【特集記事】エックスサーバー vs エックスサーバービジネスを比較する

【特集記事】エックスサーバー vs エックスサーバービジネスを比較する

WEBサイトをビジネスで利用するため、高速表示ができるレンタルサーバーのニーズが高まっており、さらに昨今では新規のみならずサーバーの見直しによりサイトの引っ越し・移行が増加しています。
国内トップクラスのシェアを獲得している「エックスサーバー」は高速表示に定評があり、さらにビジネスユースに特化した「エックスサーバービジネス」もその信頼性の高さから徐々に利用者を増やしています。当特集では、両サービスの機能の違いなどの比較を行い、自社のビジネスに向くレンタルサーバーはどちらかを分かりやすく解説します。

 

対象のユーザー・読者

  • よりコストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを探している企業の方
  • 高速表示でユーザビリティを高めたい、SEO対策を手軽に行いたい
  • コストをかけてもサポートやセキュリティを重視したい、信頼性を高めたい

 

 

 

エックスサーバーにはどんな種類のサービスがある?

高速サーバーとして定評のあるエックスサーバーは、2004年創業の大阪府大阪市北区に本拠を置くエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

大きく分けて一般的なレンタルサーバーエックスサーバー」、「エックスサーバービジネス」(共用・専用)と、最新環境に特化したレンタルサーバーwpX シン・レンタルサーバー」の3種類。
そしてWordPressに特化したレンタルサーバーwpX Speed」の合計4種類のレンタルサーバーがあります。

  • エックスサーバー サイトなど一般的な企業用途
  • エックスサーバービジネス セキュリティやサポート機能を高めた一般的な企業・公的団体用途
  • wpXシン・レンタルサーバー 最新環境でテスト用途や検証を行いたい個人・企業用途
  • wpX Speed WordPressのみ利用したい、高速表示させたい個人・企業用途

 

さらにエックスサーバービジネスには、共用サーバーと、サーバー1台を占有して利用できるマネージド専用の2種類があることに注目です。

wpXシン・レンタルサーバーは、サーバーが最新環境のため対応していないソフトやテンプレートがあること、wpX SpeedWordPressしか利用できませんので、一般的なエックスサーバーエックスサーバービジネス(共用)で当ページでは比較を行っています。

注目です

 

wpXシリーズはサイト内解説ページで詳しく
wpX シン・レンタルサーバー
wpX シン・レンタルサーバー ~高速性と新技術の革新的レンタルサーバー~

2021年5月31日サービス開始の「wpxシン・レンタルサーバー」。安定性の「エックスサーバー」に対して、当サービスは最新技術を導入し高速化を実現、共用サーバーでありながらリソースが他のユーザーの影響 ...

続きを見る

wpX Speed ~国内No.1の表示速度を実現したクラウド型レンタルサーバー~
wpX Speed ~超高速表示を実現したWordPress専用レンタルサーバー~

高速表示で検索エンジン対策に強いWordPress専用高速レンタルサーバー。 初期費用無料・最低期間なし・時間単位の課金と、オールフラッシュNVMeで従来より16倍の高速化を実現しました。(税込表記) ...

続きを見る

 

エックスサーバー・エックスサーバービジネス共通の特徴は?

エックスサーバー・エックスサーバービジネス共通の特徴

それでは最初に、「エックスサーバー」、「エックスサーバービジネス」の共通する特徴を見てみましょう。3つの大きなポイントがあります。

  1. 高速環境・技術の導入 nginxやXアクセラレータVer.2など高速化技術の導入
  2. シンプル操作・簡単な管理画面 すぐに始められる簡単さ・分かりやすさ
  3. 安心のサポート体制 メール・電話でサポートが受けられる

 

 

高速環境・技術の導入

エックスサーバーは高速表示・高速技術には他社サービスと比べても一日の長があり、「エックスサーバー」、「エックスサーバービジネス」ともに高速化のための新技術などを導入しています。

 

主な高速技術
  • 大量の同時アクセスの処理に最適化された静的コンテンツの配信に特化したWebサーバー「nginx
  • PHPやWordPressの処理速度を大幅に向上させた「xアクセラレータVer.2
  • 高速・安全にデータを書き込めるストレージ「SSD/NVMe RAID10構成
  • 最新高性能サーバーを導入し、稼働率99.99%以上の「高可用性
  • サーバーは国内設置・国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結している質の高い「ネットワーク環境

 

エックスサーバーのサーバースペックが48コアCPU&512GBメモリ、エックスサーバービジネスのサーバースペックが24コアCPU&256GBメモリ(2021/9/3時点)と、ややエックスサーバーが上回っていますが、共用サーバーの収容人数ではエックスサーバービジネスの方が少ないと思われますので、ほぼ同等のパフォーマンスを実現できるのでは、とみています。利用に当たってはこの点も考慮に入れておきましょう。
注目です

 

シンプル操作・簡単な管理画面

エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)はとてもシンプルで初心者でも利用しやすく設計されており、直感的に操作できます。メールアドレスの発行や、バックアップ、データベースの作成、アクセス制限、サイト転送設定など多様な機能の設定・変更を行えるので集中的なサイト管理が可能となります。

