動画活用法 ~タグ付けや感情分析など外部新サービスと組み合わせ利用する~

動画活用法 ~タグ付けや感情分析など外部新サービスと組み合わせ利用する~

出典:MIL株式会社

 

5G時代には動画制作ビジネス環境も大きく変わることが予想されます。高画質化はもとより、ITビジネスにおいては高機能を追加する今まで分析できなかったデータを基に動画を再構築するなど新しいアプローチも求められています。今回は、動画をさらに活かすためのポイントや注目のサービスを解説します。

 

EC/ネット通販分野での動画活用

動画活用 ECやネット通販で活用する

EC、いわゆるネット通販が急拡大していますので、商品の魅力やブランドを知ってもらう、また操作が必要な家電などでしたら、使い方を伝える等動画の活躍の場は増えています。

自社サイトやECサイトで動画を配信する、そしてYouTube、TwitterなどのSNSで露出を増やす、さらにグーグルマイビジネスにも動画が投稿・公開できるようになりましたので、動画で集客するという役割が大いに高まっています。

さらに、下記で紹介する動画のインタラクティブ化では、動画内のボタンをタップすれば任意のページやコンテンツを表示することができますので、ネットショッピングを筆頭に動画の活用の幅が大きく広がります。

動画は滞在率を高めるのに有効ですので、サイトの滞在時間を長くすることで検索エンジン対策としても役立つと考えられています
解説です

 

動画にタグ付け・インタラクティブ化で高機能化

動画活用法 ~タグ付けや感情分析など外部新サービスと組み合わせ利用する~

動画を制作し、動画単体で配信するという考えをさらに発展させ、インタラクティブ動画プラットフォーム企業と提携し、制作した動画をインタラクティブ化する、企業にPR&マーケティング用に活用してもらうというアイデアを実現するサービスがあります。

MIL株式会社が提供するMILでは、制作した動画をMIL上でタグ付けし、動画をタップするとEC画面や事前に作成したコンテンツが表示される、あるいはタップするとストーリーが変わる動画を表示できるなど、「ユーザーに行動を促す」インタラクティブな仕掛けが可能になります。

動画内のタグをクリック・タップする

動画内のタグをクリック・タップすると・・・

 

 

表示させたいコンテンツが現れ、ビジネスに貢献

指定のコンテンツやフォームを表示できます
出典:MIL株式会社

また、データを取ることで、ユーザーの行動分析が可能となり、CV(コンバージョン)を向上させるなど、売り上げに直結する動画マーケティングを行えます。

さらに2020年4月27日に動画制作会社向け「MIL Create Partners」の提供を開始していますので、審査があり有償ではありますが動画制作ビジネスに付加価値をプラスする材料の一つとなります
もっと詳しく

 

感情分析で動画を再構築

動画検証ツール「PlayAds byGMO」

出典:PlayAds

 

2020年3月にリリースされたサービス「PlayAds byGMO」は、動画閲覧者の「感情」を可視化する動画検証ツールです。

特許申請中の国内初「感情取得技術」で動画を閲覧した視聴者の反応、特に感情や理性といった今までは可視化できなかったデータを取得することができ、さらに、GMOリサーチ提供のリサーチパネル「JAPAN Cloud Panel」と連携することで、年齢や居住地といったセグメントごとのリサーチも可能となり、動画の効果・分析という問題点を解消する一助となるサービスです。

人間の感情面から動画を分析することで 営業的には動画活用をセットで促す、制作会社としては分析して感情面を配慮した制作ノウハウを蓄積し、動画の再構築・再制作を繰り返し他社との差別化を目指します。

制作した動画を事前に検証し、その分析を基に動画を作り直すことがポイントです。一般公開した動画の感情分析ができるということではありません
注目です

 

まとめ

ポストコロナでも成長が見込まれるEC分野での動画活用や、タグ付けや感情分析で右脳左脳のいずれにも対応したきめ細やかな動画を市場で活用することが重要です。
情報量が多いものの、ある程度視聴時間が縛られる動画を機能などをプラスすることで、ハードルの低いメディアに変え、さらにWEBサイトを活性化する材料にしてください。

 

© 2020 ストリームレンタルドットコム