新型コロナウイルスに負けない!~IT&アイデアを活用した新ビジネスや支援策が話題に~

新型コロナウィルスに負けない!新ビジネスや支援策など

国内や世界中で拡大を続けている新型コロナウイルス感染症の影響で、ビジネス、特に人が出歩き集まるビジネスに大きな損害が出始めています
収束の見込みが立たない昨今ですが、この環境でもできる新ビジネスやIT&アイデアを使った支援ビジネス・支援策が少しづつ立ち上がっています。
今回は3つの事例をご紹介し、今後の展開の参考にしていただければと思います。

テレビ会議の発展形【VR会議】

テレワークやテレビ会議が活用されていますが、今一つ臨場感に欠ける・リアルな会議にはかなわない・・・という感想も多くあります。

そこで、身ぶり手ぶりを交えた熱量と臨場感のある【VR会議】に注目が集まっており、テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」でも紹介されました。

2020年春から開始されるサービスで、複数の人たちがVR空間で会議やアイデア出しなどコラボレーションできるサービスを提供します。
Synamon社はKDDIのファンドから2.4億円の出資を受けることも決定し、会議のための外出や出張を手控えている企業からの問い合わせも増えているとのこと。

テレビ会議とリアルな会議の中間に位置するサービスとしてのポジショニング、そして空中にペンで絵を描くなどリアルでは不可能な表現ができることで、VR会議は将来的な伸びが期待できます
注目です

自宅で花見を楽しむ【saku-chan】

外出の手控えで、花の売り上げが急減し花屋業界を直撃しています。
また、市場に出荷できないような通常は廃棄せざるを得ないようないわゆる規格外の花も多く、大きく経営を揺るがしている状況です。

そこで、この2つの問題を解消すべく、自宅で花見を楽しめる『saku-chan』を東京 虎ノ門の株式会社hananeが提供しています。

」と「チャンスフラワー」をセットにした自宅で簡単に花見を楽しめる商品(3,300円)を、日本全国から購入することができます。チャンスフラワーとは、いつもは廃棄される規格外品で、再び機会を与えられた美しい花のこと。自宅で家族や大切な人と楽しむ“花見”は、きっと思い出に残るひとときになるでしょう。

hananeは、花の生産者から直接、規格外品を仕入れ、桜とチャンスフラワーをセットにすることで、自宅での花見とアレンジメントで楽しむことを提供しています。結果としてフードロスならぬ“フラワーロス”を解消しているのがポイントです
もっと詳しく

北海道の食を救う【緊急在庫処分SOS!】

新型コロナウィルスに負けない!新型コロナ経済対策掲示板『緊急在庫処分SOS!』函館日本国内でも特に感染者が多い北海道では、緊急事態宣言が出されて以降、外出を控えていることから北海道物産展の中止など特に食品の売れ残りが大きな経営・社会問題になっています。

そこで札幌商工会議所がサイトを立ち上げ、北海道の美味しい食材を紹介する掲示板を始めたところ、安く北海道の食品を購入できるということで、評判となっています。

新型コロナウィルスに負けない!新型コロナ経済対策掲示板『緊急在庫処分SOS!』

新型コロナウィルスに負けない!新型コロナ経済対策掲示板『緊急在庫処分SOS!』店舗紹介北海道ならではのチーズ・ヨーグルト製品やお菓子・スイーツ、農産品・肉加工品や水産物などバラエティに富んだ品ぞろえで、すでに品切れで販売終了した店舗もあるほど。

形式としては、札幌商工会議所は販売している店舗を紹介のみ行っており、実際の販売は各店舗のネット通販もしくは電話問い合わせで購入することになります

まだ新型コロナ問題は、まったく出口が見えない状況ですので、当サイトを告知・シェアなどして応援してほしいとのことです。北海道の食品を購入することで応援したい方は是非、ご利用&ご紹介ください。

札幌商工会議所は紹介にとどめ、各店舗が様々なショッピングカートを利用してネット販売できるサイトを準備していることが素早い展開に役立ちました
注目です

ネットショップ作成サービス

hananeや、札幌商工会議所で紹介されている店舗で実際にネット販売で利用されているネットショップ作成サービスをピックアップいたしました。

hanane、緊急在庫処分SOSで活用


まとめ

徐々に姿が見え始めた新型コロナウイルスですが、最終的な解決までにはまだまだ時間が必要です。
こういう時にこそ、自分や自社でできることを考え、ITツールをフル活用して、落ち込みを少しでも和らげることに取り組んでおりますと、景気が回復した時には必ずや自社ビジネスに大きく貢献することにつながると信じております。

当サイトでも、新しいビジネスや支援策などありましたら随時掲載してまいります。

この記事を書いた著者

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。

© 2020 ストリームレンタルドットコム