Envato market(エンバトマーケット)~世界最大級のWordPressテーマ販売サイト

WordPressテンプレート envato market

商品名料金ライセンス形態
複数テーマ有$2~$129前後1ライセンスにつき
1サイト利用可

こんな方におすすめ

  • 価格を抑えて洗練されたテーマを利用したい
  • 数多くの中から選びたい、目新しさ・斬新さが欲しい
  • 英語のテーマ購入が苦にならない、利用に問題ない

 

英語版公式サイトへ(購入はこちら)

 

WordPressによるブログや企業サイト、ネットショップが増えるにつれて、より細かいニーズに対応し洗練された数多くのWordPressテーマが求められています。

国内のWordPressテンプレートにない機能やデザイン、そして価格の安さから海外系WordPressテンプレート販売サイト、その中でも世界最大級の販売数を持つ「Envato market」(エンバトマーケット)に注目が集まっています。今回は「Envato market」について分かりやすく解説します。

 

Envato marketとは?

2006年オーストラリアのシドニーで起業したEnvato(エンバト)は、世界でデジタルアセット(写真や動画・音楽など素材として利用できるデジタルコンテンツなど)を販売しており総収入10億ドル以上、毎年200万ユーザーが増加している世界最大級の企業に成長しています。

Envato marketEnvatoは「Envato market 公式英語サイト」など各種マーケットを運用しており、その中のWordPressテンプレート販売ブランドである「ThemeForest」では、WordPressテーマの販売数世界最大級を誇っています。各ジャンルごとに適したWordpressテーマを1万種類以上リリースしており、中心価格帯が30ドルから60ドル(1ドル=110円換算で3,300円~6,600円)とリーズナブル
海外製のテーマはデザイン性が高く、ファッショナブルなものも多いので、メインサイトはもちろん、サブサイトなどに利用できる豊富なテーマをラインナップしています。

WordPressテンプレート envato market 販売商品イメージ

引用:Envato market 以下複数素材

 

ココがポイント

Envatoが運営する似たマーケットで「Envato Elements」がありますが、これは月額16.5ドルからの月額制(サブスクリプション)マーケットです。WordPressテンプレートもありますが、Envato marketより数は少なくなります。

 

知っておきたいポイントや特徴は?

Envato market 公式英語サイト」には、1万種類以上のWordPressテンプレートがありますので、個人ブログや企業・ビジネスサイト、ネットショップ等様々なカテゴリーで利用できます。

なお、Envato marketで購入する場合、知っておきたいことはライセンスです。
基本的にはレギュラーライセンス(Regular License)では1サイト利用可で、複数サイトで利用する場合にはエクステンドライセンス(Extended License)が必要です。

ココがポイント

WEB制作会社などが有償で受注し、サイト制作をすることはできます。ただしクライアント1社のみ可能で複数社では利用できません。事前にライセンスには気を付けておきましょう。

 

購入の流れ

step
1
公式サイトにアクセスしカテゴリーから選ぶ


Envato market 公式英語サイト メニューを選択

 

Envato market 公式英語サイト」にアクセスし、「Web Themes & Templates」直下の「WordPress」にマウスを重ねると、カテゴリー別のメニューが表示されます。関心のあるカテゴリーをクリック・タップしてテンプレートを見てみましょう。

 

テンプレート主要カテゴリー一覧

主なカテゴリーです。日本の分類ではあまり見ないカテゴリーもあります。

カテゴリー(英語)カテゴリー(日本語・意味)
Popular Itemsベストセラーテーマ
Blog & Magazineブログ/マガジン
BuddyPressコミュニティプラットフォーム
Corporateコーポレート・企業
Creativeクリエイティブ
Directory & Listings地図・検索サイト
eCommerceECサイト
Education教育
Elementorページビルダー系テーマ
Entertainmentエンターテイメント
Mobileモバイルサイト
Nonprofit非営利団体・NGO・公共団体
Real Estate不動産
Retail小売・オンラインストア
Technologyテクノロジー/IT
Wedding結婚式・ブライダル
Miscellaneousその他

