レンタルサーバー マネージド専用サーバー さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ~マネージドサーバは専用サーバーでSSDも選べる

2019年10月19日

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバ~マネージドサーバ

共用サーバーの便利さと、管理を任せられるマネージドのメリットを兼ね備えたサービス。電話サポートも基本であり、安心して専用サーバー運用をすることができます。
(*12カ月契約の月額換算/税込)

対象ユーザー上級

初期費用 月額費用 プラン ストレージ
49,500円 12,100円 * HDDプラン 700GB

こんな方におすすめ

  • 安定・信頼できるマネージドサーバーを使いたい
  • サポートを重視している・サーバー技術管理者がいない
  • サイトの高速化も図りたい・ユーザビリティを上げたい

進化し続ける老舗のレンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ」 を運営するさくらインターネット株式会社は、関西発のスタートアップ企業として1996年創業し、その後様々な困難の乗り越え、今や東証プライム市場(旧一部)上場の大企業に成長しました。
楽天等と同時期の創業で、その後のITバブル崩壊や同業者との競争、グーグルの無料化に飲み込まれず、生き残った企業です。

さくらインターネット株式会社が提供するレンタルサーバーには、複数のユーザーが共用してサーバーを利用する「共用レンタルサーバー」と、1ユーザーが1台のサーバーを占有して利用し、技術管理はさくらインターネットが行う「マネージドサーバー」があります。
今回は、「マネージドサーバー」について解説します。

レンタルサーバー さくらのマネージドサーバー価格・機能概要表2022年

出所:さくらインターネット

注目すべき4つのポイント

さくらのマネージドサーバ」を検討するときには、4つの点を知っておきましょう。

  1. 自社運営の強み
  2. 技術者がいなくても専用サーバーが運用できる
  3. 絶え間ない新技術の導入
  4. 安心の信頼感とサポートが充実

1:自社運営の強み

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバデータセンター
*複数素材をさくらインターネットより引用

データセンターとは?

さくらのマネージドサーバ」は、自社運営のデータセンターにサーバーを収容し運用しています。
データセンターとは、震度6強の地震にも耐えうる非常用電源装置を備えた堅牢な建造物に、サーバーや各種通信機器の設置し、複数のIXや大手ISPなどと相互接続した大容量バックボーンで快適なインターネットサービスを提供する施設のことで、iDCとも言われます。

東京や大阪の複数ISPと、国内最大級の対外接続1.14Tbの大容量で接続することでネットワーク障害が発生する確率をできうる限り下げることを実現しています。

具体的なメリットは?

レンタルサーバーサービスの中には、iDCを借りてサーバーを設置しているケース、またはその企業からさらに借りて、自分のブランド名を付けて販売する(OEM)ケースもあり、中間マージンが発生し価格が割高になることもあります。

さくらのマネージドサーバ」は、iDCも自社運営ですので中間コストを削減しながら、自社運営の強みを活かし、iDC内外のインターネット・ネットワーク環境の改善や改革に自由に取り組むことができるのが、ユーザーにとって大きなメリットです。

最新のネット回線を導入できるので品質が上がり続けるということになります。
解説です

2:技術者がいなくても専用サーバーが運用できる

さくらのインターネットは、自社運用でできる限りコストを下げていますので、品質の高いサービスを低価格で提供しています。

1台を占有して利用できる「さくらのマネージドサーバ」は、自社に技術者がいない、人材募集をかけても来ないなどの場合でも、さくらインターネットが運用・管理する便利なサービスですので、共用サーバーのような手軽さと、高性能のサーバーを専有できる両面を備えています。

レンタルサーバー さくらのマネージドサーバーのメリット

出所:さくらインターネット

ストレージは容量たっぷりのHDDプランと、高速対応のSSDプランのいずれかを選ぶことができます。

料金表
  HDDプラン SSDプラン
初期費用 49,500円 60,500円
月額料金(毎月払い) 13,200円 19,800円
月額料金(年一括のひと月当たり)
(年一括料金)
12,100円
(145,200円)
18,150円
(217,800円)
月額料金(2年一括のひと月当たり)
(2年一括料金)
12,012円
(288,288円)
18,018円
(432,432円)
容量 700GB 360GB
転送量 なし
サーバー CPU Intel Xeon メモリ14GB 1台専有root権限なし
サポート 電話・メールサポート無料
運用体制 RAID1+データバックアップ
24時間365日有人監視

*料金は税込表示

機能・マネージドをさらに詳しく

運用に必要な転送量は無制限、複数サイトを立ち上げるのに必要なマルチドメインメールアドレスともに無制限
データベースも無制限、Wordpressを簡単にインストールできる「クイックインストール」も標準装備されています。
そして現在は、サイトのセキュア化が必須で、無料SSLにも対応。

難しいサイト管理はお任せで、本業に集中することができますよ
もっと詳しく
  HDDプラン SSDプラン
機能 WEBサーバー関連
マルチドメイン 無制限 無制限
コントロールパネル
SSH
CRON
モニタリングツール
FTP
WordPress
クイックインストール
独自CGI
PHPモジュールモード
PHP5/7/8
アクセス解析
アクセス制限
HTTP/2
コンテンツブースト
MySQL 無制限 無制限
無料SSL
バックアップ&ステージング
機能 メール関連
メールアドレス数 無制限 無制限
メーリングリスト 無制限 無制限
ウィルスチェック
機能 セキュリティ・サポート
WAF
Web改ざん検知 オプション オプション
メール・電話サポート