 

安心のサポート体制

エックスサーバーでは、24時間365日メールでのサポートが受けられますので、休日や夜間に相談できる安心感があります。また、平日限定ですが電話サポートもありますので、より細かい支援を受けることも可能です。電話サポートは、オプションではなく基本サービスなのでとても便利です。

エックスサーバーのサポートは、外注化されておらず自社で運営していることが強みです。エックスサーバーサービスに精通したサポートスタッフですので、困ったときにも相談しながら安心した運営ができますね。
解説です

 

共通の特徴一覧表

それでは「エックスサーバー」、「エックスサーバービジネス」の共通の特徴を分かりやすいように一覧表にまとめます。

項目機能エックスサーバーエックスサーバービジネス
スペック関連プランX10B10
形態共用サーバー共用サーバー
月額料金 *11,100円4,180円
ディスクスペース300GB300GB
xアクセラレータVer.2
nginx(エンジンエックス)
稼働率99.99%以上
セキュリティ関連WAF
メールセキュリティ
無料独自SSL
サーバー設置場所日本国内日本国内
サポート関連自動バックアップ
電話サポート
メールサポート

2021年9月3日更新
*1 月額料金は12か月契約の1か月分、税込み表示

価格に違いはありますが、機能・セキュリティ・サポートは同等です。
なお、エックスサーバーは頻繁にセールを行っていますので、期間中の割引を見て契約するのも一つの方法です。

開催中のキャンペーン情報は

レンタルサーバー得するキャンペーン情報
得する最新キャンペーン情報 ~割引・初期費用・手数料OFF・サービス追加など

レンタルサーバーサービス(共用サーバー・VPS・専用サーバー)や関連するサービスのセールやキャンペーン、お得情報をまとめてお伝えします。 一年を通して、各社キャンペーンを行っていますので、契約の時期に ...

続きを見る

 

エックスサーバーとエックスサーバービジネスの違い

エックスサーバーとエックスサーバービジネスの違い

エックスサーバー」、「エックスサーバービジネス」の大きな違いは「エックスサーバービジネス」には法人向けセキュリティ・サポート・サービスがさらにプラスされていることです。
その違いを抜粋して一覧にしてみましょう。

異なる特徴一覧表

項目機能エックスサーバーエックスサーバービジネス
サービス関連永久無料ドメインプレゼント△ *1
モリサワ書体のwebフォント△ *2
ホームページ無料制作×
SLA(品質保証制度)×
セキュリティ関連オプション独自SSL△ *3
セコムセキュリティ診断×
Web改ざん検知×
管理者ユーザー設定×
サポート関連
設定代行サービス
サーバー移転△ *4
CMSインストール△ *4
メールアドレス作成△ *4
独自ドメイン設定△ *4
サブドメイン設定△ *4
サーバーのデータ削除△ *4

*1 エックスサーバーはキャンペーンなどにより対象ドメインが異なる場合あり。
*2 エックスサーバーは基本PV 75,000/月。エックスサーバーは無制限。
*3 エックスサーバーは「企業認証SSL」「EV SSL」非対応
*4 エックスサーバーでは各作業を有料で代行

 

サービス関連では、安定稼働を保証するSLAがエックスサーバービジネスのみに設定されています。また、サイトがない場合は無料で作成してくれるホームページ無料作成サービスも利用することができます。
セキュリティ関連では、サイトの改ざんについて診断を基本サービス内で行ってくれますので、ユーザーに対して信頼性を高めることができます。
サポート関連では、主にサーバー初期設定に関する作業を代行してもらえますので、技術者や管理者がいない企業などには利用価値があります。

このように、エックスサーバーには無く、エックスサーバービジネスのみに有る特徴をよく確認して、自社にメリットがあるかどうかチェックしてみましょう。

 

エックスサーバー・エックスサーバービジネスをサイト内解説ページで詳しく

レンタルサーバー エックスサーバー
エックスサーバー ~高速・多機能・復元無料の共用レンタルサーバー~

“高速サーバー”と言えばエックスサーバーの代名詞です。 XアクセラレータVer.2などPHP高速化対応、Webサーバーにnginxを導入しさらなる高速化・多機能を追求しています。 (*12か月契約の1 ...

続きを見る

レンタルサーバー エックスサーバービジネス
エックスサーバービジネス~高いビジネス耐性と表示速度向上の共用サーバー

高速・多機能サーバーのエックスサーバーに、無料設定代行など信頼性を高めた法人向け共用レンタルサーバーです。 *月額費用は36カ月契約の場合の月単価、税込金額。 対象ユーザー:中級/上級 初期費用 月額 ...

続きを見る

 

まとめ

ここまで「エックスサーバー」と「エックスサーバービジネス」の比較などを行いました。
いずれも高速表示、管理画面の操作性など機能面は充実しており、長年の運営実績で安定性は確保されています。

一般的な運営には「エックスサーバー」、さらにサポートやセキュリティの確保が必要な場合は「エックスサーバービジネス」と、自社のニーズに合わせてレンタルサーバーを利用するよう心がけることで、必要以上にコストをかけることなく、売り上げやブランディングにいい結果が得られる確率が高くなります。

 

 

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。