エックスサーバーでサイトを構築する~WordPress/SSL設定~

レンタルサーバーエックスサーバーとは?

エックスサーバーに申し込みを済ませたら、サーバー設定を行います。必須のSSL設定とWordPressインストールなどをサーバーパネルにアクセス・ログインして実施します。

SSL設定を行う

申し込み後に送付されたメールに記述されている「サーバーパネル」アドレスにアクセスします。
サーバーパネル」タブを選択しサーバーID、サーバーパネルパスワードを入力しログインします。

レンタルサーバー エックスサーバー サーバーパネルログイン画面

サーバーパネル」画面が表示されます。ここで、所定の設定を行うこととなります。

レンタルサーバー エックスサーバー サーバーパネル画面

それではSSL設定を行いましょう。「ドメイン」→「SSL設定」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー SSL設定

SSL化したいドメインを選択します。
今回は、初期設定の共有ドメインにSSLを設定しますので、「選択する」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー 対象ドメインを選択する

独自SSL設定追加」タブを選択し、表示されるドメインの中から該当のドメインを選びます。
次に「確認画面へ進む」をクリックします。
CSR情報」は、特に変更の必要はありませんが、要望に応じて選択し修正してください。

レンタルサーバー エックスサーバー 独自SSL設定追加

ドメインに問題なければ「追加する」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー 独自SSL設定追加をクリック

設定が完了すると、「SSL用アドレス」をクリックすればSSL化されたサイトが表示されるようになります。

レンタルサーバー エックスサーバー 独自SSLアドレス表示

WordPress設定を行う

次にWordPressをインストールして、サイト構築を行います。
サーバーパネル画面トップページに戻り、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー Wordpress簡易インストールを選択

WordPressをインストールするドメインを選択します。
今回は、先ほどSSL化した共有ドメインを選択します。

レンタルサーバー エックスサーバー WordPressをインストールするドメインを選択

「WordPressインストール」を選択し、各設定項目を入力します。
問題なければ「確認画面へ進む」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー WordPress設定

次に表示される確認画面で問題なければ「インストール」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー WordPressインストールをクリック

インストールが終了すると完了画面が表示されます。
WordPress管理画面は、「管理画面URL」をクリックして開きます。

レンタルサーバー エックスサーバー WordPressインストール完了画面

設定したID、パスワードでログインし設定を進めましょう。

レンタルサーバー エックスサーバー WordPressログイン画面

まとめ

エックスサーバーは、サーバーパネルで簡単にSSL設定とWordPressインストール作業が行えます。10日の無料お試しがありますので、ドメイン設定やセキュリティ設定、メールアカウント作成など様々な確認を行って導入可能かどうか検討を進めましょう。

エックスサーバーの価格・性能について

レンタルサーバーエックスサーバー
エックスサーバー ~高速・多機能・高安定の共用レンタルサーバーがMySQLデータベース数無制限に~

対象ユーザー:中級/上級 “高速サーバー”と言えばエックスサーバーの代名詞です。 XアクセラレータVer.2などPHP高速化対応、Webサーバーにnginxを導入しさらなる高速化・多機能を追求していま ...

続きを見る

お試し申込みについて詳しく

レンタルサーバーエックスサーバー
エックスサーバーの試用期間は10日間、無料で利用できる

高速レンタルサーバーの代表格「エックスサーバー」は、サーバー見直しの時には検討対象になる筆頭格のサービスです。 10日間の無料お試しができますので、今回はその申し込み方法を解説します。 公式サイトから ...

続きを見る

 

 

© 2020 ストリームレンタルドットコム