ワードプレス WordPressとは:初心者もブログ・ホームページを無料作成できる

2023年8月12日

WordPressとは(ワードプレスとは)

ブログを始めたい時、ホームページやランキングサイトを無料で作りたい時「0円で使えて、お洒落なブログやかっこいいサイト・ホームページが簡単に作れて、機能も追加出来て、検索エンジン上位表示も対応して、自分や自社で管理運用できるシステムがあれば・・・」と思っている方に最適なシステムが「WordPress」(ワードプレス)です。

当ページではWordPressの基本について、初心者の方にわかりやすく解説します。

ブログ・ホームページを始める関門

ブログ・ホームページを始める時の高いハードルとは

さあ、ブログや個人サイト、ホームページを始めよう!と思っても、実際に公開するまでには数々の高い関門やハードルが待ち受けています。主な問題点や障害をまとめてみました。

  • 制作会社に依頼すると費用が数十万円以上と高い
  • 良質なWEB制作会社の見極めが難しい、できない
  • 自分・自社でブログを作ったり運用する技術力が無い
  • お洒落なサイトにするデザイン力が無い
  • 途中で機能追加すると別途費用が掛かる
  • 障害やセキュリティ対策などまさかの時に対応できない

ブログ・ホームページを公開するまでのハードルイメージ

ホームページを作成して公開するには、HTMLやCSS、JavaScriptなどの技術を使って作り込む必要がありますし、あわせてレンタルサーバーやインターネット全般の知識も欠かせません。

しかも、外部の制作会社に依頼するには、これらの情報をもとにして良いWEB制作会社選びをしなければならず、思っていた以上に難しいことなのです。

さらに・・・公開しないと効果が分からないWEBサイトに高い費用を払うリスク、公開後の運用で技術やデザインに不安が残るなどいくつものハードルがあって、ブログ・ホームページの立ち上げがなかなかスムーズに進まないこともしょっちゅうあります。

ところが!

レンタルサーバー WordPressこれらの問題をほぼ解決できて、しかも誰でもかんたんにブログやホームページを作成できる、ソフトウェア・システムがあるんです。
それは「WordPress」(ワードプレス)、しかも誰でも無料で使える夢のようなワードプレスを詳しく見てみましょう。

WordPress(ワードプレス)とは?

ワードプレス管理画面

ワードプレス新規投稿作成画面

WordPressとは、PHPというプログラミング言語で開発されデータベースのMySQLを使用する、誰でも無料で利用できるCMS(コンテンツ管理プログラム)であり、オープンソースプログラムです。

分かりやすく言うと、“ただ”でブログやホームページが作れる機能やシステムを誰でも使えて、気に入らなければ自由に改変したり、機能を追加したりすることもできる・・ということです。

お悩みさん
お悩みさん
高機能のワードプレス無料っていうのが不思議です・・・

かつて有料CMSの機能や料金に不満を持った技術者2人が、2003年にワードプレスの開発を始め、その後世界の開発者もボランティアで参加することで大いに機能が改善され世界のトップシェアを占めるまでに成長しました。この経緯からワードプレスは無料で使える世界最大のCMSとなったのです。
もっと詳しく
もっと詳しく

WordPressが無料で、誰でも使えることは分かりました。それでは、WordPressは、ブログやホームページ、インターネットの中でどの立ち位置にいるかを確認しましょう。

WordPressの立ち位置・仕組みは?

分かりやすく、ブログ・ホームページを現実の世界で建てる“家”に例えて説明します。

ブログ・ホームページを始める、公開するには、“家”に当たる「ホームページ」自体が必要です。さらに、インターネット上にホームページを設置する“土地”にあたる「レンタルサーバー」と、“住所”にあたる「ドメイン」(URL)も必須です。

WordPressの立ち位置・仕組み イメージ図

ワードプレスのポジションが分かるイメージ図

WordPress」は、レンタルサーバー内に設置された家の基礎工事部分と考えると分かりやすくなります。家の間取りやレイアウト、外観のデザインなど装飾については、「ワードプレステーマ」が該当します。つまり、WordPressとワードプレステーマを合わせて“家”=ブログ・ホームページとして考えてください。

