wpX シン・レンタルサーバー ~高速性と新技術の革新的レンタルサーバー~

2021年7月28日

レンタルサーバー wpX シン・レンタルサーバー

2021年5月31日サービス開始の「wpxシン・レンタルサーバー」。安定性の「エックスサーバー」に対して、当サービスは最新技術を導入し高速化を実現、共用サーバーでありながらリソースが他のユーザーの影響を受けないなどの特徴があり、さらに管理画面は使いやすい「エックスサーバー」と同一の管理ツールで運用が行いやすくなっています。(12か月契約の1か月換算、税込表記)

対象ユーザー中級/上級

初期費用月額費用プランストレージ
無料880円~*ベーシックSSD 300GB

こんな方におすすめ

  • コアウェブバイタル対策などで高速サーバーを利用したい
  • KUSANAGIを利用したい、新しい技術を随時導入したい
  • WordPress以外のCMSも活用したい

 

革新的技術を取り入れたレンタルサーバー

wpX シン・レンタルサーバーとは?

エックスサーバーの新ブランド「wpX シン・レンタルサーバー」(ダブリューピーエックス シン・レンタルサーバー)は、2021年5月31日にサービスを開始しました。革新性を重視する「wpX」ブランドのうち、高速性と新技術の迅速な導入を主な目的とした野心的な高速レンタルサーバーサービスです。

 

ネーミングがどこかで聞いたことがあるような「シン・〇〇〇」ですから、とにかくインパクトがありますね。どの辺がシンなのか、サービス内容を細かく見てまいりましょう。
注目です

 

wpX シン・レンタルサーバーの位置づけ

「エックスサーバー」ブランドは安定性重視、「wpX」ブランドは革新性重視で、さらに「wpX Speed」はWordPressに特化、「wpX シン・レンタルサーバー」はWordPress以外のCMSの利用も可能という違いがあります。

WordPress専用レンタルサーバー
wpX レンタルサーバー →
(新規受付2019/10/24終了)
wpX Speed
2019/9/24~
wpX クラウド →
(新規受付2019/10/24終了)
汎用レンタルサーバー
-wpX シン・レンタルサーバー
2021/5/31~ NEW
エックスサーバー →エックスサーバー

2020年代に入りレンタルサーバー高速化の流れが加速化しており、「wpX シン・レンタルサーバー」ではより積極的に新技術などを取り入れるなど、WordPressなどのCMSで運用するサイトの大きな武器になる可能性を持っています。「wpX シン・レンタルサーバー」のポイントは下記の4点です。

 

主なチェックポイントは?

  1. 最新技術によるサーバー高速化
  2. リソースの確保など運用に役立つ機能
  3. 安定の管理ツール
  4. セキュリティ体制も万全

1:最新技術によるサーバー高速化

WEB技術を豊富に持つエックスサーバーが、新技術を盛り込んだレンタルサーバー「wpX シン・レンタルサーバー」で様々な要素をプラスして国内最高クラスの高速化を実現しました。

レンタルサーバー wpX シン・レンタルサーバー 表示速度の他社比較

出所:wpX シン・レンタルサーバー

 

<ハードウェア環境>

従来のハードディスクから、高速に書き込み・読み取りができるオールフラッシュ化したうえで、さらにフラッシュ向けに開発された通信プロトコル/インターフェースであるNVMe(エヌブイエムイー)を採用して、エックスサーバー調べでピュアSSDの約16倍の読み込み速度を実現しました。

レンタルサーバー エックスサーバーwpX speed NVMeとは

出所:wpX シン・レンタルサーバー

 

さらにサーバーの心臓部でもあるCPUとメモリを大幅に増強している点にも注目です。

  • 48コアCPU&512GBメモリ
  • 第2世代「AMD EPYCTM」採用

CPUは80のベンチマーク(製品発表時点)で世界記録を達成した、第2世代「AMD EPYC™」を採用、システム・スループットやパフォーマンス・効率が大幅に向上しています。

 

<サーバー環境>

高負荷でも高いパフォーマンスを発揮するWEBサーバー「nginx」の採用、画像などを並列して複数のリクエスト(たとえば複数の画像を読み込みなど)を送信でき、通信が渋滞することなくスムーズにレスポンスを返すことができる「HTTP/2」への対応、そしてWordPress用にPHPをチューニングし、キャッシュなしで10倍以上の高速化を達成するなど、様々な技術を駆使して高速化を行っています。

nginxについて詳しく


レンタルサーバー Nginxとは
【nginx】超高速Webサーバーのメインストリーム

超高速表示を実現するWebサーバーとは? nginx(エンジンエックス)は、いまや世界シェア2位を誇り数多くのレンタルサーバーで採用されている軽量・高速Webサーバーです。 高速表示が求められる背景 ...

