとの互換性を持ちつつ並列処理が大きな特徴で、拡張性や処理性能、高品質が高く評価されています。日本国内のレンタルサーバーでは、mixhostがいち早く積極的に対応をしています。

WordPress高速化機能を管理画面より設定・利用すれば、「LiteSpeed Cache」という独自キャッシュモジュールを簡単に使用することができます。また、最新のPHP8の活用、PHP高速化機能として「OPcache」というPHPプログラムのキャッシュ・高速化モジュールも利用できます。検証を重ねて、必要な機能を利用することで高速表示を実現してください。
解説です
LiteSpeedをさらに詳しく
高速サーバー
レンタルサーバー LiteSpeed
【LiteSpeed】超高速Webサーバーで快速表示~サイトが重い・サーバーが遅いを改善する

「ホームページが重い」、「サイトの読み込みが遅い」、「サーバーの反応が遅い」、「なかなか検索エンジンの上位に表示されない」など、サーバー・サイトのレスポンスの悪さがサイト管理者にとって大きな悩みとなっ ...

続きを見る

②:ビジネス品質の機能を低コストで

ドメインレンタルサーバーに必須の機能、マルチドメイン・サブドメイン・メールアカウント・データベース・FTPアカウントなど無制限で利用可能です。
また、PHP5/7/8、MySQL(MariaDB)、SSH、Cronなど多数の機能に対応、WordPressなど人気のアプリケーションを簡単にインストールして始められます。
管理画面には、世界トップシェアのコントロールパネル「cPanel」を採用していますので、誰にとっても簡単にサーバー管理や新規設定・変更なども問題ありません。

ココがおすすめ

そしてコスト面では、初期費用があるレンタルサーバーサービスが多くありますが、「mixhost」(ミックスホスト)のサービスは全コース初期費用無料です。 さらに30日間返金保証がありますので、実質的に30日間無料で試すことができます。ユーザー側からすると安心して検証にのぞむことができますね。

そして、自動バックアップが無料で標準装備、まさかの時に復元する時も無料というのはサイト運営者からすればありがたいサービスです。

③:運用規模に合わせて瞬時に変更可

レンタルサーバーmixhostクラウドレンタルサーバーは通常、限られたサーバー機能のみ使えるサービスなので、アクセスが急増した時、一時的に機能を拡張するなどの対応が難しくもありました。
mixhost」(ミックスホスト)はその点に着目し、サーバーリソースをコンテナ技術を用いて契約毎に独立して制御することで他のユーザーの影響を受けることを極力避けることを可能にしつつ、急なアクセスの増加時にもリソース増加をダウンタイム0で瞬時に行う事ができるサービス、つまりVPS(仮想専用サーバー)やクラウド的な機能を提供しています。

また他社ではダウングレードを認めないケースも多いのですが、mixhostではプランを下げることもできます
リソース増減時の利用料金は日割り計算で、プランを下げる場合でも次回の請求額より差額を差し引くので、気兼ねなくアクセス状況に応じてプランの上げ下げを行うことができます。

メディアで話題になるなど不意のアクセス集中もこれで安心ですね。ダウングレード可能ですと、アクセスが少ない時はコストを落とし、アクセス増加が見込まれるときのみアップしておくというふり幅の広い運用も可能です。
もっと詳しく

④:充実のセキュリティ&無料SSLはCOMODO社の認証局を採用

レンタルサーバー SSL無料SSLと言えば、多くのレンタルサーバーサービスでは、Let's Encrypt(レッツエンクリプト)に対応していますが、mixhostは認証局に世界シェアNo.1のCOMODO社を採用しているので、より信頼性の高いSSL証明書をドメイン無制限・無料で利用できます。
WEB系セキュリティでは、標準でAI技術を活用したWAF、IPS、IDSを、そしてDDos攻撃保護も標準で装備、さらにマルウェア自動検知・駆除機能も利用できます。
メール系セキュリティではウイルススキャンスパムメールフィルタを標準搭載しており、サイトとメールの守りは堅く安心してサーバー運用を行えます。

COMODO社のSSLを無料SSLとして提供しているのは、当サイトで解説しているレンタルサーバーではmixhostと他1社のみです。そして、WAFをはじめ、不正侵入防止のIPS/IDSやDDos攻撃保護・マルウェア対策などこれだけセキュリティ対策を標準で施しながら、月額1,000円台で提供するコストパフォーマンスには驚異的なものがあります。
注目です

⑤:高い信頼性&高稼働率

サーバーにアップロードしているデータの保全や、止まらないサーバーの運用、高いサーバー稼働率は、サイト運営には欠かせない重要なポイントです。

大切なデータを保護する為、1日1回、東京のデータセンター内に設置されたバックアップサーバーに自動バックアップを実施。ユーザーは、無料で過去14日間のデータをバックアップと復元を行えます。