将来的にホームページのデザインをガラッと変えたいときは、家の基礎工事=ワードプレスはそのままに、装飾のワードプレステーマのみを入れ替えれば、引っ越すことなくサイトのレイアウトやデザインを180度変更することも出来る、とっても便利な仕組みになっています。
もっと詳しく
もっと詳しく

世界の知性を結集し、無料で使えるというインターネットの理想を形にしたWordPressですが、その主に優れている点、そして知っておきたいデメリットをまとめました。

WordPressのメリット

それではワードプレスのメリットを確認します。

  • 誰でも無料で利用できる高機能CMS
  • 絶えずシステム開発・アップデート提供される
  • 日本語にほぼ対応
  • パソコン・タブレット・スマホに自動で対応
  • テーマを利用・テーマ変更でデザイン性の高いホームページ作成
  • プラグインのインストールで必要な機能を追加できる
  • 検索エンジン対策に適している

ワードプレスのメリットイメージ

ブログを無料で作る高機能CMS

ワードプレス最大の強みの一つは、様々な機能が利用できアップデートが提供される自由度の高いCMSでありながら“無料”で使えることです。誰でも簡単に、ワードプレスで作ったブログで情報発信を始められます。

お悩みさん
お悩みさん
ワードプレスはどこまで無料で利用できるのですか?

ワードプレス本体を利用することは無料です。有料レンタルサーバーを使ってワードプレスを利用するときはレンタルサーバー料金、有料プラグインや有料テーマを使う時は、それぞれ料金がかかることに注意しましょう。
解説です
解説です

アップデート対応・提供

ワードプレスアップデート対応

ワードプレス更新画面

システムは時間とともに古くなり、メインテナンスが必ず必要になります。

ワードプレスは、ボランティアで参加している開発者が継続的にアップデートを提供してくれていますので、無料で更新をすることができますし、手順通りに行えばだれでも簡単に実行できます。ワードプレス本体のバージョンアップの他、利用しているプラグインのアップデート・更新、公式テーマであればワードプレステーマの更新もワードプレス管理画面から行えます。

そして慎重に更新をするときは「手動」でアップデートを行えますし、多くのサイトを運用中で時間が取れないとき・更新を忘れたときなどは、ワードプレス本体・プラグイン共に「自動」でアップデート・更新も実施できます。

レスポンシブ対応

ワードプレスはレスポンシブ対応

今やスマホでブログ・ホームぺージを閲覧するユーザー数の方が多く、サイトをパソコンやタブレット・スマートフォンなど見る方の環境や端末に応じでデザインを最適化する“レスポンシブ”に、ワードプレスで作ったホームページは対応しています。

かつては、それぞれの端末向けにサイトを構築する必要がありましたが、ワードプレスは自動で対応しますので、構築する時間・技術・費用の削減、表示時のエラーが発生する確率を下げるなどのメリットもあります。

ワードプレステーマでデザイン一新

ワードプレスでは、主にサイトデザインを担うワードプレステーマをインストールすることで、サイトデザインや機能を一新することができます。

デザイン性の高いテーマを利用すれば洗練されたお洒落なサイトに、多機能性を重視したテーマを利用すればプラグインを極力減らしてテーマの機能を中心に活用する企業サイトなどに、シンプルで軽いブログテーマを利用すれば、サクサク表示される飽きの来ないデザインのサイトが表示されるなど、目的に応じたワードプレステーマへの差し替えのみで、デザイナーを使うことなくサイトを刷新することも可能です。

プラグインで機能追加

ワードプレスはプラグインで機能を追加できる

SEO関連 プラグイン表示画面

一旦開発し運用しているCMSに機能を追加するのは、開発費がさらにかかる、システム更新時に一旦停止して設定を行う必要があるなどのデメリットがあります。

ワードプレスはサイトを停止することなく、例えば会員専用サイト(マイページ)を作成する、管理画面URL変更や回数制限などログイン方法を変更しセキュリティを高めるなど、“プラグイン”で追加したい機能をインポート・インストールするのみですぐに利用することができます。
国内外や有料・無料のプラグインが数千~ありますので必要に応じて機能を追加し、ユーザーが使いやすいサイトに進化させることができます。

