ワードプレス・プラグイン情報 トラブル対応

2019年下半期 WordPressプラグイン脆弱性まとめ

2020年3月31日

2019年下半期も多くのプラグインで、脆弱性が報告されています。2019年7月~2020年3月に発表されたJVNの公開情報に基づいて、WordPressプラグイン脆弱性情報をまとめてお伝えします。

2019年下半期 WordPressプラグイン脆弱性まとめ

JVNとは?

日本で利用されているソフトウェアの脆弱性について、情報と対策を発信しているポータルサイト「JVN」は、Japan Vulnerability Notesの略称でIPA(独立行政法人情報処理推進機構)とJPCERT コーディネーションセンターが共同運営しています。

JVNの公開情報に基づいて、2019年下半期のWordPressプラグインに絞り込んで御紹介します。(2019/7~2020/3 最新順)

Easy Property Listings

2020/2/18公開

WordPress 用プラグイン Easy Property Listings には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Easy Property Listings 3.4 より前のバージョン

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

Custom Body Class

2019/12/12公開

WordPress 用プラグイン Custom Body Class には、複数の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Custom Body Class 0.6.0 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

WP Spell Check

2019/11/26公開

WordPress 用プラグイン WP Spell Check には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

WP Spell Check 7.1.9 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

wpDataTables Lite

2019/10/11公開

WordPress 用プラグイン wpDataTables Lite には、複数の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

wpDataTables Lite Version 2.0.11 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

Category Specific RSS feed Subscription

2019/7/18公開

WordPress 用プラグイン Category Specific RSS feed Subscription には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Category Specific RSS feed Subscription version v2.0 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

WordPress Ultra Simple Paypal Shopping Cart

2019/7/16公開

WordPress 用プラグイン WordPress Ultra Simple Paypal Shopping Cart には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

WordPress Ultra Simple Paypal Shopping Cart v4.4 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

あわせて読みたい

セキュリティ対応が自社では難しい、時間や人員が割けない場合、外部サービスを利用するのも一つの方法です。

Webセキュリティサービス【SiteLock(サイトロック)】

SiteLock

東証一部上場のGMOインターネットのグループ企業であるGMOロジテック株式会社が運営する Webセキュリティサービス「SiteLock」(サイトロック)です。

マルウェアの感染や不正改竄など、サイトの脆弱性に対する攻撃が後を絶たず、自社のブランドを毀損する以上に、ユーザーに被害をもたらす可能性もあります。

「SiteLock」は、年額8,800円(月当たり733円)という低価格で、100ページまでのWordPressで構築したサイトなどのセキュリティ対策を行えるサービスです。
Webサイトおよびアプリケーションの定期的な「脆弱性診断」 や、マルウェアや不正コンテンツを検知する「マルウェア診断」 、そしてサイトの不正な改ざんを定期診断・駆除する「SMART診断」 が行えるほか、Webサイトの信頼性を可視化する安全シールも利用できます。

信用を守るため、ユーザーを守るためにもセキュリティ対策は今や必須です。

SiteLock公式サイトへ

まとめ

2019年下半期にも多くのぜい弱性が公開されています。

もし利用しているプラグイン・クライアントで導入していたプラグインがありましたら、JVNで詳しい情報を確認して、迅速に対応をなさってください。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)