ワードプレス・プラグイン情報 構築

プラグイン Advanced Editor Tools(旧名 TinyMCE Advanced)でページ作成・編集

2019年5月26日

プラグイン Advanced Editor Tools

レンタルサーバー プラグインTinyMCE AdvancedについてWEBサイトは質の高い記事が命
WordPressでサイトを構築した後は、固定ページや投稿ページなど作成をして良質な情報をしっかりと配信する流れなります。
しかし、WordPressをインストールした初期状態のビジュアルエディター(編集機能)はとても充実しているとは言い難く、高機能のプラグイン Advanced Editor Toolsをインストールして、さらに便利にページを作成できる環境づくりが求められます。
今回は、Advanced Editor Tools(旧名 TinyMCE Advanced)の利用方法などについて解説します。

プラグイン「Advanced Editor Tools」は、以前は「TinyMCE Advanced」という名称でしたが名前のみ変わっています。機能は以前と同じです。
解説です

Advanced Editor Toolsのツールバー

プラグインを入れる前のビジュアルエディターです。
ここに様々な編集ができるように機能を追加します。

設定前

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて インストール前

設定後

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 設定後ツールバー

Advanced Editor Toolsのインストール

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 新規追加

次に、キーワード欄に「Advanced Editor Tools」と入力すると、プラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 検索

インストールが終わったら、「有効化」をクリックしてプラグインを利用できるようにしましょう。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 有効化

Advanced Editor Toolsの設定

インストールと有効化が終了したら、設定を行っていきます。
WordPress管理画面の「プラグイン」をクリックで、プラグインが一覧表示されますので「設定項目」をクリックします。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 設定変更

新エディターのグーテンベルク用設定と旧エディターのクラシックエディター用設定が選べますので、今回はクラシックエディター用設定「Classic Editor」を選択します。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて エディター選択画面

インストール時の初期画面が開きます。ここを設定変更していきましょう。

ツールバー設定

設定前

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 設定初期画面

まずはメニューに必要な機能を追加します。使用しないボタンから、必要な機能をドラッグ&ドロップします。
また必要ないボタンも同じく、ドラッグ&ドロップで削除し、自分で作成するときに必要なツールバーに整えましょう。

設定後

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて ツールバーに機能追加

設定

次に設定です。こちらは初期状態です。

設定前

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 設定

必要な個所にチェックを入れます。

設定後

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 設定後

代替リンクダイアログ」にチェックを入れると、リンクダイアログがすぐに開きリンク設定時の手間が省けます。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 代替リンクダイアログ

フォントサイズ」にチェックを入れると、おもに出版物などで利用するptからWebで利用するpxに変更します。また、72pxなど大サイズが選択できるようになります。

 レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて フォントサイズ

どちらの機能も必須ではありませんので、必要に応じてチェックを入れてください
もっと詳しく

高度なオプション

設定前

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 高度なオプション

「高度なオプション」では、Keep paragraph tags in the Classic block and the Classic Editorにチェックを入れます。

設定後

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 高度なオプション設定後

この設定にしますと、テキスト編集時にタグが残り、ソースコードでの作業がしやすくなります。なお、ビジュアルモードでのみ作業をする方は、必須項目ではありません。

設定前

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 高度なオプションタグ設定

設定後

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて 高度なオプションタグ設定後表示例

Advanced options for tables

こちらは初期設定で特に問題はありません。

レンタルサーバー プラグインTinyMCE Advancedについて Advanced options for tables

管理

こちらも初期設定で特に問題はありません。

レンタルサーバー 管理

他のWordPressで同じ設定にしたい場合は、「設定のエクスポート」「設定のインポート」を利用しましょう
注目です

すべての設定が終わりましたら「変更を保存」をクリックして設定を完了します。

あわせて読みたい

当サイトで解説しているWordPressが使えるレンタルサーバーを比較しています。

こちらもCHECK

レンタルサーバー 比較表・早見表(全共用サーバー・価格スペック別)
レンタルサーバー 比較表・早見表(主要共用サーバー・価格スペック別)

レンタルサーバー(共用)は数が多くてどれがいいのか分かりにくい!という方に、どのレンタルサーバーが自分や自社に適しているか、価格やディスク容量などスペックの違いで比較できるページです。 各レンタルサー ...

続きを見る

まとめ

各ページの内容や表現を充実させるためには、制作・編集環境を整えておくことは大切です。
Advanced Editor Toolsは、数多くのサイトで利用されている無料のプラグインですので、インストールしてサイト制作に集中できる状況を作りましょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)