さくらのVPS for Windows Serverとは:初期費用無料、全プランSSD搭載VPS

2019年10月28日

PR

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server TOP

社内や遠隔地でWindows環境を利用するには快適な、SSD搭載の高速VPSサービス。2024年4月1日にサービス・ライセンス料金改定実施です。(*1か月支払い/税込)

対象ユーザー中級/上級

初期費用 月額費用 * プラン ストレージ
無料 1,320円 W1G SSD 50GB

こんな方におすすめ

  • Windowsのテスト環境が必要、リモートワークに利用したい
  • Microsoft、FileMakerの各種アプリケーションを利用したい
  • 表示の速い仮想専用サーバーに変えたい・増強したい

さくらのVPS for Windows Server

さくらVPS for Windows Server」は、さくらのクラウドなど各種レンタルサーバーを運営している東証プライム市場(旧一部)上場企業のさくらインターネット株式会社が提供しています。
柔軟に環境を変えることができ、専用サーバーのような独立した使用感が人気のさくらのVPS(仮想専用サーバー)ですが、Windows Serverバージョンの「さくらのVPS for Windows Server」は導入しやすいように初期費用が無料、そしてストレージ大容量にメリットがあります。今回は、さくらのVPS for Windows Serverについて解説します。

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server  アプリケーション利用に最適

主なチェックポイントは?

  1. マイクロソフトなどアプリ利用に最適
  2. SSD導入で高速対応
  3. 独自コントロールパネルやサポート

1:アプリ利用に最適

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server 外出先でアプリケーション利用などに活用共用サーバーでは、同居する他ユーザーの影響を受けてパフォーマンスが落ちる可能性がある、専用サーバーはコストが高すぎて検証には使えない・・・など、両方の課題を解決するVPS(仮想専用サーバー)は、1つのレンタルサーバーのジャンルとして確立しつつあります。

さらにWindows Serverが利用できる「さくらVPS for Windows Server」では、社内に検証用のためのWindowsサーバーを立てることもなく、すべての端末にOfficeなどのクライアントアプリケーションをインストールする必要もなくなります。

社内や遠隔地でWindows環境が利用できる

レンタルサーバー さくらのVPS for Windows Server のメリット

引用:さくらのVPS

リモートデスクトップ機能により、社内LANでサーバーに接続すれば、コストがかかるWindowsサーバーを社内に構築する必要はありません。なお接続数によりランセンスが必要ですが、端末が増えればライセンスを追加するだけで、1台のデスクトップ環境を社内の様々な部署間などで共有することもできます。

さらに「Microsoft Office Professional Plus」「KINGSOFT WPS Office」「FileMaker」なども遠隔地などで利用できます。
例えば、officeがインストールされていない端末でWordなどを利用しなければならないときは、外出先でインターネット経由でサーバーに接続すれば、いつでもどこでも活用することができます。

ココがポイント

端末ごとに購入するライセンス数の管理・削減が柔軟にできますのでメリットがあります。

2:SSD導入で高速対応

レンタルサーバー SSDパソコンやスマホサイトなどの高速化対応は、いまや避けて通れません。
高速表示はユーザーの直帰率を下げ、サイト滞在率を上げることで売り上げやブランディングに貢献できますし、検索エンジン対策にも有効と考えられています。

さくらのVPS for Windows Server」は、高負荷のサイト・サービスやデータベースサーバー用途に最適なSSDを搭載。月額1,210円〜のメモリ1Gプランからメモリ32GBのプランまで全6種類あり、用途などに応じてコストを調整することができます。

3:コントロールパネルとサポート

レンタルサーバー さくらのレンタルサーバー iDC

さくらインターネットは20年近くレンタルサーバーを運営しており、ユーザビリティを考えた独自開発のコントロールパネルを提供しています。

OS再インストールやコンソール画面の確認作業もブラウザ上で容易に操作できるうえ、仮想化技術「KVM」を使用し、仮想サーバ環境の独立を実現しています。
さらにネットワーク環境は、各仮想サーバに100Mbps共有回線が接続していますので、快適なスピードでサイト公開や検証・端末接続に利用できます。

■ 安心のサポート体制

サポートWebサイトのほか、メール・チャットでの無料サポート(24時間365日)、コールバック予約による電話サポートがあります。例えば設定方法や接続方法など各種操作方法や、ログインできない・受信できない・接続できない・障害の原因など問い合わせをして、わかりやすく問題を解決することで、長く安心して利用できるサービスを行っています。
さくらのVPS公式Twitterアカウント(@sakura_vps)からも情報を発信しています。

