エックスサーバーの試用期間は10日間、無料で利用できる

レンタルサーバーエックスサーバーとは?

高速レンタルサーバーの代表格「エックスサーバー」は、サーバー見直しの時には検討対象になる筆頭格のサービスです。
10日間の無料お試しができますので、今回はその申し込み方法を解説します。

公式サイトから申し込む

エックスサーバー」公式サイトにアクセスし、「お申し込みはこちら>」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー公式サイトにアクセス

エックスサーバーを初めて契約するときは、「10日間無料お試し 新規申し込み」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー 申し込みをクリック

お客様情報を入力します。
サーバーIDは、大文字・記号は利用せずお好きなIDを入力します。
登録情報は、メールアドレス・登録区分・名前など個人情報を入力します。

レンタルサーバー エックスサーバー お客様情報入力1

次に、住所など入力します。
利用規約に同意し、「お申込み内容の確認ヘ進む」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー お客様情報入力2

今まで入力した契約内容や個人情報が表示されますので、確認して問題なければ「この内容で申込みする」をクリックします。

レンタルサーバー エックスサーバー お客様情報確認画面

これで無料お試し申込み完了です
無料お試し期間について詳しく確認したいときは、「無料お試し期間について」をクリックすれば説明ページが別画面で立ち上がります。

エックスサーバーは、無料お試し申し込みの時に、クレジット登録は必要ありません。本契約する場合は、支払いをもって正式契約となります
もっと詳しく

レンタルサーバー エックスサーバー 申し込み完了画面

各管理画面にログインする

登録したメールアドレスに、各情報が送付されます。

・「Xserverアカウント」会員情報登録変更など管理画面

・「サーバーパネル」WordPress設定などサーバー設定関連管理画面

レンタルサーバー エックスサーバー メールアドレスに各情報送付

ログイン画面にアクセスし、それぞれログインできるか確認します。

Xserverアカウント、サーバーパネルともにアドレスは一緒で、ログイン画面を切り替える仕様になっています。間違えないように注意しましょう
注目です

 

Xserverアカウント ログイン画面

Xserverアカウント」タブを選択してクリックしますと、Xserverアカウントログイン画面が表示されます。

レンタルサーバー エックスサーバー Xサーバーアカウントログイン画面

サーバーパネル ログイン画面

サーバーパネル」タブを選択してクリックしますと、サーバーパネルログイン画面が表示されます。

レンタルサーバー エックスサーバー サーバーパネルログイン画面

まとめ

レンタルサーバーの高速化競争は激しさを増しており、その中でもエックスサーバーは安定した強みを発揮しています。

お試し申し込みは簡単で、クレジットカード登録も本人認証も必要ありません。10日の無料お試し期間でサーバーのパフォーマンスや操作感を確認してみましょう。

エックスサーバーの価格や機能を詳しく


レンタルサーバーエックスサーバー
エックスサーバー ~高速・多機能・高安定の共用レンタルサーバーがMySQLデータベース数無制限に~

対象ユーザー:中級/上級 “高速サーバー”と言えばエックスサーバーの代名詞です。 XアクセラレータVer.2などPHP高速化対応、Webサーバーにnginxを導入しさらなる高速化・多機能を追求していま ...

続きを見る

エックスサーバーでWordPress・SSL設定する


レンタルサーバーエックスサーバー
エックスサーバーでサイトを構築する~WordPress/SSL設定~

エックスサーバーに申し込みを済ませたら、サーバー設定を行います。必須のSSL設定とWordPressインストールなどをサーバーパネルにアクセス・ログインして実施します。 SSL設定を行う 申し込み後に ...

続きを見る

 

 

© 2020 ストリームレンタルドットコム