さらに、mixhostではサーバー稼働率99.99%以上を保証する品質保証制度(SLA)を設定しています。規定の保証値を下回った場合、ユーザーが申請すれば月額料金の一部が返金されます。

復元無料そしてSLAと、共用サーバーとしては極めて高いレベルでデータ保全と信頼性に対して心がけて運用している姿勢がうかがえます。
解説です

プラン別価格・機能一覧表

2022年11月8日に各プラン価格改定が実施されました。

  スタンダード プレミアム ビジネス
初期費用 無料 無料 無料
月額費用 *1 1,650円 3,300円 6,600円
容量(SSD) 300GB 400GB 500GB
CPU 仮想6コア 仮想8コア 仮想10コア
メモリ 8GB 12GB 16GB
転送量目安 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
追加FTP
アカウント
無制限 無制限 無制限
MySQL
(MariaDB)
無制限 無制限 無制限
無料独自SSL
(COMODO社)
独自SSL
PHP 5/7/8 *2
 WordPress
簡単インストール
WordPress
高速化 *3
アクセス解析
メールアカウント 無制限 無制限 無制限
アンチウィルス
自動バックアップ
優先サポート *4 -
メール/Zoomサポート *4 ○/× ○/○ ○/○
無料WordPress移転代行 *4 - -

*1 月額費用は12カ月契約時の1か月あたり税込金額 キャンペーンなどにより変動あり
*2 PHP高速化(OPcache)は、全プランで対応
*3 「LiteSpeed Cache」独自キャッシュモジュールを利用可能。その他の高速化対応として、高速Webサーバー「LiteSpeed」、HTTP/3 & QUICに全プラン対応
*4 2022/6/1より追加。優先サポートは回答速度の早いサポート実施。

契約期間別料金表

契約期間ごとの料金を比較しやすいように、月当たり料金を一覧表にしています。
なお、2022年3月の変更により、6か月・24か月契約が廃止となりました。

  スタンダード プレミアム ビジネス
初期費用 無料 無料 無料
3か月契約 2,200円 4,400円 8,800円
12か月契約 1,650円 3,300円 6,600円
36か月契約 1,320円 2,640円 5,280円
料金比較は、12か月契約での月額で比較すると分かりやすいので背景を赤くしています。mixhostは、初期費用は掛からずプランの増減OKなので無駄なコストがかかりにくい設計になっています。どのくらいの期間をレンタルするかでコスト計算をするのがいいでしょう。
もっと詳しく

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. Webサーバーはnginxより高速のLiteSpeedを採用
  2. 無料SSLはCOMODO社の認証局を採用
  3. 30日間返金保証があります
  4. サーバー稼働を99.99%保証するSLAが設定されています
  5. 電話サポートはありません
  6. 管理画面(cPanel)が独自ではありません

あわせて読みたい(mixhostの始め方)

申し込み方法を詳しく

レンタルサーバーmixhost
mixhostは30日間返金保証だから、実質1か月無料で試用できる

「mixhost」は、クラウド型の高速レンタルサーバーで、HTTP/3やSSLにCOMODO社の証明書が利用できるなど高性能が魅力のサービスです。 無料お試し期間はありませんが、30日間返金保証が設定 ...

続きを見る

WordPressを構築するには?

レンタルサーバーmixhost
mixhostでサイトを構築する~SSL・WordPress設定

高機能・高速レンタルサーバー「mixhost」は、30日間返金保証がありますので、じっくりと確認・検証作業を行えます。WordPressのインストールなどを実施するコントロールパネルは、世界で広く活用 ...

続きを見る

あわせて読みたい(比較!カラフルボックス VS mixhost)

カラフルボックスとの徹底比較をしています

こちらもCHECK

【比較】カラフルボックス VS mixhost
【比較】カラフルボックス VS mixhost 料金・機能を比べてみる

数ある高速系レンタルサーバーの中でも、「カラフルボックス」と「mixhost」(ミックスホスト)は、サーバースペックや機能が非常に似通っており、違いが分かりにくいこともありますので、このページでは各部 ...

続きを見る

まとめ

後発のサービスならではのメリットとして積極果敢に高速化に取り組み、他社の高速サーバーに並び、そして追い越した感がある「mixhost」(ミックスホスト)。
第3者機関の調査では、「表示スピード」・「アクセス処理速度」・「アフェリエイター&ブロガー」など6部門で満足度1位を獲得するまで評価も高くなっています。

無料のお試し利用期間はありませんが、30日返金保証がありますので実質的には1か月無料で利用できます。管理画面の操作性やサイト表示のパフォーマンス、SSLの設定の容易さなどを確認してください。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)