ワードプレス・プラグイン情報 管理

WordPressの簡単引っ越し法とは?~プラグイン All-in-One WP Migration利用法~

2019年3月11日

プラグイン All-in-One WP Migration

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越しは大変?「今借りているレンタルサーバーが重いので他社のサーバーに移りたい」、「複数の契約でばらばらに運用しているWordPressを一つのサーバーにまとめたい」などという悩み事はありませんか?
WordPressをインストールしたサイトは画像あり、プラグインあり、テーマあり、データベースありと意外と引っ越し・移行は面倒なものです。
でもここではとっても簡単に引っ越しができる方法をご紹介します。移行することでのサーバーのパフォーマンスが向上したり、料金が下がったりと大幅なコストダウンにきっと役立ちますよ。ぜひご利用ください。

便利なプラグイン All-in-One WP Migration

移行に数時間や数日かけていた時間を返して!と言いたいくらいとっても簡単にWordPressの移行ができるプラグインがこの「All-in-One WP Migration」。以下の方法でコストをかけずに簡単に移行できます。

プラグインをインストールして・・

まず現在のサーバー側でプラグイン All-in-One WP Migrationを新規追加し「今すぐインストール」します。その後、利用できるように有効化しましょう。

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越し法1

次に、WordPress管理画面の左側メニューより「All-in-One WP Migration」「エクスポート」を選択し、下記画面を開きます。
エクスポート先に「ファイル」を選択します。

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越し法2

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越し法3

エクスポートするファイルサイズが表示されますので、緑の枠をクリックするとダウンロードが開始です。なお、ファイルサイズが512MB以下までは無料で利用できますが超えた場合は有料のプラグインが必要になりますのでご注意ください。

このデータをクライアントPC上にダウンロードできましたら、作業の約半分は終了です。

移行するサーバー側での作業もシンプル!

今度は新サーバー側の作業です。新サーバー(移行先サーバー)にWordPressをインストールしてください。
パスワードなどは何でも大丈夫、移行後は旧サーバーのものが上書きされます。
あとは、新サーバー側にプラグイン All-in-One WP Migrationをインストールし有効化してください。

そして、「All-in-One WP Migration」「インポート」を選択し下記画面を開きます。

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越し法4

先ほど、旧サーバーからエクスポートしたデータを新サーバー上のこの画面にドラッグ&ドロップしてください。
データがアップロードされ、途中でバックアップデータの確認画面が出てきますが、「CONTINUE」をクリックして継続、そして完了画面が表示されますので「CLOSE」をクリックして終了です。

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越し法で時間を節約独自ドメイン移行の場合は、新旧サーバー側での独自ドメイン設定などありますが、移行自体はこのようにあっけないほどの簡単さ、数十~数百ページあるWordpressのサイトがこれだけで移行できるので時間もコストも大助かり。
今まで、ページごとに再作成する、細かい設定をして移行を検討していた方、手間がかかるので諦めかけていた方は、これで時間とコストを大幅に削減してください。

あわせて読みたい

当サイトで解説しているWordPressが使えるレンタルサーバーを比較しています。

こちらもCHECK

レンタルサーバー 比較表・早見表(全共用サーバー・価格スペック別)
レンタルサーバー 比較表・早見表(主要共用サーバー・価格スペック別)

レンタルサーバー(共用)は数が多くてどれがいいのか分かりにくい!という方に、どのレンタルサーバーが自分や自社に適しているか、価格やディスク容量などスペックの違いで比較できるページです。 各レンタルサー ...

続きを見る

インポート容量制限の注意点

*2019/3/29追記

2018年末のアップデートにより、インポート時の容量が8MBに制限されています。対応としては、過去のプラグインデータをアップロード→インストールして対応してください。512MBまでインポートできることは確認しました。

なお、データはウィルスチェックチェックするなどして自己責任において作業を行うようお願いいたします。

■ 旧データ URL
https://downloads.wordpress.org/plugin/all-in-one-wp-migration.6.74.zip

*2022/9/1 再追記

無料版で検証したところ、最大アップロードファイルサイズ: 32 MBでした。
最大アップロードサイズを上げる方法を公式サイト(英語)でアナウンスしていますので、プログラムの改修など行う場合は自己責任でお願いします。
有料版はアップロードファイルサイズ無制限ですので、まさかに備えて一つ持っておくのもいいでしょう。

まとめ

プラグイン「All-in-One WP Migration」を利用した、簡単なサイト引っ越し方法を解説しました。引っ越し後は、念のためリンクミスや画像非表示がないか、各ページをこまめにチェックして引っ越しを完了するように気を付けましょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)