3:絶え間ない新技術の導入

さくらのマネージドサーバ」はiDCの自社運用に加え、自社開発の技術、公開されている新技術を積極的に導入しています。主な機能追加は3点です。

  • 1:高速化

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバSSDハード面では、SSD採用の高性能ハードウェアの導入・機能リニューアルにより、速度が大幅に向上しました。
またPHP7/8に加え、PHPモジュールモード対応、高速Webサーバーnginxを導入し、HTTP/2による高速通信化に対応しました。nginxとは、大量の同時アクセスの処理に最適化された静的コンテンツの配信に特化したWebサーバーのことで、各種の技術導入によりWordPressが従来より最大16倍に高速化しました。

Nginxについてさらに詳しく
Nginx採用
高速WEBサーバー NGINX(エンジンエックス)
【nginx】軽量・高速Webサーバーで高い処理能力が特徴

サイト表示の高速化が検索エンジン上位表示に影響を与えるなか、高速WEBサーバーの利用が世界で増えています。なかでも、nginx(エンジンエックス)は、2022年Netcraft社のWebサーバー調査で ...

続きを見る

コンテンツブーストとは?

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバ コンテンツブーストとは?一時的なアクセス集中やページに常時アクセス負荷がかかる場合、安定して高速表示をしたいときに役立つ機能が「コンテンツブースト」です。
最大のメリットは、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)と自動連係することで、契約しているサーバーとデータをキャッシュしている複数のCDNサーバーで分散配信し、大量アクセスにも、滞ることなくコンテンツを配信することが可能となります。

さくらのレンタルサーバが提供しているCDNサービスは「ウェブアクセラレータ」と言います。こCDNサービスを単独で利用するには複雑な設定が必要なのですが、「コンテンツブースト」は数クリックの簡単な操作で始められるのも特筆すべきポイントです。
解説です

料金・対応プラン

料金 1,100円/月 *1  無料
対応プラン
(共用サーバー)
ライト
スタンダード
プレミアム
ビジネス
ビジネスプロ
対応プラン
(マネージド)
- HDDプラン
SSDプラン
転送容量 月間300GBまで *2

*1:無料で試用利用できます。
*2:月間300GBを越える場合、従量課金5円/転送1GB

月間で300GBを越えるときは、コンテンツブーストを使い続ける(従量課金あり)従来のレンタルサーバーに戻す(従量課金なし)のいずれかが選べますので安心ですよ
もっと詳しく

利用方法

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバ コンテンツブースト利用方法2

なお、サブドメインが無いドメインさくらのDNS( ns1, ns2.dns.ne.jp )を利用していないドメインなど利用できないドメインもありますので、事前に公式サイトで確認しておきましょう。
注目です

 

  • 2:ステージング&バックアップ

新しいプラグインが公開されたけど本番サイトで適用して大丈夫?サイトの見栄えを事前にチェックしたい・・ということはありますよね。

ステージングとは、新しいレンタルサーバー契約をすることなくテスト環境が作成でき、 さらにテスト環境から本番サーバーへ公開出来る機能です。WordPressに対応していますので、アップデートやサイトの改修時等、便利に利用できとっても重宝します。

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバステージング

さらに、まさかに備えて最大8世代バックアップも対応。
いずれも利用料金は無料です。

  • 3:モリサワWebフォント

プロも使用しているフォントの有名企業「株式会社モリサワ」の Webフォントをマネージド専用サーバーでは月間PV無制限で、33書体利用できます。 デザインがより豊かになりますし、テキスト化でSEOでも有利になることも。 利用料金は無料。

明朝体 リュウミン R-KL / リュウミン M-KL / 見出しミンMA31 / A1明朝 / しまなみ
ゴシック体 新ゴ R / 新ゴ M / ゴシックMB101 B / 見出しゴMB31 / ナウ-GM
丸ゴシック体 じゅん 201 / じゅん 501 / 新丸ゴ / ヒラギノ丸ゴ W4
デザイン書体 フォーク R / フォーク M / 丸フォーク R / 丸フォーク M / カクミン R / 解ミン 宙 B / シネマレター / トーキング / はるひ学園 / すずむし / G2サンセリフ-B
装飾書体 新丸ゴ 太ライン
筆書体 正楷書CB1 / 隷書101
UD書体 UD新ゴ R / UD新ゴ M / UD新ゴ コンデンス90 L / UD新ゴ コンデンス90 M / UDデジタル教科書体 R
WordPressのプラグインとして利用できますよ
もっと詳しく

4:安心の信頼感とサポートが充実

レンタルサーバーさくらのレンタルサーバサポートさくらインターネット株式会社は1996年創業からレンタルサーバービジネスに真摯に取り組み、ノウハウを蓄積してサービスを提供し続けていますので、信頼性・安心感は他社以上のものがあります。
サポートについては、「さくらのサポート情報」としてまとめて情報発信を行っており、よくある質問や契約・料金関係の疑問、スタートアップガイドや障害情報と充実しています。
契約者には個別にメールサポートと電話サポート(通話料金が無料)も無料で受けることができるので、安心してWEBサイトに取り組むことができますね。

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. HDDとSSDのいずれかを選べます
  2. サイト運用に欠かせない転送量は無制限
  3. コンテンツブーストを月300GBまで無料で利用可
  4. どのプランも初期費用がかかります
  5. 無料お試し期間がありません
  6. Web改ざん検知サービスは有料オプションです

まとめ

さくらのマネージドサーバ」は、社歴・運用実績も長く、信頼性の高いレンタルサーバーサービスを提供し続けているさくらのインターネット株式会社が運営しています。

複数のサイトをまとめたい、メールを集約したい、管理を一元化したい、そしてサーバー技術者不足を補える・・・など数々のメリットがあるマネージドサーバーは、無料お試し期間がありませんので、事前にサイトや相談などで検証しましょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)