機能

各プランごとの機能一覧です。

項目 W1G W2G W4G W8G W16G W32G
CPU 仮想2Core 仮想3Core 仮想4Core 仮想6Core 仮想8Core 仮想10Core
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB
SSD 50GB 100GB 200GB 400GB 800GB 1600GB

*サーバーは石狩/大阪リージョン

サーバー共通仕様

全プラン共通の仕様です。

ネームサーバー プラン:W1G 5ゾーン プラン:W2G~W32G 10ゾーン
仮想化基盤 Linux KVM
NIC 3個
ネットワーク インターネット:100Mbps共有回線
ローカルネットワーク:1Gbps共有回線
グローバル
IPアドレス
IPv4アドレス × 1個  IPv6アドレス × 1個
データ転送量 無制限
管理者権限 Administrator権限付与
OS Windows Server 2022 Datacenter Edition
Windows Server 2019 Datacenter Edition

料金

各プランごとの料金一覧です。

項目 W1G W2G W4G W8G W16G W32G
初期費用 無料
月額料金 1,320円 2,420円 4,895円 9,770円 18,865円 38,390円
年一括 14,520円 26,620円 53,845円 107,690円 207,515円 422,290円

*料金は税込表示
*最低利用期間は3カ月です
*支払い方法:クレジットカード/銀行振込/自動口座振替/請求書払い(PayPay・楽天銀行コンビニ払い・PayB・LINEPay・Famipay・郵便局ゆうちょ銀行)

ライセンス

サーバー管理以外の目的で、リモート接続をする場合は人数分のRDS SALが必要です。

ライセンス 初期費用 月額 年間一括
リモートデスクトップ
(RDS SAL)
0円 1,320円 15,840円
Microsoft Office SAL 0円 3,740円 44,880円

*料金は税込表示

テレワークなど、リモートワークの場合はRDS SALは必須ですし、Officeを利用する場合はOffice SALも人数分必要ですので、利用者数を把握してしっかりコスト管理してください。

気になるポイントは?

主なポイントです。メリットは黄色いアンダーライン、デメリットは赤いアンダーラインで示しています。

  1. 初期費用が無料
  2. 1年一括支払いで1か月分の利用料金をコストカットできます
  3. サーバー設置場所は石狩/大阪を選択(東京リージョン非対応)
  4. 追加ストレージ(NFS)は石狩、大阪リージョン対応
  5. 最低利用期間は長めの3カ月
  6. リモートデスクトップの同時接続数は2まで

あわせて読みたい(VPS比較)

Windows系VPSを比較する

ビジネスやリモートワーク、FX自動売買などで利用できるWindows OS VPSについて、各サービス解説と料金・スペック比較一覧表で並び替えて比べることができます。

Windows OS VPSを詳しく

VPS比較(Windows OS)
VPSとは:Windows VPS比較 おすすめ仮想専用サーバー 最安/機能/仮想デスクトップ

NEWS!! 2024年4月15日、より分かりやすく比較できるよう、Linux/UNIX系VPSとWindows系VPSを別ページに分けました。このページはWindows系VPS比較ページです。 Li ...

続きを見る

Linux/UNIX系VPSを比較する

日本国内の主要Linux系VPSレンタルサーバー比較ページでは、Linux / UNIX OS VPS一覧で仮想専用サーバーをまとめています。

Linux/UNIX OS VPSをもっと詳しく

VPS比較(Linux OS/UNIX OS)
VPS比較(Linux OS):おすすめ仮想専用サーバー 国内最安/無料/多機能レンタルサーバー

NEWS!! 2024年4月15日、より分かりやすく比較できるよう、Linux/UNIX系VPSとWindows系VPSを別ページに分けました。このページはLinux/UNIX系VPS比較ページです。 ...

続きを見る

まとめ

さくらのVPS for Windows Server」は、共用・専用サーバーともに長い実績があり、専業の強みを持つレンタルサーバーサービスです。企業利用のほか、MT4/MT5によるFX自動売買など個人利用も増えています。

安心・安定のVPS

長いサーバー運用歴から、安定したサーバー運用が行えます。お試し無料利用は2週間なので、コントロールパネルの使用感や各種プログラムのインストール、SSDのスピードを確認してみましょう。

・MicrosoftおよびWindows、Windows Server、Microsoft Office、SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
・FileMaker、ファイルメーカー、FileMaker Cloud、FileMaker Go およびファイルフォルダロゴは、米国および/またはその他の国における FileMaker, Inc. の登録商標です。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトはホスティング業経験から、レンタルサーバー・ドメイン・ワードプレステーマ/テンプレートを中立の視点から比較評価し、始める・切り替える方の立場に立った情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て2000年 動画配信レンタルサービス「ストレン」起業、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用・PR等に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意の上、上場企業へユーザー移行後に同ビジネス終了、以降はITコンサルティングとして支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)