さくらのVPS for Windows Server ~初期費用無料、全プランSSD搭載~

2019年10月28日

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server 2021

 

社内や遠隔地でWindows環境を利用するには快適な、SSD搭載の高速VPSサービス。2021年に大阪リージョンもサービス開始です。

対象ユーザー中級/上級

初期費用月額費用プランストレージ
無料1,100円W1GSSD 50GB

こんな方におすすめ

  • Windowsのテスト環境が必要、リモートワークに利用したい
  • Microsoft、FileMakerの各種アプリケーションを利用したい
  • 表示速度の速いレンタルサーバーに変えたい・増強したい

 

低価格で柔軟にWindows環境が構築できるVPS

さくらのVPS for Windows Serverとは?

柔軟に環境を変えることができ、専用サーバーのような独立した使用感が人気のさくらのVPS(仮想専用サーバー)ですが、Windows Serverバージョンの「さくらのVPS for Windows Server」がリニューアルしました。

変更点は、導入しやすいように初期費用が無料になったこと、そしてストレージ容量が大幅アップになったことです。今回は、さくらのVPS for Windows Serverについて解説します。

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server  アプリケーション利用に最適

主なチェックポイントは?

  1. マイクロソフトなどアプリ利用に最適
  2. SSD導入で高速対応
  3. 独自コントロールパネルやサポート

1:マイクロソフトなどアプリ利用に最適

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server 外出先でアプリケーション利用などに活用共用サーバーでは、同居する他ユーザーの影響を受けてパフォーマンスが落ちる可能性がある、専用サーバーはコストが高すぎて検証には使えない・・・など、両方の課題を解決するVPS(仮想専用サーバー)は、1つのレンタルサーバーのジャンルとして確立しつつあります。

さらにWindows Serverが利用できる「さくらのVPS for Windows Server」では、社内に検証用のためのWindowsサーバーを立てることもなく、すべての端末にOfficeなどのクライアントアプリケーションをインストールする必要もなくなります。

 

社内や遠隔地でWindows環境が利用できる

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server のメリット

引用:さくらのVPS

 

リモートデスクトップ機能により、社内LANでサーバーに接続すれば、コストがかかるWindowsサーバーを社内に構築する必要はありません。なお接続数によりランセンスが必要ですが、端末が増えればライセンスを追加するだけで、1台のデスクトップ環境を社内の様々な部署間などで共有することもできます。

さらに「Microsoft Office Professional Plus 2019」「KINGSOFT WPS Office」「FileMaker」なども遠隔地などで利用できます。
例えば、officeがインストールされていない端末でWordなどを利用しなければならないときは、外出先でインターネット経由でサーバーに接続すれば、いつでもどこでも活用することができます。

 

端末ごとに購入するライセンス数の管理・削減が柔軟にできますのでメリットがありますね。
もっと詳しく

 

2:SSD導入で高速対応

レンタルサーバー SSDレンタルサーバーの高速化対応は、いまや避けて通れません。
高速表示はユーザーの直帰率を下げ、サイト滞在率を上げることで売り上げやブランディングに貢献できますし、検索エンジン対策にも有効と考えられています。

さくらのVPS for Windows Server」は、高負荷のサイト・サービスやデータベースサーバー用途に最適なSSDを搭載。月額1,000円〜のメモリ1Gプランからメモリ32GBのプランまで全6種類あり、用途などに応じてコストを調整することができます。

 

 

3:独自コントロールパネルやサポート

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバー iDC

さくらインターネットは20年近くレンタルサーバーを運営しており、ユーザビリティを考えた独自開発のコントロールパネルを提供しています。

OS再インストールやコンソール画面の確認作業もブラウザ上で容易に操作できるうえ、仮想化技術「KVM」を使用し、仮想サーバ環境の独立を実現しています。
さらにネットワーク環境は、各仮想サーバに100Mbps共有回線が接続していますので、快適なスピードでサイト公開や検証・端末接続に利用できます。

<安心のサポート体制> 

メール・電話での無料サポートのほか、サポートWebサイトなどもあり、問題を解決しながら長く安心して利用できるサービス設計を行っています。

 

機能

各プランごとの機能一覧です。

 W1GW2GW4GW8GW16GW32G
CPU仮想2Core仮想3Core仮想4Core仮想6Core仮想8Core仮想10Core
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB32GB
SSD50GB100GB200GB400GB800GB1600GB

*サーバーは石狩/大阪リージョン

サーバー共通仕様

全プラン共通の仕様です。

ネームサーバープラン:W1G 5ゾーン プラン:W2G~W32G 10ゾーン
仮想化基盤Linux KVM
NIC3個
ネットワークインターネット:100Mbps共有回線
ローカルネットワーク:1Gbps共有回線
グローバル
IPアドレス
IPv4アドレス × 1個  IPv6アドレス × 1個
データ転送量無制限
管理者権限Administrator権限付与
OSWindows Server 2019 Datacenter Edition
Windows Server 2016 Datacenter Edition

料金

各プランごとの料金一覧です。
なお、2019年10月23日から初期費用が無料になりました

 W1GW2GW4GW8GW16GW32G
初期費用無料
月額料金1,100円2,200円4,290円8,470円15,950円32,340円
年一括12,100円24,200円47,190円93,170円175,450円355,740円

*料金は税込表示
*最低利用期間は3カ月です

 

ライセンス

サーバー管理以外の目的で、リモート接続をする場合は人数分のRDS SALが必要です。

ライセンス初期費用月額年間一括
リモートデスクトップ
(RDS SAL)
0円770円9,240円
Microsoft Office SAL0円2,530円30,360円

*料金は税込表示

 

テレワークなど、リモートワークの場合はRDS SALは必須ですし、Officeを利用する場合はOffice SALも人数分必要ですので、利用者数を把握してしっかりコスト管理してください。
もっと詳しく

 

気になるポイントは?

  1. 最低利用期間は3カ月です。
  2. 追加ストレージ(NFS)は石狩、大阪リージョン対応。
  3. リモートデスクトップの同時接続数は2までです。
  4. 1年一括支払いで、1か月分の利用料金をコストカットできます。

あわせて読みたい

日本国内の主要VPS(仮想専用サーバー)を一覧で比較・まとめました。

 

まとめ

さくらのVPS for Windows Server」は、共用・専用サーバーともに長い実績があり、専業の強みを持つレンタルサーバーサービスです。

お試し無料利用は2週間なので、コントロールパネルの使用感や各種プログラムのインストール、SSDのスピードを確認してみましょう。

 

 

・MicrosoftおよびWindows、Windows Server、Microsoft Office、SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
・FileMaker、ファイルメーカー、FileMaker Cloud、FileMaker Go およびファイルフォルダロゴは、米国および/またはその他の国における FileMaker, Inc. の登録商標です。

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。