不審なフィッシングメールに注意しましょう

2019年6月6日

セキュリティ情報

レンタルサーバー 不審メールに注意してくださいレンタルサーバー「ヘテムル」や「ロリポップ!」を装ったフィッシングメールが6月4日ごろより出回っているという多数の報告が上がっており、GMOぺパボが運営している「ヘテムル」公式サイトのインフォメーション、「ロリポップ」のお知らせなどで情報公開されています。

Yahoo!ニュースなど大手ニュース系サイトでも公表されておりましたので、セキュリティ情報として告知・公開いたしました。

レンタルサーバー 不審メールに注意する公式アナウンス

出所:ヘテムルサイトより

情報公開サイト

「ヘテムル」公式サイトのインフォメーション

「ロリポップ」公式サイトのお知らせ

必要な行動は?

レンタルサーバー会社より、メールは送信していないとのことなのでメールを受信した場合は削除しましょう。

また、万が一サイトにアクセスしてパスワードを入力した場合は、公式サイトのコントロールパネルから速やかにパスワードを変更しましょう。

精度が上がっている文面に注意

スパムメールやフィッシングメールは、ここ最近増加しており、また日本語の文章力もかなり向上していますので、一見してスパムか本物か見分けがつきにくくなっています。

契約している企業からメールが来たと思われた場合の見極めのポイント

  • 日本語として文面を再度確認する。翻訳の文章ではないか?
  • 送信元のドメインが、確実にその企業のドメインかどうか?
  • ログインなどを求める内容は、まず疑って読んでみる
  • 送信元の企業サイトに同様の内容が告知されているか確認する
  • Yahoo!やIT系ニュースで出ていないかチェックする
  • 公式サイトのURLからログインして確認してみる
  • サービス提供企業に問い合わせてみる

まとめ

今後も悪質なメールが増えると予想されます。

自身がパスワードを盗まれる、サイトを改ざんされるといった被害を受けるとともに、サイトの乗っ取りなどで第3者に被害を与える加害者になるリスクもありますので、くれぐれも不審なメールには気をつけましょう。

この記事を書いた著者

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。

© 2020 ストリームレンタルドットコム