 

例として、カテゴリーからクリエイティブ(Creative)を選択してクリック・タップします。適したテンプレートが、「ベストセラー」「40ドル以下の話題作」など分野ごとに表示されます。

Creativeを選択

カテゴリー クリエイティブを選択した例

 

step
2
購入

WordPressテンプレート envato market  購入の流れ

 

Envato market 公式英語サイト」各カテゴリーで気になるテンプレートを見つけたら、クリック・タップで各商品サイトにアクセスします。
商品ページ上部では、その商品の評価レビューコメント販売数を確認できますし、ページ全体で商品の詳細な説明・更新履歴が記述されています。
Preview Item」で事前にテンプレートでどのように見えるか、などの確認も行えます。

購入が決まりましたら、ページ右上の「ライセンス」と「料金」を確認して、有料サポートが必要な場合はチェックを入れてください。基本的には作者がサポートを提供することとなります。「Add to Cart」をクリック・タップします。

 

テンプレートをカートに入れる

 

カートに入っていることが確認できましたので「Go to Checkout」をクリック・タップして、次に進みます。

 

step
3
アカウント登録


アカウント登録

 

決済前にアカウント登録を行います。氏名とメールアドレスを入力し「Next」をクリック・タップします。すると、同一ページ下部にユーザーネーム登録画面が表示されます。

 

ユーザー名など登録

 

任意のユーザーネームとパスワード、そして「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「Create account & continue」をクリック・タップして次に進みます。

 

請求情報登録

 

アカウントが作成されましたので、次に住所などの情報を登録します。入力後、「Save & continue」をクリック・タップします。

 

step
4
決済


決済を行う

 

支払いは、VISA/MASTER/AMEXのクレジットカードのほか、PayPalで決済ができますので、必要事項を入力して「Pay Securely」をクリック・タップし支払いを完了します。
決済後にテンプレートファイルをダウンロードして早速活用しましょう。

 

なお、アカウントを画面右上「Sign in」から事前登録しておけば、決済時でのアカウント登録作業の必要はありません。

ネットでの購入に慣れている方でしたら、問題なく手続きを進めることができます。初めての方でも、流れに沿って進めれば簡単なので、今後もネットで素材を仕入れる可能性がありましたら一度トライすることをお勧めします。

もっと詳しく

 

理解の手助け~日本語ページ

WordPressテンプレート envato market  日本語ページEnvato market 公式英語サイト」で商品の閲覧・購入ができますが、Envato marketについて日本語で読んでみたい、という方に日本語ページが公開されています。
現在のところ1ページのみで、マーケットについての説明やよくある質問が日本語で記述されており、日本語で商品の購入はできません

 

ざっと理解するには日本語サイトがあるとありがたいですね。このページで概要をつかんで、英語サイトでWordPressテンプレートを細かく見て購入する、ということもありでしょう。
注目です

 

まとめ

Envato market 公式英語サイト」では、膨大な数のWordpressテンプレートを選び購入することができます。Envato marketの要点をまとめてみました。

 

  • テーマの単体購入はEnvato market、サブスクはEnvato Elements
  • 取扱数は10,000以上。カテゴリーは多彩、決済はカード/paypal
  • 平均価格帯は30~60ドル(3,300円~6,600円)
  • ライセンスは1サイトのみで利用可。商用・有償で制作代行OK
  • 日本語サイトでテーマ購入はできません

 

評価で選ぶ」、「新着から選ぶ」、「売り上げ順位から選ぶ」など、様々な並び替えができますので、好みやニーズに合ったテンプレートを探し出して、早速インストールしてはいかがでしょう。
いままで自らになかったデザイン性や機能などを新発見して、これまでにない表現が生み出せるかもしれませんよ。

 

英語版公式サイトへ(購入はこちら)

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。