レンタルサーバー リトルサーバー

リトルサーバー ~超格安で評判!月165円でワードプレス,無料SSLのレンタルサーバー

2020年5月31日

レンタルサーバー リトルサーバー

月額165円の超低価格・格安で、WordPressはもちろん自動バックアップ、SSD高速化対応など価格以上の機能を満載したコストパフォーマンスが非常に高い格安レンタルサーバーです。
2022年9月11日から全プランでPHP8.1対応です。
(*12カ月契約の月額換算/税込)

対象ユーザー初級/中級

初期費用 月額費用 プラン ストレージ
1,012円 165円 * ミニプラン SSD 20GB

こんな方におすすめ

  • WordPressでサイトを始めたい、簡単にインストールしたい
  • サイトを高速表示したい、無料SSLも使いたい
  • コストは極力掛けたくない、抑えたい
  • データの安全性は確保したい、自動バックアップしたい

リトルサーバーとは?

レンタルサーバー リトルサーバーリトルサーバー」は、2015年12月9日に設立され高知県高知市薊野北町にある株式会社リトルネットワークが提供・運営しているサービスで、圧倒的な激安価格とコスト以上の機能を備えたハイパフォーマンスを追及したレンタルサーバーです。
2018年12月以降は全プランでSSDを採用、2022年9月にはPHP8にも対応し超低価格サ-バーとしては異例の高速表示を実現しました。

レンタルサーバー業界は、競争が激しく上場企業など大手の技術導入も目覚ましいため、生き残っていくだけでも大変な世界です。リトルサーバーは、運営会社が高知にあって2016年7月1日のサービス開始から提供し続けていけるのは「超低価格」「レンタルサーバーに必要な機能」をコンパクトにまとめているからです。それでは、詳しく見てみましょう。
解説です

主なチェックポイントは?

  1. 他を圧倒する低価格
  2. 価格以上の機能・パフォーマンス
  3. 高速化対応
  4. セキュリティとデータの信頼性

1:他を圧倒する超低価格

レンタルサーバー リトルサーバーは月額100円台でワードプレスも使える

リトルサーバー」各プランは「ミニ」「ワード」「リトル」「ビッグ」の合計4プランで、最も安いミニプランは1カ月165円(*12カ月契約の月額換算/税込)、上位プランでも最高で月額473円(税込)という超低価格設定が最大の強みです。

さらに、利用開始月はプラン・契約期間にかかわらず無料です。たとえば8月3日に契約した場合は、8月いっぱいは無料で9月から課金開始になります。細やかではありますが、うれしいサービスですね。
もっと詳しく

2:価格以上の機能・パフォーマンス

レンタルサーバーリトルサーバーのメニュー

引用:リトルサーバー

複数サイトを運用する方には嬉しい「マルチドメイン」「独自ドメイン」は無制限で利用可能、独自開発のコントロールパネルからドメインの登録や各種作業、メールアドレスの発行など簡単に操作を行えます。しかも全プランのストレージが高速SSDで、最も安い「ミニプラン」でもWordPressが使えるという非常に高いコストパフォーマンスを発揮しています。

そしてWordPressやEC-CUBEやMovable TypeなどCMSのインストールもコントロールパネルから簡単にできますし、特にWordPressについては驚くほど簡単!最短ワンクリックの「超簡単インストール」対応で、誰でもすぐにWordPressでサイトを構築して公開することもできます。

さらに超低価格サーバーでは難しかった、Cron・シェルログイン・マルチアカウントFTPなどの機能も搭載しています。初心者から中・上級者までのニーズに対応した機能を盛り込んでいます。

3:高速化対応

レンタルサーバー リトルサーバー 高速化対応

ハードウェア対応は?

リトルサーバー」では、全プランでストレージにSSDを採用し高速化を図っています。冗長化構成はプランで異なりますが、「ミニプラン」はRAID5 or 6構成、「ワードプラン」「リトルプラン」はRAID6構成、最上位の「ビッグプラン」はRAID5 or 6 or10構成と、サイトの高速性と同時に、障害に備えストレージレベルでの堅牢性を確保しています。

ココがポイント

「リトルサーバー」は、プラン毎にサーバーが物理的に異なり、性能が違ってきます。上位プラン程性能が高くなっていますので、この点は事前に知っておきたいポイントです。

アプリケーション対応は?

