レンタルサーバー カゴヤ

KAGOYA WordPress専用サーバー~Webサイトに特化した初心者向け低価格レンタルサーバー

KAGOYA WordPress専用サーバー

カゴヤ・ジャパンの、WordPressがインストール済みですぐ使えて、高速表示でSEOにも強い初心者向けWordPress専用サーバーです。(*1か月支払い/税込)

対象ユーザー初級/中級

初期費用 月額費用 プラン ストレージ
無料 440円 * グレード1 SSD 20GB

こんな方におすすめ

  • WordPressをすぐ使いたい。インストールは任せたい。
  • SSDの高速表示サーバーでSEO対策を行いたい
  • Webサイトのみでいい。メールは必要ない

KAGOYA WordPress専用サーバーとは?

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21カゴヤ・ジャパンが運営する複数のサーバーブランドのうち、「KAGOYA WordPress専用サーバー」は、初心者がWordPressインストール作業をすることなく、すぐ利用を始められ、しかも最新の高速技術を導入しホームページによる情報配信をスピーディーに行える特化型サービスです。
さらに使える機能などを絞り込むことで、低価格を実現しています。それでは詳しく見てみましょう。

KAGOYA WordPress専用サーバーは、技術的に見ると「仮想専用」(VPS)ですが、カゴヤ・ジャパン公式サイトでは、レンタルサーバーに分類されていますので、当サイトでも“レンタルサーバー”として分類し解説します。
解説です

主なチェックポイントは?

  1. WordPressとWebに絞り込んだ機能
  2. SSDの高速サーバーでSEO対策
  3. メール・電話サポートで安心の運営

WordPressとWebに絞り込んだ機能

KAGOYA WordPress専用サーバー WordPressに特化

WordpressKAGOYA WordPress専用サーバー」は、サイトを簡単に構築できるWordPressに特化する事でメール機能をカットし、個人でもすぐに使える低価格プランを実現しました。
WordPressのインストールも不要で契約後に利用できるほか、仮想サーバーの利点を生かしてサーバーを止めることなくプランを変更することもできます。

なお、「KAGOYA WordPress専用サーバー」では1契約(プラン)で1ドメインしか運用できませんが、プラン毎にスペックが決まっていますので、サイトの稼働状況に応じてプランを上位プランに変更することで、性能が強化されるというメリットもあります。

そして、サイト管理者としては気がかりなWebサイトのデータ保全については、最大10GBまで無料のバックアップサービスが付いていますので、新たにコストをかけることなくデータを保護することができます。

なおメールは、別途メールサーバーを申し込み契約すれば利用できるようになります。メールは使わず、ただWebサイトの配信だけ行いたい、という個人や企業に向いています
注目です

SSDの高速サーバーでSEO対策

KAGOYA WordPress専用サーバー 高速サバー

ストレージはフルSSDで、従来のストレージであるHDD(SATA)と比較しても読み込み処理数が約150倍(ランダム)、書き込み処理数が約300倍(ランダム)のため、サイトの表示速度改善や運用管理の効率化に貢献します。

KUSANAGI搭載で超高速サイト表示が可能
高速化システム「KUSANAGI」

引用:KAGOYA WordPress専用サーバー

KAGOYA WordPress専用サーバー」では、超高速CMS実行環境「KUSANAGI」(クサナギ)が採用されており、KUSANAGIなしの環境に比べて約10倍のサイト表示を高速化しています。
「KUSANAGI」とは、プライム・ストラテジーが開発・提供する高速でセキュアな仮想マシンイメージのことで世界最高速クラスのWordPress実行環境とも評価されており、日本国内の高速系レンタルサーバーでは少しづつ導入が進んでいます。

一般的なレンタルサーバーサービスで行われている高速化の一つ、プロキシサーバーのキャッシュなどには、セキュリティ上の問題や過去のデータが参照される、プラグインの実行に問題が発生するなど課題も多く、「KUSANAGI」はこれらの問題を起こすことなく高速化でき、結果として検索エンジン対策(SEO)の効率化や、サイト上位表示による問い合わせや売り上げの向上などに貢献します。

サーバー環境については、自社データセンターに接続されたバックボーン回線で帯域不足をほぼ感じることなく、さらに24時間365日常駐している専任技術者がさらにサーバーの信頼性を高めています。

KAGOYA WordPress専用サーバーはメールなどほかの機能をそぎ落とすことで「WordPressを使いやすく、サイト表示を高速に」という目的を達成するために作られたサービスとも言えます。
もっと詳しく

メール・電話サポートで安心の運営

KAGOYA WordPress専用サーバーのサポート

KAGOYA WordPress専用サーバー」は、サポートサイトのオンラインマニュアル・よくある質問で各種情報を確認できる他、サポートセンターで24時間受付のメール対応、そして平日10時~17時の間で電話サポートも受けることができます
安心のサポート体制がありますので、着実なサイト運営が実現できます。

機能一覧

KAGOYA WordPress専用サーバー」の基本的な機能一覧です。標準的な装備は整っていますが、メール機能はありません。

機能 内容
ストレージ フルSSD
PHP CGI版 5.6系 / 7.4系
転送量 無制限
Webサイト高速化 KUSANAGI実装
IPアドレス IPv4 一つ
Webフォント 30書体 無料
独自ドメイン設定 1契約で1つ設定可
MySQL 1つ
バックアップ 10GBまで無料
共有SSL 1つ
無料SSL 1つ(Let's Encrypt)
FTP
WordPress プリインストール
WordPressセキュリティ設定 *
メール機能 なし
メール/電話サポート 〇 / 〇

*ダッシュボード アクセス制限や国外IPアドレス コメント・トラックバック制限など各種設定が可能

料金

プランごとの料金一覧です。初期費用はいずれも無料初月は利用料金が無料、サーバースペックにより料金が異なります。

プラン名 月額料金 保証メモリ
/最大メモリ
CPU ストレージ(SSD)
グレード1 440円 1GB/2GB 1コア 20GB
グレード2 990円 1GB/2GB 1.5コア 40GB
グレード3 2,200円 1GB/2GB 2コア 60GB
グレード4 4,400円 2GB/4GB 4コア 100GB
グレード5 9,900円 4GB/8GB 8コア 200GB
グレード6 30,800円 8GB/16GB 16コア 300GB
グレード7 52,800円 16GB//32GB 32コア 500GB

*料金は税込表示

いずれのプランも契約途中で、上下位プランともに変更できます。また、契約は自動更新で、最低利用期間はありません。
解説です

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. WordPressがインストール済みですぐ使える
  2. 超高速な KUSANAGI を実装
  3. バックアップは最大10GBまで無料
  4. メール機能なし。メールプラン追加で利用可能。
  5. 1契約で1ドメインのみ利用できる
  6. 電話・メールサポートあり。メールは365日対応

あわせて読みたい(レンタルサーバー比較)

日本国内の主要レンタルサーバーを一覧で比較・まとめました。

まとめ

KAGOYA WordPress専用サーバー」は、ホームページによる配信とWordPressの利用に絞り込んだサービスですので、はじめてWordPressでサイトを構築する方や、詳しい管理者がいない企業などに適しています。
無料お試しがありませんので、グレード1など小さいプランから始めて少しずつサイトやビジネスの成長とともに、上位プランへ移行するという進め方が望ましいでしょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)