SEO・プロモ 構築 管理 ワードプレス情報 お役立ち情報

Google XML SitemapsはSEOに必須のプラグイン

レンタルサーバー Google XML SitemapsプラグインWordPressでサイトを立ち上げて、このホームページを見てもらうために何をすればいいか?まずは検索エンジンに掲載してもらって、大勢の方に知ってもらわなければなりません。

そこで、プラグイン Google XML Sitemapsを活用して、サイトの更新や情報を検索エンジンに通知しましょう。 このページでは、プラグイン Google XML Sitemapsの初期設定を解説します。

Google XML Sitemapsのインストール

困ったなあ
このプラグインで検索エンジンに知ってもらうのはどういう仕組みですか?
検索エンジンはWeb上のホームページ情報をクローラーというプログラムで収集していますので、Google XML Sitemapsを使ってクローラーにどういうサイトなのか知ってもらうことなんですね
これで解決

Google XML Sitemapsとは?

サイトの存在や更新について、ウェブ上を情報収集しながら巡回するクローラーに通知する検索エンジン対策には欠かせないプラグインです。
サイトの構成をクローラーに伝えるためのsitemap.xmlページを自動生成するほか、収集してほしい頻度やページ・カテゴリなどの優先順位など細かい設定が可能です。
初期設定状態でも利用できますが、自社サイトの要件に合わせて調整をすれば、効果が高まると見込まれます。

まずは、WordPress管理画面にログインしてインストールすることから始めます。
プラグイン画面を開きます。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsの初期設定

次に、キーワードに「Google XML」あたりまで入力すると、画面にプラグインが表示されます。そして「今すぐインストール」をクリックします。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsを検索インストール

さらに「有効化」をクリックして、プラグインを使えるようにしましょう。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsの有効化

インストールと有効化が終了したら、利用できますので設定を確認します。
メニューから「XML-Sitemap」を選択しクリックします。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsの管理画面へ

こちらがプラグインの初期設定状態です。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsの初期設定状態

では設定を見直していきましょう。

設定確認・変更を行う

基本的な設定

初期設定状態でほぼ問題ありませんが、「HTML形式でのサイトマップを含める」に注意しましょう。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsの基本設定

通知を更新
Notify Google about updates of your site
Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
Google、Bingにサイト更新情報を通知する

サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
→検索エンジンがクローラーで回遊しやすいよう、サイトマップの正確な位置を伝える

高度な設定
デフォルトの設定で問題ありません。

「HTML形式でのサイトマップを含める」について


HTML形式でのサイトマップを含める」機能は、クローラーが認識するsitemap.xml以外に、人間が目で認識するsitemap.htmlも作成するということです。

別のプラグインで人間が目で認識するsitemap.htmlを作成している場合は、必要ありません。
また、ここにチェックをつけていますと「インデックス カバレッジ」関連の問題が発生した、とGoogle Search Consoleから連絡があるケースもありますので、SEO的な問題を避けたい場合は、チェックを外しておいたほうが無難です。

レンタルサーバー Google XML Sitmapsのチェックを外す

インデックス カバレッジ関連問題について詳しくは

Google XML Sitemapsの設定変更について
「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の対応は?

Google Search Consoleから、とある日メール通知がきました。内容は・・・・ Search Console により、貴サイトに影響する「インデックス カバレッジ」関連の問題が新たに 1 ...

続きを見る

Additional Pages

そのままで大丈夫です。

レンタルサーバー Google XML Sitmaps Additional Pages

投稿の優先順位

「コメント数」から「優先順位を自動的に計算しない」に変更します。
優先順位はプラグイン管理画面下の別項目で、後ほど設定できます。

レンタルサーバー Google XML Sitmaps投稿の優先順位

レンタルサーバー Google XML Sitmaps投稿の優先順位変更後

Sitemap コンテンツ

初期設定状態です。基本的にほぼ更新しない「固定ページを含める」のチェックを外し、「カテゴリーを含める」にチェックを入れます。

レンタルサーバー Google XML Sitmaps Sitemap コンテンツ初期設定

レンタルサーバー Google XML Sitmaps Sitemap コンテンツ設定変更

SEO目的ではない固定ページの場合はこれでOKですが、まめに固定ページを更新する場合はチェックを入れ上位表示を目指すのも方法です
解決ですね

Excluded Items

除外する項目を選択します。記事として価値が低い、文字数が極端に少ないと思われるカテゴリーを除外して、サイトの価値を高めましょう。

この例では、文字数が少なく情報量の薄い「お知らせ」カテゴリーを除外しています。

レンタルサーバー Google XML Sitmaps Excluded Items

Change Frequencies

クローラーに収集してほしい更新頻度を設定します。ただし、この通りに来るということではなく、参考程度です。

レンタルサーバー Google XML Sitmaps Change Frequencies

レンタルサーバー Google XML Sitmaps Change Frequenciesタグ設定

タグ設定をしておきませんと、カテゴリー別設定がうまく動作しないようです。念のため設定しておきましょう
これで解決

優先順位の設定 (priority)

ページごとの優先順位を設定しましょう。

レンタルサーバー Google XML Sitmaps 優先順位の設定 (priority)

レンタルサーバー Google XML Sitmaps 優先順位の設定 (priority) タグ設定

この例は、固定ページをSEO目的で利用している場合で数値を入れています。
SEO目的でない場合は0.0で設定しましょう。

また、タグページを設定しないと、カテゴリー別設定の不具合が起こるため、1.0で設定しています。

あとは設定を保存して設定は完了です。すぐにグーグルなどに通知したい場合は、Google Search Consoleからsitemap.xmlを送信しましょう。

まとめ

検索エンジンは日々進化していて、この設定は参考程度の可能性もありますが、少しでも精度を高めてより多くの方にサイトを見ていただくための努力はしたいものです。

少なくとも不具合関係についての微調整は実施しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Copyright© 【2019年・令和最新】レンタルサーバーとネットショップ作成・ドメインサービス比較・評価・検討・紹介サイト by STREN , 2019 All Rights Reserved.