PHP高速化機能とHTTP/2に最安の「ミニプラン」を除く「ワードプラン」以上で対応し、さらに「リトルプラン」「ビッグプラン」ではモジュール版PHPを利用できるので、より快適なWEBサイトを運用することができます。

最も安いミニプランの高速化対応はSSDのみなので注意しましょう
注目です

4:セキュリティとデータの信頼性

レンタルサーバー リトルサーバー 信頼性の高いサーバー環境

安心してサイト運用ができる3要素「SSL」「バックアップ」「サーバー環境」についてです。

SSL対応
ユーザーとの情報のやり取りを暗号化する「SSL化」は今や必須ですが、リトルサーバーは独自ドメインでのSSLが無料(Let's Encrypt)で利用できるので、お問い合わせフォームなどユーザーとのやり取りも安心して行えるサイトが構築できます。

バックアップ対応
レンタルサーバー リトルサーバー バックアップ「サイトが消えた!」「データがない!」など、障害やトラブルはいつ起きるか分かりません。
まさかに備えてデータバックアップは必要なのですが、月額100円台の一般的な超低価格サーバーにはバックアップ機能がないか、オプションで付属しているケースがほとんどです。
しかしリトルサーバーはバックアップと復元が標準・無料で含まれています。毎日、自動でデータのバックアップを7日分専用サーバーに取得しており、復元を自社で行えます。また、技術的に難しい場合は復元代行も無料でリトルサーバーに依頼することも出来ます。

サーバー環境
メインサーバーはNTT系の大手データセンター内に設置、そしてバックアップ用サーバーは別のデータセンターに設置し、災害発生時には速やかに切り替えて運用を行っています。

バックアップについては、月額500-1,000円の上位レンタルサーバーサービスでも復元有料は多いので、無料はメリットのあるサービスです。なお、復元方法はリトルサーバーよりバックアップの圧縮データを受け取って作業する方式になります。
もっと詳しく

全プランの機能・金額比較

プランごとの機能比較リストです。すべてのプランでWordPressを利用できます。
赤字は注目ポイントです。

機能/プラン ミニプラン ワードプラン リトルプラン ビッグプラン
初期費用 1012円 1012円 1012円 1012円
月額 12ケ月 165円 214円 275円 473円
6ケ月 198円 258円 308円 517円
ディスク容量(SSD) 20GB 30GB 60GB 120GB
WordPress
データベース MySQL 3 5 10 50
独自SSL SNI × ×
Let's Encrypt
独自ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限
提供ドメイン数 アカウント+2 アカウント+2 アカウント+3 アカウント+5
転送量/24h 30GB 45GB 90GB 180GB
高速化設定 ×
HTTP/2 ×
メール数 独自ドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限
提供ドメイン 20 20 50 200
メール転送先 3件 3件 10件 15件
自動バックアップ 7日 7日 7日 7日
マルチFTPアカウント 20個 20個 50個 100個
Cron設定数(実行間隔) 2件/5分 2件/5分 5件/5分 10件/1分
SSHログイン
アクセス解析
ウィルスチェック
スパムフィルタ
.htaccess
CGI/SSI
PHP5/7/8
モジュール版PHP × ×
SQLite
IMAP
POP3S/STMPS
FTPS
冗長化(RAID) 5 or 6 6 6 5 or 6 or 10
メール/電話サポート ○/× ○/× ○/× ○/×

*税込表示
*支払方法はデビットカードを含むクレジット決済・銀行振込

高速対応などフルに使いたい場合はリトルプランがおすすめ。それでも月275円(1年契約の1ヶ月換算/税込)という低価格です。
解説です

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. ミニプランが月額165円(税込)と格安で利用できます
  2. ストレージはSSDで冗長化され障害対応実施
  3. HTTP/2はワードプラン以上で対応
  4. どのプランも変更可能ですが、下位プランへの変更はできません
  5. 最低利用期間は長めの6カ月です。
  6. ミニプランでは、PHP高速化設定は利用できません

あわせて読みたい(リトルサーバーの始め方)

無料お試しの方法について詳しく

レンタルサーバーリトルサーバー
リトルサーバーを無料でお試し!申し込み方法は?

月額165円~(税込)という超低価格レンタルサーバーでありながら、WordPress対応はもちろんSSD対応など充実したリトルサーバーには、20日間という長めの無料お試し期間が設定されています。 申し ...

続きを見る

まとめ

リトルサーバー」は、知る人ぞ知る月額165円(税込)からWordPressが使えてマルチドメインが無制限、高速化対応や自動バックアップ付と機能が充実したレンタルサーバーサービスです。

低価格と必要な機能が揃っていることで、ブログやアフィリエイトなどのメインサイトはもちろんサテライトサイトや予備サイトでの利用価値はあるでしょう。
お試し無料利用は長めの20日間、価格以上のパフォーマンスが本当か、検証して確認してみてください。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)