カラフルボックスでサイトを構築する~SSL・WordPress設定~

2020年3月8日

レンタルサーバーカラフルボックスとは?

Wordpress低価格の高速レンタルサーバー「カラフルボックス」に申し込みをした後は、WordPressでサイト構築を行います。カラフルボックスの管理画面は、世界で利用されているグラフィカルなデザインの「cPanel」で提供されていますので、WordPressの設定などはcPanelを操作することになります。

それではサイトを始めるまでの手順を解説します。

サイト暗号化-SSLについて

セキュリティカラフルボックスのSSLには大きな2つの特徴があります。

1:COMODO社のSSL証明書を利用できる

通常は、ドメイン認証タイプで年間1万円程度かかるCOMODO社のSSL証明書が、カラフルボックスでは無料で利用できます

2:初期設定でSSLが自動設定される

HTML形式で作成しアップロードし公開するタイプのホーページでは、特にSSL設定をする必要はなく、初期設定(独自ドメインの場合はドメイン設定)のみで、SSL対応したサイトを利用することができます

なお、WordPressでSSLを利用する場合には、作業がありますので後ほど解説します。
もっと詳しく

WordPressのインストール

管理画面「cPanel」にアクセスします。

レンタルサーバーカラフルボックス コントロールパネルにログイン

ログインして、管理画面を表示します。

レンタルサーバーカラフルボックス コントロールパネルにログイン後

管理画面の下部にある「Web Applications」内にあるWordPressをクリックします。

レンタルサーバーカラフルボックス コントロールパネルでWordPressを選択

次に「+このアプリケーションをインストール」をクリックします。

レンタルサーバーカラフルボックス WordPressをインストールをクリック

インストール設定を行います。
WordPressをインストールするドメインを選択します。今回は、共有ドメインを選択しています。

レンタルサーバーカラフルボックス WordPressをインストールするドメインを選択

使用許諾や、アップデート・自動更新・バックアップ関連の設定を行います。

レンタルサーバーカラフルボックス 更新設定など

WordPressのログインIDやパスワード、ログイン回数などのセキュリティ設定を行います。なお、タグラインとはサイトの簡単な説明のことです。

レンタルサーバーカラフルボックス ログインIDなど設定

設定ができましたら「+インストール」を実行します。

レンタルサーバーカラフルボックス インストールを実行します

インストールが完了し、公開サイトアドレスWordPressログイン画面が表示されます。

レンタルサーバーカラフルボックス インストール完了

WordPressログイン画面にアクセスし、設定したID・パスワードでログインします。

レンタルサーバーカラフルボックス WordPressにログインする

WordPressのSSL設定を行う

WordPressの設定

次に、WordPress常時SSL化設定を行います。
WordPressにログインして、「設定」→「一般」を開きます。

WordPressアドレスと、サイトアドレスのhttp://をhttps://に変更します。

レンタルサーバーカラフルボックス WordPressを常時SSL化

変更を保存」をクリックします。

レンタルサーバーカラフルボックス 設定変更を保存

cPanelの設定

WordPressインストール時に、http://~と非SSLサイトアドレスを選択した場合、管理画面でファイルの保存場所などを変更する場合があります。

cPanelにログインし、ソフトウェアの「Installatron Applications Installer」をクリックします。

レンタルサーバーカラフルボックス Installatron Applications Installerを選択

インストールしたWordPressの設定画面が表示されます。
マイ・アプリ→②表示/編集詳細アイコンをクリックします。

レンタルサーバーカラフルボックス WordPressの設定を変更する

①「高度な」→②場所のURLで、http://~をhttps://アドレスに変更し「全て保存」をクリックします。

レンタルサーバーカラフルボックス SSLアドレスに変更し保存

リダイレクト設定

http://~にアクセスした場合、自動的にhttps://~サイトに転送するリダイレクト設定を行います。

1:プラグイン Really Simple SSLを新規インストール・有効化します。

レンタルサーバーカラフルボックス プラグインReally Simple SSLインストール

2:「はい、SSLを有効化します。」をクリックで設定完了です。

レンタルサーバーカラフルボックス SSLを有効

これでリダイレクトにより、サイトへのアクセスがhttps://~に一本化できますよ。また内部リンクも、http://からhttps://に置き換えられますので効率的に作業が行えます
もっと詳しく

まとめ

カラフルボックス」は、世界で多く利用されているcPanelで提供されていますので、機能が豊富な反面、項目が多くやや接しにくい印象もあります。
また英語ベースですので、日本語化に課題は残りますが日々の運用には支障なく活用できます。ログなどよく使う項目を早く理解して慣れることを目指していきましょう。

お試し無料利用は30日間ありますので、管理画面に触れながら自社で活用できるか検討してはいかがでしょう。

カラフルボックスの機能・価格を詳しく


レンタルサーバーカラフルボックス
カラフルボックス ~低価格ながらHTTP/3導入でSEO対策に最適な高速レンタルサーバー~

対象ユーザー:初級/中級 2018年7月にサービス開始。ピュアSSDのRAID10構成、WebサーバーにLiteSpeedを導入し高速化に積極的。遠隔地の自動バックアップを標準搭載で安心です。 初期費 ...

続きを見る

無料お試しの申し込み方法を詳しく


レンタルサーバーカラフルボックス
カラフルボックスの試用期間は30日!無料でお試しする方法とは?

月額500円前後という低価格ながら、HTTP3対応や全てのプランでSSD採用など高速化、そして地域別の自動バックアップを行う安全性など、後発ならではの高機能が豊富にある高速レンタルサーバー「カラフルボ ...

続きを見る

 

 

 

この記事を書いた著者

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。

© 2020 ストリームレンタルドットコム