お名前.com VPS:エンジニア目線の上級者向けLinux版仮想専用サーバー

2021年10月10日

PR

レンタルサーバー お名前.com VPS

完全仮想化と準仮想化が切り替えることができるLinux版VPS、無料でスナップショットが利用でき取得やロールバックも自由に行えます。
複数VPSが一括管理できるなどエンジニア目線の管理画面にメリット。標準で24時間365日メールサポート。(電話対応はコロナ対策などで縮小の場合あり)
(*12カ月払い月額換算/税込。2023年2月1日よりサービス維持調整費(一定割合)が加算されます。)

対象ユーザー中級/上級

初期費用 月額費用 プラン ストレージ
無料 1,132円 * メモリ1GB SSD 100GB

こんな方におすすめ

  • 高速処理のVPS、完全仮想化、準仮想化VPSを利用したい
  • エンジニアが複数VPS管理や構築・運用・開発したい
  • できればメールサポートはいつでも対応してほしい

お名前.com VPSとは?

レンタルサーバー お名前.com VPS 上級者向けサービス

お名前.com VPS」は、東証プライム市場(旧一部)上場企業のGMOインターネットグループ株式会社が2012年3月から提供を開始した、上級・プロ向けのサービスです。
完全仮想化と準仮想化が切り替えることができ高速処理を容易に実現できる他、無料でスナップショットが利用でき取得やロールバックも自由に行えます。さらに、複数VPSが一括管理できるなど、エンジニア目線の管理画面にも大きなメリットがあります。

自由度が高くハイパフォーマンスな仮想専用サーバーですが、一方で、スタートするにはネットでの申し込みから最短10分ほどという手軽さも兼ね備えています。それでは、項目ごとに見てまいりましょう。

主なチェックポイントは?

  1. 完全仮想化と準仮想化を両立
  2. SSH・スナップショットなど多機能
  3. エンジニア目線の管理画面
  4. 24時間365日のサポート体制

1:完全仮想化と準仮想化を両立

VPS(KVM)の機能イメージ

お名前.com VPS」は、KVM(Kernel-based Virtual Machine)というサーバーを仮想化する技術でサーバー完全仮想化を実現しています。

レンタルサーバー お名前.com VPS  構成図

引用:お名前.com VPS

VPS(仮想専用サーバー)イメージ図KVMによる完全仮想化には、より多くのゲストOSに対応していること、メモリやCPUなど仮想専用サーバーごとのリソースを完全に独立させることができるというメリットがあります。
完全仮想化環境で、ISOイメージファイルをアップロード・インストールすることで様々なLinux OS環境を構築し開発を進めることができます。

さらに高速処理を行いたい、パフォーマンスを高めたい場合は完全仮想化から準仮想化に切り替えられます。
Virtioという準仮想化ドライバーをONに設定することで、利用できるOSに制限が出てきますが、より高い処理能力・パフォーマンスを実行することが可能となりますし、この設定変更は、コントロールパネルから簡単に行えます。

この完全仮想化準仮想化を切り替えて利用できるのが「お名前.com VPS」の大きなポイントでありメリットでもあります。それぞれ長所と短所がありますので必要に応じて切り分けて利用しましょう。

2:スナップショットなど多機能 

お名前.com VPS」では、開発者やエンジニアなど上級者が利用できる機能が様々準備されています。

レンタルサーバー お名前.com VPS SSH・スナップショットなど多機能ワンクリックでスナップショットを取得・ロールバックができるスナップショット機能は、データ保全や開発途中のデータバックアップ、移行作業やメインテナンス前に利用すると便利です。
SSH Key Pair管理では、SSH経由コンソール接続で利用するKey Pairの管理をコントロールパネルで行えます。ユーザー側でKeyを作成できるので、複数のVPS接続時の管理などがさらに容易になります。
VNCコンソールシリアルコンソールを利用した接続・管理、さらにVPSをデスクトップ環境として利用したい場合は、ビデオデバイス変更で「vmvga」(高解像度対応の仮想ビデオデバイス)に設定変更することで、VNCコンソールにより高解像度で利用することが可能となります。
コントロールパネル操作ログの確認では、作業内容・接続元IPアドレス・日付などもチェックできますので、重複した作業を避ける・再起動した日付共有などの目的のため活用できます。

3:エンジニア目線の管理画面

レンタルサーバー お名前.com VPS エンジニア目線の管理画面様々な開発環境を確保するために複数のVPSを契約し、管理するのは手間がかかりますが、「お名前.com VPS」のコントロールパネルでは一括管理ができるほか、物理サーバーを操作する感覚で運用することができます。
普段使いで必要な、起動/再起動/シャットダウン/電源OFFや、CPU負荷や回線帯域などリソース情報のチェック、OS再インストールにディスク構成変更など、そして完全仮想化・準仮想化を選択するVirtio ON/OFFの切り替え、さらにVNCコンソールシリアルコンソールSSH Key Pair管理など各種管理・操作もコントロールパネルから行えます。

コントロールパネルで実施できる機能一覧

  • 起動/再起動/シャットダウン/電源OFF
  • リソース情報確認
  • OS再インストール
  • Virtio ON/OFFの切り替え
  • ディスク構成変更
  • DNS逆引き設定
  • ISOイメージの挿入/取り出し(URL指定)
  • VNCコンソール
  • シリアルコンソール
  • SSH Key Pair管理
  • コントロールパネル操作ログの確認
  • ビデオデバイス変更
  • スナップショット

