2020年下半期 WordPressプラグイン脆弱性まとめ

2020年下半期はいくつかのプラグインで、脆弱性が報告されています。2020年10月~2021年3月に発表されたJVNの公開情報に基づいて、WordPressプラグイン脆弱性情報をまとめてお伝えします。

2020年下半期 WordPressプラグイン脆弱性まとめ

JVNとは?

日本で利用されているソフトウェアの脆弱性について、情報と対策を発信しているポータルサイト「JVN」は、Japan Vulnerability Notesの略称でIPA(独立行政法人情報処理推進機構)とJPCERT コーディネーションセンターが共同運営しています。

JVNの公開情報に基づいて、2020年下半期のWordPressプラグインに絞り込んで御紹介します。(2020/10~2021/3 最新順)

Paid Memberships Pro

2021/03/17公開

WordPress 用プラグイン Paid Memberships Pro には、SQL インジェクションの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Paid Memberships Pro version 2.5.6 より前のバージョン

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

Name Directory

2021/02/05公開

WordPress 用プラグイン Name Directory には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Name Directory 1.17.4 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

Simple Download Monitor

2020/10/21公開

WordPress 用プラグイン Simple Download Monitor には、複数の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Simple Download Monitor 3.8.8 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

Live Chat – Live support

2020/10/14公開

WordPress 用プラグイン Live Chat – Live support には、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

Live Chat – Live support バージョン 3.1.0 およびそれ以前

対策

最新情報をもとにアップデートを行いましょう ベンダ情報

まとめ

WordPressでは4つのプラグインで脆弱性が指摘されていますが、その他のCMSでも複数報告されています。

2020/11/06 XOOPS 用モジュール XooNIps における複数の脆弱性、2020/11/18と2021/02/24 Movable Type におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性、2020/12/03 EC-CUBEにおける複数の脆弱性などが公開されていますので、JVNで詳しい情報を確認し未対応の方は早急にアップデートなどをお勧めいたします。

 

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。