独自ドメインでのブランディングは必要?

2019年3月13日

ドメインを取るのにお金がかかる

オリジナル(独自)ドメインって本当に必要なの?

お金はかかるし、自分でサイトを作らないといけないし面倒・・という声を多く聞きます。結局、オリジナルドメインを取得するべきかどうなのか、このページで検証します。

ドメインとは?

ドメインを有料で購入すべきか?まずドメインについてですが、ドメインとはインターネット上のホームページの住所のようなもので、たとえばこのサイトは、streamrental.comという他の誰も持っていない完全オリジナルのドメイン=住所です。

基本的には有料(1年更新)で支払い続ければその有効期間内には権利は自分にありますので、アドレスとして利用することができます。

一方、Seesaaブログのような、無料ブログサービスを使えば、わざわざドメインを有料で購入しなくても会員登録すればブログをすぐ立ち上げることができます。ブログのアドレスは、そのブログのドメインになりますが、特にドメインについて意識することなく、しかもゼロ円で始めることができとても便利です。

困ったなあ
オリジナルドメインをお金を払って取るべきか、あるいは無料ブログを使ってドメインは取らないほうがお得なのか、悩んでいます・・
メリット・デメリットを一緒に見ていきましょう!
もっと詳しく

オリジナルドメインを取るメリット

オリジナルドメインを取ってできることなど主なメリットはこちら!

  1. 世界に一つしかないドメインでブランディング
  2. アドレスが短く、ユーザーがサイトを探しやすい!
  3. 長く利用することで検索エンジンで上位表示させやすい!
  4. サイトを引越す時、ドメインも移動させることができる!
独自ドメインでのブランディングは必要?

オリジナルドメイン取っといてよかったあ!

世界に一つしかないドメインでブランディング

1番目は、個人事業主や法人にとってネット上の活動はホームページが営業・会社案内のメインになっていますので、社名や商品名などを入れたオリジナルドメインは今や必須です。

名刺やSNSでドメイン名を掲載して広く知っていただくこと、そしてホームページにアクセスを集めることは、多くの個人・企業が取り組んでいるプロモーション手法の一つです。

アドレスが短く、ユーザーがサイトを探しやすい

2番目は、ユーザー側の視点で考えますと、覚えやすいドメイン、その会社と関連のあるドメインは記憶に残りやすく、オリジナルドメインのホームページは、アクセスを逃す機会を減らすことができます。

長く利用することで検索エンジンで上位表示させやすい

3番目は、「ドメイン年齢」という考え方があり、長く使われているドメインは価値が高い、と検索エンジンが判断すると言われております。

ある日、グーグルのアルゴリズムが大幅に変わって検索エンジン掲載順の変動が大きくなった場合でも、長年の運用で多くのサイトからリンクをもらっているサイト・ユーザーの役に立つ記事を書き続けているサイトは、いずれ上位に戻る傾向もあり、結果的にプラスになります。

サイトを引越す時ドメインも移動させることができる

4番目は、無料のブログを止めて別のサーバーに移動したい場合、そのドメインは新しいブログにもっていくことはできません。オリジナルドメインは、取得した個人・会社の所有ですので移動することができ、愛着のあるドメインを違うブログやレンタルサーバーで再活用することが可能です。

ビジネスでは、オリジナルドメインを取得したほうがいいケースが多いのだ!!!
解決熱血男

オリジナルドメインのデメリットは?

一方、デメリットはどうでしょうか。

  1. 取得や維持にお金がかかる
  2. 利用するのにレンタルサーバーやDNSの知識が必要な場合も

ドメインはコストがかかる最も大きいデメリットは1番目のコストがかかることでしょう。
プライベートな記事を書くぐらいなのですぐに無料で使いたい、ブログを移動する予定はない、移動する場合はドメインにはこだわらない、という方はドメイン取得の必要はないでしょう。

2番目は、オリジナルドメインを取って自分のブログやサイトに適用するときに、若干の技術的な知識が必要になる場合もあります

レンタルサーバー会社によっては、作業を代行してくれるところ、またマニュアルを見ながら自分で作業をするところなどありますので、レンタルサーバー契約時に確認してみてください。

結局どっちがいいのか?

利用する方のニーズによりますが、軽く始めたい・お金をかけたくない・ブログを移動する予定がない方は無料ブログサービスで、ビジネスや仕事で利用する場合、早い時期に検索エンジンで上位表示させたい、長くブログを使いたい方はオリジナルドメインで始めてはいかがでしょう。

ドメインでオリジナリティを発揮しつつ、万が一サイトを移動するときもスムーズに移行できます。
是非、オリジナルドメインで個性のあるブログ・ホームページを始めてください。

 

\さらに詳しく/
ドメイン販売会社8社比較(各社概要)&ドメイン価格早見表

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。