ココがポイント

もとはと言えばクラウドゲームのエンジニアがユーザーニーズや開発ノウハウを盛り込んで作り上げたコントロールパネルですので、使う側の利便性を考慮している点が随所に見られます。

4:24時間365日のサポート体制

レンタルサーバー お名前.com VPS 24時間365日サポートサーバー運用では特に大切なサポート、日中・夜間に万が一のトラブルが起こった場合でも、技術的な相談ができるサポートを設定しています。
お名前.com VPS」には、基本料金内で24時間365日無料のメール窓口があります
なお、電話サポートは基本で24時間365日対応ですが、コロナ対策などで現在はお名前.com全サービスで電話窓口対応は縮小中。電話サポート時間は平日:10:00~18:00になっていますのでメール・フォーム問い合わせが中心となります。

基本機能

プランは5つでメモリによって分けられています。

機能など/プラン メモリ1GB メモリ2GB メモリ4GB メモリ8GB メモリ16GB
メモリ容量 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
ディスク容量 100GB 200GB 400GB 800GB 1TB
CPU 2コア 3コア 4コア 6コア 10コア
回線速度 100Mbps共有
RAID RAID-3D
仮想化
ソフトウェア
KVM
OS(標準) Ubuntu 18.04 / 20.04  
CentOS 7.5~7.9 / Stream8
Debian 9.13 / 10.10
Arch Linux 20200731
FreeBSD 13.0 / 13.0ZFS
OS(その他) ISOイメージファイルをアップロードしインストール可能
IPアドレス 1個 IPv4
データ転送量 無制限

*プラン変更は上位下位プラン可能ですが、下位変更の場合料金調整(返金)がありません。

基本料金

5プランのうち、メモリ1GB/2GBプランには初期費用はかかりません。
2023年2月1日よりサービス維持調整費(一定割合)が加算されています。

期間など/プラン メモリ1GB メモリ2GB メモリ4GB メモリ8GB メモリ16GB
初期費用 無料 無料 5,951円 10,142円 17,474円
1ヶ月払い *1 1,132円 1,662円 4,674円 9,492円 19,130円
12ヶ月払い *2 12,045円
1,003円/月
16,680円
1,390円/月
46,885円
3,907円/月
95,207円
7,933円/月
191,854円
15,987円/月

*税込価格(2024年4月時点)
*支払期間が1カ月払いの場合、最低利用期間は3カ月
*1: 1ヶ月払いサービス維持調整費込みの金額。
*2: 12ケ月払いサービス維持調整費込みの金額。月額は端数切捨て(弊社計算)

気になるポイントは?

お名前.com VPS」の気になる点をまとめてみました。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. ストレージがSSD対応で高速化
  2. 完全仮想化と準仮想化の切り替えができる
  3. スナップショット・各種コンソール等開発者向け機能が豊富
  4. 基本サービス内で24時間365日メール対応
  5. 最低利用期間は3か月です
  6. 下位プランへの変更はできません

あわせて読みたい(VPS比較)

Linux/UNIX系VPSを比較する

日本国内の主要Linux系VPSレンタルサーバー比較ページでは、Linux / UNIX OS VPS一覧で仮想専用サーバーをまとめています。

Linux/UNIX OS VPSをもっと詳しく

VPS比較(Linux OS/UNIX OS)
VPS比較(Linux OS):おすすめ仮想専用サーバー 国内最安/無料/多機能レンタルサーバー

NEWS!! 2024年4月15日、より分かりやすく比較できるよう、Linux/UNIX系VPSとWindows系VPSを別ページに分けました。このページはLinux/UNIX系VPS比較ページです。 ...

続きを見る

Windows系VPSを比較する

ビジネスやリモートワーク、FX自動売買などで利用できるWindows OS VPSについて、各サービス解説と料金・スペック比較一覧表で並び替えて比べることができます。

Windows OS VPSを詳しく

VPS比較(Windows OS)
VPSとは:Windows VPS比較 おすすめ仮想専用サーバー 最安/機能/仮想デスクトップ

NEWS!! 2024年4月15日、より分かりやすく比較できるよう、Linux/UNIX系VPSとWindows系VPSを別ページに分けました。このページはWindows系VPS比較ページです。 Li ...

続きを見る

まとめ

最近のVPSは「誰でも簡単に利用できる」、「超高速表示ができる」といった共用レンタルサーバーの代替のような特徴のサービスが多くありますが、「お名前.com VPS」は他のサービスとは一線を画しています。

開発者向けのVPS

お名前.com VPS」は、エンジニア目線で設計された開発者向けの上級者向けVPSです。開発者・エンジニア、そしてレンタルサーバーでは物足りない、新しい試みを行いたいという一歩踏み出したいユーザーには適しています。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトはホスティング業経験から、レンタルサーバー・ドメイン・ワードプレステーマ/テンプレートを中立の視点から比較評価し、始める・切り替える方の立場に立った情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て2000年 動画配信レンタルサービス「ストレン」起業、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用・PR等に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意の上、上場企業へユーザー移行後に同ビジネス終了、以降はITコンサルティングとして支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)