クリックできない!?レンタルサーバー ConoHa WING申込時に注意すべき点とは?

高速・スピード表示で検索エンジン対策にもなるレンタルサーバー「ConoHa WING(コノハウィング) 」。レンタルサーバーの申し込みは簡単になっていますし、ConoHa WINGも数分の登録ですぐ利用することができます。今回は、申し込みから利用までの流れと、注意しておきたい点を解説します。

レンタルサーバー ConoHa WING申し込み方法と注意すべき点とは?

公式サイトから申し込みを進める

検索エンジンで「ConoHa WING」と入力し公式サイトにアクセスします。もしくはこちら、ConoHa WING(コノハウィング)からもアクセスできます。

サイトを開きましたら、「レンタルサーバー」「VPS」「Windows Server」のうち希望のサービス名をクリックします。今回は一般的な共用サーバーの「レンタルサーバー」を選択します。

レンタルサーバーConoHa WING レンタルサーバーを選択します

出所:ConoHa WING

 

そして、「レンタルサーバー」ページが開きますので「>今すぐ申し込み」をクリックします。

レンタルサーバーConoHa WING レンタルサーバーサービスで申し込みを選択します

はじめて申し込む場合、「はじめての方」画面が表示されますので必要事項を入力し、パスワードを決定して「次へ」をクリックします。

なお、パスワードは英字の大文字と小文字、そして数字の3種類が必要で9文字以上70文字以内で設定してください。記号も一部が利用可能です。

レンタルサーバーConoHa WING レンタルサーバーサービスで申し込みではじめて申し込む画面に入力します

本人認証と決済について

次に本人確認のため、「SMS認証」「電話認証」が必要です。

電話番号欄に、ご自身の電話番号を入力して「SMS認証」をクリックすると認証コードが送付されます。
また何らかの理由で送付されない場合は「電話認証」で再度進めてください。電話がかかってきて、認証コードを伝えてくれます。

レンタルサーバーConoHa WING  本人認証を進めます

送付された認証コードを入力し「送信」をクリックしてください。

レンタルサーバーConoHa WING  送付された認証コードを入力してください

これで本人認証が完了しましたので決済方法を選ぶことができます。

クレジットカード情報を入力して「次へ」をクリックすると、利用するサービスの選択ができるようになります。

レンタルサーバーConoHa WING  決済方法を選択します

また、クレジット決済以外にはプリペイド形式の「ConoHaチャージ」と「ConoHaカード」があります。

レンタルサーバーConoHa WING  ConoHa チャージとConoHa カード

利用したいサービスを選択する

それでは利用したいサービスを選びましょう。

今回は、月額1,200円のベーシックを選んでいます。
そして、初期ドメインサーバー名に任意の文字を入力して「追加」をクリックすれば、サービスをすぐに利用することができます。

レンタルサーバーConoHa WING  利用したいサービスの選択

追加ボタンが表示されないケースの対応

ところが、サービスを選び初期ドメイン・サーバー名を入力しても「追加」ボタンがクリックできない場合もあります。

レンタルサーバーConoHa WING  利用したいサービスの選択をしても追加がクリックできない

いったんこの画面は終了して、ConoHa WINGの公式サイトログイン画面からログインします。

レンタルサーバーConoHa WING  ログイン画面からログインします

ログイン時に「ご利用中のサーバーはありません」と表示されていますので「+追加」をクリックします。

レンタルサーバーConoHa WING  ログイン画面からログイン サーバーを追加します

利用したいサービスを選び、初期ドメイン・サーバー名に任意の文字を入力し「追加」をクリックするとサービスが利用できるようになります。

レンタルサーバーConoHa WING  利用したいサービスの選択し追加します

まとめ

ConoHa WINGのポイントは2つ。

1つ目は、一般的なレンタルサーバーはサービス選択→決済と進むところ、クレジット登録(決済準備)→サービス選択になっています。

2つ目は、サービス選択後に「追加」がクリックできないことが時々起りますので、公式サイトログイン画面から入りなおすということに注意してください。

申し込みは簡単で、すぐに利用できるConoHa WINGは、国内最速のキャッチコピーも相まって利用者が増えています。サーバーが重くなって見直したいなど、サーバー乗換えや新規でお考えの方には最適のサーバーの一つです。

ConoHa WINGをまとめました


レンタルサーバーConoHa WINGを始めて運用するまでをまとめてみました
5分でわかる!高速レンタルサーバーConoHa WINGを始めて運用するまで

2020年の5Gサービス本格稼働に向けて、表示速度が格段に向上する高速レンタルサーバーの注目度が日に日にアップしています。 その中でもレンタルサーバー 「ConoHa WING(コノハウィング)」は、 ...

続きを見る

 

 

この記事を書いた著者

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。

© 2020 ストリームレンタルドットコム