WordPress5.0アップデートの注意点は?

2019年3月11日

WordPress5.0がついに公開開始に

数多くのWEBサイト・ホームページで利用されているCMSのWordpressメジャーアップデート「WordPress 5バージョン」が2018年12月6日に公開となりました。セキュリティ上は早めの更新が望ましいのですが、今回のアップデートで特に注意しなければならないのがサイトを作るときに利用する「エディター」です。
更新する前に是非ご一読ください。

レンタルサーバーでWordPress5.0アップデートの注意点は?

新エディター「Gutenberg」(グーテンベルグ)の特徴

グーテンベルグは、イメージとしては機能別のブロックを積み上げて作り上げるタイプのエディターで、これまでのHTMLコードを記述して作成する旧エディターとは異なるものです。

様々な種類のメディアを挿入し、配置を自由に変更できますし、コンテンツの各パーツは、それぞれのブロックの中にあって他のブロックと分離され、簡単に移動することができます。さらに、たくさんのブロックがデフォルトで利用可能なほか、コミュニティによるブロックが日々追加されています。(下記参照)

レンタルサーバーでWordPress5.0アップデート画面

旧エディターを引き続き利用したい方へ

いかに新しいエディターが使えるようになったとしても、いままでのエディターをそのまま使い方も多いはず。今回のアップデートを実施しても旧エディターが使えるようになっていますのでご安心ください。
まずは、WordPress5.0にアップデートしたとしますと、下記のような完了画面が表示されます。

レンタルサーバーのWordPress5.0ようこそ画面

画面内「旧エディターを使い続ける方法はこちら。」をクリックしますと、このページ下部にリンクしていますので内容を確認してください。

レンタルサーバーのWordPress5.0説明画面

旧エディターを使うためには、プラグイン「Classic Editor」(クラシックエディター)をインストールして利用します。「Classic Editorをインストール」ボタンをクリックしてダウンロードするか、プラグインページより当プラグインを検索表示し、ダウンロード&インストール・有効化してください。

レンタルサーバー WordPress5.0プラグイン

クラシックエディター

インストール・有効化しましたら、プラグインの設定で「すべてのユーザーのデフォルトエディタ」にて任意のエディターを選択してください。「Classic Editor」を利用する場合は、そちらを選択し保存します。これで旧エディターを利用することができます。

レンタルサーバーでWordPress5.0アップデート投稿設定

注意点が2つ

「Classic Editor」のサポートは2021年までですので、しばらくは使えるのですが、いずれは新エディターを使うときが来ます。少しずつ「Gutenberg」に慣れるようにしましょう。

そしてWordPress5.0のように、4.9.7のような数字とは違って、きりのいい数字はメジャーアップデートを表しており、大幅な機能追加がされています。
今まで利用しているテンプレートやプラグインなどに影響を与えることもありますし、場合によっては不具合が起きる可能性もありますので、アップデートはしばらく控えて様子を見るなど慎重に対応をなさってください。

この記事を書いた著者

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。

© 2020 ストリームレンタルドットコム