続きを見る

 

高速化に対応するため、新技術の導入とネットワーク環境の強化にも注力しています。

  • KUSANAGIを導入しさらなる高速化に対応
  • Xアクセラレータ Ver.2導入
  • 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結

 

KUSANAGIとは、WordPressの処理を最適化し高速化チューニングを施した仮想マシンやイメージのこと、今では企業サイト・レンタルサーバーなどで導入が始まっています。
また、Xアクセラレータ Ver.2は、エックスサーバーで対応しているPHPの大幅な高速・安定化でサイトのパフォーマンスを向上させる機能で、wpX シン・レンタルサーバーでももちろん適用されています。様々な高速化技術を取り入れて表示速度の向上に取り組んでいるんですね。
もっと詳しく

 

 

2:運用に役立つ機能

安定稼働に求められる機能「リソース確保」

共用型のレンタルサーバーの問題は、同居するユーザーとリソースを共有するため、表示が不安定になったり、突発的なアクセスなどでサイトが表示されない場合があること。
とくに、イベントやここ一番のときに商機を逃すのは、ビジネスとしてもブランドとしても避けたいところです。

wpX シン・レンタルサーバー」は、厳格なリソース管理を行うことでビジネス機会のロスを避けるサーバー運用が可能となっています。

リソースの確保。契約したアカウントごとにメモリやCPUコア数などのリソースがキープされており、他ユーザーの影響を受けにくくなっています。

 

リソースを確保できるということは、一般的な共用レンタルサーバーというよりはVPS(仮想化サーバー)のイメージに近いサービスになっています。wpX シン・レンタルサーバーはこの両サービスを組み合わせた点でも革新的ともいえるでしょう。
解説です

 

まさかの時も安心な機能「自動バックアップ」

サイトやデータベースを管理していて、高いリスクの一つが「データの喪失」です。
レンタルサーバーサービスでは、バックアップや復旧機能を提供していますが、有料サービスのところも多く、万が一に備えコストをかけるべきかどうか悩ましいところです。

「wpX シン・レンタルサーバー」では、バックアップや復旧機能はいずれも無料、1日1回過去14日分のデータを自動コピーし保持しています。これで、コストをかけることなく安心してサイト運用を行うことができます。

 

3:安定の管理ツール

レンタルサーバーの管理画面は、一般的に海外製のものも多く、また使いづらい国内製の管理画面もいまだ使われている状況です。
wpX シン・レンタルサーバーでは、長年の運用で培われノウハウを詰め込んだエックスサーバーと同じUIシステムが導入されていますので、エックスサーバーユーザーにも新規ユーザーにも、簡単かつ高機能なサーバー運用が可能となります。

レンタルサーバー wpX シン・レンタルサーバー 管理画面イメージ

出所:wpX シン・レンタルサーバー

 

4:セキュリティ体制も万全

常時SSL化は今や常識、「wpX シン・レンタルサーバー」では無料SSLを利用できますので、セキュアなサイト化をすぐに実施できます。

また、外部からの攻撃などを防ぐためWAF(WEBアプリケーションファイアウォール)設定や、国外IPアドレスからのアクセス制限・ログイン試行回数制限・大量コメントトラックバック制限なども管理画面から簡単に行えます。

 

機能詳細

wpX シン・レンタルサーバー4プランの機能比較一覧です。
主な違いは、SSDディスク容量やメモリ・コア数など基本的なスペック・リソースが異なっている点です。

項目/プランベーシックスタンダードプレミアムビジネス
SSD容量300GB400GB500GB600GB
メモリ8GB12GB16GB20GB
コア数681012
転送量課金なしなしなしなし
MySQL無制限無制限無制限無制限
SQLite
マルチ/サブ
ドメイン
無制限無制限無制限無制限
RAID構成RAID10RAID10RAID10RAID10
nginx
無料SSL
設定代行オプションオプションオプションオプション
メール/電話
サポート
WP簡単
インストール
WP簡単移行
自動
バックアップ
バックアップ
復元
無料無料無料無料
WAF
HTTP/2
追加FTP
アカウント
無制限無制限無制限無制限
メール
アカウント
無制限無制限無制限無制限
独自ドメイン
永久無料
1111

料金

wpX シン・レンタルサーバー」プラン別の料金表です。

契約期間/プランベーシックスタンダードプレミアムビジネス
3か月990円/月1,980円/月3,960円/月7,920円/月
6か月990円/月1,980円/月3,960円/月7,920円/月
12か月880円/月1,780円/月3,560円/月7,120円/月
24か月825円/月1,650円/月3,300円/月6,600円/月
36か月770円/月1,540円/月3,080円/月6,160円/月

*税込表記
*初回は「合計金額」の一括前払いでの支払い
*月単位での分割支払い・後払いは未対応

気になるポイントは?

  1. wpX Speedとは違い、WordPress以外のCMSも利用できます。
  2. どのプランも初期費用は無料です。
  3. バックアップ復元に費用は掛かりません
  4. サポートは、全プランでメール・電話に対応しています。
  5. 初回の支払いは一括払いのみです。
  6. 新環境のため、テンプレートの動作を事前検証しましょう。

まとめ

wpX シン・レンタルサーバー」は、安定の「エックスサーバー」に対して、これからますます進化するレンタルサーバーの最新技術を適宜取り入れた、革新的レンタルサーバーに位置しています。高速表示に対応しながらSEO対策を実施し、さらに他社と差をつけるべく新技術を検証するプラットフォームとしても活用できます。

お試し無料利用は最大10日間、管理画面はエックスサーバーと同一ですので主に機能や技術面を中心に検証してみましょう。

 

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。