SEO対策に強い・向いている

ワードプレスは、全世界のWEBサイトの40%以上で利用されている上、ソースコードも公開されているオープンソースプログラムであることから、グーグルをはじめとしたクローラーも情報収集しやすいと考えられます。また、SEO対策に特化したプラグインや、ワードプレステーマも開発・販売されており、これらの組み合わせでWordPressで作ったサイトの検索エンジン上位表示対策は実施しやすい環境とも言えます。

ブログ・ホームページを自分・自社で運用するメリットは、より詳しい情報をタイムリーにアップデートでき、サイトを成長させられることです。自分・自社のことを最もよく知っているのは、外注先ではなく自分・自社です。そして最新情報や想いなどを毎日でも更新できるのはWordPressならではです。
もっと詳しく
もっと詳しく

自分・自社しか知らない独自情報を配信しているか?更新性は高いか?は、検索エンジンがサイトを評価するポイントでもありますので、WordPressはサイトの成長や高い評価には欠かせないツールといても良いでしょう。
注目です
注目です

WordPressのデメリット

WordPressにもデメリットはありますが、メリットに比べれば小さいものでもあります。運用上必要になりますので、ワードプレスを始める前に事前に知っておきましょう。

  • 無料のため基本的に個別のサポートがない
  • 細かい改修をするときは難しいプログラミング技術が必要
  • 管理者自身でアップデートなどメインテナンスする必要あり
  • スマホだけでホームページが作成しにくい
  • プラグインなど多用することで高負荷になりがち
  • ユーザーが多く狙われやすいためセキュリティリスクが高い

特にアップデートやセキュリティ対策が課題となりますが、アップデート時の干渉の可能性と負荷を下げるため、できるだけプラグインの数を減らす、可能であれば技術的なことを相談できる人やサービスを調べておく、レンタルサーバーのサポートがどこまで対応してくれるか知っておくなどで、対応できることもあります。

WordPressでできること

WordPressでできること

ワードプレスを大枠で理解したところで、ワードプレスで何ができるのか?ワードプレスで実現できることをピックアップしてみました。

  • ブログ・ホームページをすぐに始められる
  • デザイナー無しでお洒落なブログも持てる
  • ECサイトやポートフォリオサイトなど多様なサイトができる
  • プラグインで機能追加して自分仕様のサイトに
  • 技術者なしで自分・自社のみで運用管理ができる
  • 管理者権限を分けて複数人管理もできる
  • アフィリエイト広告などを貼ってブログ収益化

有名人がやっているようなブログを持ちたい!という夢がすぐに実現できるのがWordPressです。
個人ブログや日常ブログ・主婦ブログを思い立った当日にすぐ始められますし、人気テーマを使えばデザイナーが制作したような洗練されたおしゃれなサイトにすることも可能です。

自分の作品や二次創作などを見せたいときはポートフォリオサイト、ネットショップでアクセサリーなどハンドメイド作品を販売したいときはECサイトなど、目的に沿ったWEBサイトを立ち上げることも出来ます。

機能が足りないと思ったときは、プラグインを検索して必要な機能のみをインストールすることで、自分仕様のブログ・ホームページにカスタマイズできますし、徹底して作り替えたいときはソースコードから改変しオリジナルなWEBサイトにレベルアップも行えます。

WordPressでは、ユーザー毎に管理者権限(ユーザー権限)を設定できるので、ログイン画面からログイン後にできることを設定した権限を適用、複数人でブログ管理を実行できます。権限が強い順に「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」の5つがあり、ワードプレス管理画面のユーザーページで設定・変更ができます。

そして、情報発信からさらに発展して、WordPressで作ったブログ・ホームページ自体を収益化のためのツールとすることもできます。グーグル広告やアフィリエイト広告を掲載し、人気記事の作成やSEO対策を施して継続してブログ収入・収益を上げる等、ブログをビジネス化しているWordPressユーザーも数多くいらっしゃいます。

