IT関連情報・コラム

【国内サーバーOS市場予測】Windows Server 2008のリプレースとLinuxの成長がポイント

レンタルサーバーをはじめとしたクラウドサービスや、オフィス・企業など社内サーバーとして利用されているオペレーティングシステム(OS)の2018年度実績と2019年から2023年までの予測をIDC Japan株式会社が2019年8月5日に発表しました。

サーバーOSの利用状況は、景気の動向や技術的トレンドとも関連していますので市場調査結果を見ていきます。

国内サーバーOS市場予測

売上高と前年成長比率を見てみると

「どのくらい売れているか?」そして、「1年前と比べてどのくらい成長しているか?」を確認してみます。

国内サーバーオペレーティングシステム市場予測:2017年~2022年

Windows・Linux・UNIX、メインフレーム・その他のOS(無償Linuxを含まず)の売り上げは、2018年度で841億円、前年成長率は7.5%と好調で、2019年も6.2%と見込まれていますが、2020年度以降は3%程度の成長に落ち込むと予想されています。

困ったなあ
クラウドが盛り上がっているのに何で成長が落ちるんですか?
Windows Serverの切り替えが影響しているんです
これで解決

国内企業のWindows Server 2008サポート終了に向けた移行の状況

社内の基幹システムなどで多く使われてきたマイクロソフト社のWindows Server 2008、および2008 R2のサポート期間が2020年1月14日に終了し、定期的なセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。

いわゆる「パッチ当て」ができなくなり、セキュリティの問題が出てくることからWindows Server 2016、2019などの後継OSにリプレース・移行することが求められています。

この円グラフでは、「完了した」が22.2%、「移行実施中」が56.6%とあり、この移行作業が売り上げと前年比成長率に影響していると考えられます。

OS市場の50%を占めているWindows Serverの2018年度前年成長率が9.5%、2019年度前年成長率見込みが8.8%ですが、移行が落ち着く2020年以降は3%程度と予測されています。

Linuxは高成長が続く

一方で、Linux OSについては基幹システム・レンタルサーバー・クラウドサービスに加え新型デジタルサービスのシステムに採用されていることから、高成長の持続が見込まれていて2018年度の前年成長率11.3%、2019年度の予測値は10.2%、2020年度以降も9%程度の高成長が予測されています。

UNIXやメインフレームは、出荷の減少に伴いOS市場の縮小が継続すると考えられます。

ココがポイント

Windows Serverの切り替えという特殊要因、Linuxの高成長、UNIXなどの減少と、サーバーの高単価・高性能化で納入台数が減るという要因などが相まって、サーバーOS全体では緩やかな成長になるとみております。

出典

IDC Japan株式会社 国内サーバーオペレーティングシステム市場予測

まとめ

Windows Serverは移行が完了すれば落ち着くことと、Linuxはレンタルサーバー、クラウドサービスの主力OSでもありますので、今後のさらなる成長が見込まれます。

社内でWindows Server 2008をまだ利用している場合は、サポートが終了する2020年1月14日までに移行完了しなければなりませんし、レンタルサーバーやクラウドに当座移行することも選択肢の一つとして検討の余地があります。

OSの将来予測をもとに、WindowsかLinuxか?自社運用(オンプレミス)かクラウドか?など今後のサーバー移行計画・運用プランに生かして効率よくビジネスを進めてください。

Copyright© 【2019年・令和最新】レンタルサーバーとネットショップ作成・ドメインサービス比較・評価・検討・紹介サイト by STREN , 2019 All Rights Reserved.