WordPressに向いている方

WordPressはこんな方に向いている

数多くのメリットがワードプレスにあることは分かりました。
ワードプレスを利用してブログ・ホームページを始める・運用するのに向いている方は以下の通りです。

  • ブログ・ホームページにあまりお金をかけたくない個人・企業
  • 時間をかけず早くブログ・ホームページを始めたい個人・企業
  • WordPressを学んでスキルアップする意欲がある
  • 自分・自社である程度自由にブログ・サイトを運用・更新したい
  • デザイン性の高いホームページを作りたい・運用したい
  • 機能性の高いホームページを作りたい・運用したい
  • 運用途中で機能追加を無料や低料金で実施したい
  • 社内にWEBに詳しい技術者がいない・デザイナーがいない
  • 外注化する資金が無い・費用を極力節約したい

WordPressに向いていない方

逆に、以下のような方はWordPressでのサイト開始・運用は難しいでしょう。

WEB制作会社に依頼する、社内スタッフに任せる等、社内外の人材やサービスを活用して運用することを検討しましょう。

  • ホームページやSNSを全く触ったことが無い超初心者
  • WordPressやITについて学ぶつもりは全くない
  • ある程度の費用を払ってでも立ち上げや運用を任せたい
  • 社内に技術者・デザイナーがいて独自システムを開発・運用できる
例えば、他の会員サイトに簡単にログインできないなど、ネットのことがほとんど分からない方以外は、ほぼすべての個人・企業はWordPressを利用するのに適しています。一方で、セキュリティリスクを避けるために超初心者、WordPressについて調べること・学ぶことを絶対にしたくない方、逆に自社でサイト制作ができ、CMSも開発できる高い技術力を持つか、外注できる豊富な予算がある企業は、あえてWordPressを利用する必要が無い、と思われます。
解説です
解説です

あわせて読みたい

WordPressの始め方

固定ページと投稿ページの違いといったWordPressの基本を理解した後は、ワードプレスによる具体的なブログやホームページの作り方・使い方を知ることが大切です。「WordPressの始め方」では、始める2つの方法やインストール・初期設定・編集方法など詳しく解説しています。WordPressを使っているサイトの見分け方もあります。

詳しくはワードプレスの始め方へ

ワードプレスで始める自分でサイト制作
参考WordPressの始め方 ワードプレスでホームページ作成、サイトブログの作り方

「WordPressを始めてみたいけど難しそうで」「自分でブログやお店などのホームページを作成できるか不安」「パソコンとスマホ向けサイトを別々に作る余裕がない」「有名人がやっているようなかっこいいサイ ...

続きを見る

WordPressで収入を増やす

WordPressでは、ブログで情報を配信できるほか、広告などを掲載して収益を上げることもできます。WordPressで収益化するために必要なもののうち、代表的なアフィリエイトについてビジネスの仕組み、記事の書き方や心構えなど必要な情報を詳しく解説しています。

詳しくはアフィリエイトの始め方へ

ワードプレスでアフィリエイトを始める
参考ブログ収入を得る方法:初心者向けワードプレスでアフィリエイト広告の始め方

ビジネスマンやサラリーマン・学生や主婦など女性の方にも副業・サイドビジネスが注目されています。 YouTube収益やnoteの広告収入・投げ銭・有料記事販売などが広がっている中、初期投資がほとんどかか ...

続きを見る

無料レンタルサーバーを比較する

ワードプレスを始める時に必要なレンタルサーバーのうち、0円で利用できる無料サーバー・共用レンタルサーバーやホームページサービスをまとめて比較しています。

詳しくは比較ページへ

無料レンタルサーバー比較おすすめ
参考無料レンタルサーバー比較/違い(ブログ/WordPress/CMS):おすすめ個人法人用

ブログやホームページを始めたいけど、最初からサーバー代金を支払いたくない、安い価格がいい、まずはやってみて試してみたい、無料でホームページを作る方法を知りたい、サーバーを自作するほど技術力が無いという ...

続きを見る

有料レンタルサーバーを比較する

広告を表示したくない、より高い機能が必要、高速表示をしてSEO対策を行いたいときは有料レンタルサーバーがおすすめです。国内の代表的なサービス、例えば「ロリポップ!」や「さくらのレンタルサーバ」、「Xserver」(エックスサーバー)などWordPressが利用できる有料レンタルサーバーの機能や料金プランなどを比較しています。さらにサービスごと個別解説ページで機能・料金表・支払い方法など詳細を確認できます。

詳しくは比較ページへ

レンタルサーバーおすすめ比較表・早見表(WordPress対応共用サーバー)
参考レンタルサーバーおすすめ比較表:人気ランキング/初期無料/料金/WordPress

共用レンタルサーバーを利用したいけど有料サービスは数が多くてどこがいいのか分からない、絞り込めない、有名なサービスや信頼できるブランドを1ページで並び替えなどで比較したい、共用レンタルサーバーの選び方 ...

続きを見る

無料テーマを比較する

WordPressを初めて触る、ブログを立ち上げる時、費用をかけずに無料のワードプレステーマでスタートしたい方も多いのでは。無料テーマ比較ページでは、利用者が多く評判の高い無料WordPressテーマを1ページにまとめて比べています。事例もありますので早速ダウンロードして始めるには便利です。

詳しくは比較ページへ

【有料・無料】速い・おしゃれ・収益が上がるおすすめWordPressテーマ20選+α
参考無料WordPress(ワードプレス)おすすめ人気テーマ:デザイン・初心者・速い

企業サイト・日記や雑記など個人ブログ・アフィリエイトサイトなどを立ち上げるには、その基礎となるWordPressと、もう一方の車の両輪でもあるツールとしてテーマ(テンプレートとも言います)が欠かせませ ...

続きを見る

有料テーマを比較する

無料テーマでは難しかった、洗練されたおしゃれなサイトを作りたい、機能が豊富なブログを運用したいときは有料テーマがおすすめです。様々なワードプレス有料テーマ・テンプレートのうち、人気テーマや実績のあるタイトルの違いなど比較しています。各テーマを利用したブログ例・参考サイトなど確認できるものもあります。

詳しくは比較ページへ

【比較】ワードプレステーマ・テンプレート比較一覧表(有料テーマ版)
参考WordPress有料おすすめテーマ比較: 価格機能デザインで選ぶベストテンプレート

ブログやホームページ制作を無料テーマや自作テーマで始めたものの機能が物足りない、表示速度が遅いなど様々な問題が出てきます。「表示を早くする」「検索で上位になる」「スマホでキレイに見える」など、ブログや ...

続きを見る

まとめ

ワードプレスは、世界中の開発者がボランティアなどで参加し、誰でも無料で利用できるオープンソースプログラムです。かつては、数十万~数百万かけて開発したCMSレベルの機能が無料で使えて、しかもプラグインで機能アップ、テーマでブログデザインも好みに合わせて公開できる優れものです。

学んで触って始める

慣れれば初心者でも使えるCMSでブログを無料開設できますが、最初は機能の多さや管理画面の操作を覚えるのが大変という面もあります。当サイトではワードプレスについて詳しく解説をしていますし、ネット上や本でもマニュアルがあり、ワードプレスを学べる機会は豊富にあります。

まずは、無料のレンタルサーバーやワードプレステーマを触ってみて、WordPressブログの立ち上げを始めてみること、そして自分に向いている、使えそうだ!と感じたら、さらに情報を集めて細かく設定してみる、という流れでワードプレスに親しんでいけば、自然とブログ・ホームページ運用ができるようになるでしょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトはホスティング業経験から、レンタルサーバー・ドメイン・ワードプレステーマ/テンプレートを中立の視点から比較評価し、始める・切り替える方の立場に立った情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て2000年 動画配信レンタルサービス「ストレン」起業、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用・PR等に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意の上、上場企業へユーザー移行後に同ビジネス終了、以降はITコンサルティングとして支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)