1分で分かる!LINE公式アカウント新料金プランの変更点:無料メッセージ配信数に要注意

2019年7月3日

LINE公式アカウントトップ

数あるSNSの中でも、全世代で最も利用率が高いLINEは国内の利用者数は9500万以上、そのうち85%が毎日利用している(LINE社公開情報より)ほどで、ネットプロモーションに活用したいと考えている企業も多いはず。

ビジネス利用ができるLINE公式アカウント(旧LINE@)も大きく広がり、企業やショップサイト、そして実店舗で「友だち追加」のバナーやPOPを見ることももはや当たり前になってきました。

そのLINE公式アカウントの料金体系が2023年6月1日に変わりましたので、ポイントを短い時間でわかるようにまとめてみました。(2023年6月更新)

LINE公式アカウントとは?

シンプルに言いますと「企業向けのLINEアカウント」で、LINEを利用している一般ユーザーと友だちになることができる便利ツールです。LINEでは友達になった方とは気軽にメッセージをやりとりしたりしますが、その企業版と考えればわかりやすいですね。

向いている業種・ビジネスは?

1分で分かる!LINE@の新料金プランはここが違う 向いているビジネスは

企業アカウントと友たちになった方にはメッセージを配信できますので、セールやイベントがあるときなど活用できます。そして、LINEはメールに比べて開封してもらえる確率がとても高いという特徴があり、来店してもらえる機会が大幅に増えるメリットもあります。またショップカード(ポイントカード)やクーポンの配布も無料・簡単にできます。

つまりLINE公式アカウントは、短期間で定期的に来店を促す洋菓子・パンなど飲食関係、ファッションなどのショップやドラッグストア・モール、ネイルサロン・美容室などのサービス、イベントや企画を定期的に行う企業などに向いています。

LINE公式アカウントの新料金プラン

2023年6月1日に、新料金プランへ変更となりましたが大きなポイントは2つ、参考ポイント1つの合計3つです。

  1. 一部のプラン名が変更
  2. メッセージ配信数の削減など
  3. 参考:日割りが適用されない

1:一部のプラン名が変更

LINE公式アカウント」無料プランのフリープランがコミュニケーションプランと名称が変更されました。あと2つのプランに名称変更はありません。

旧プラン 新料金プラン
フリー:月額無料 コミュニケーション:月額無料
ライト ライト
スタンダード スタンダード

2:メッセージ配信数の削減など

今回の新プランへの変更で最も大きいポイントがメッセージ配信についてです。
各プランで無料メッセージ配信数が削減されたことと、ライトプランで追加メッセージが不可になった点が大きな変更点です。

LINE公式アカウント 2023年6月1日からの新料金プラン

出所:LINE

プラン毎のメッセージ配信比較

■ 旧プラン

項目/プラン フリープラン ライトプラン スタンダード
月額固定費(税込) 0円 5,500円 16,500円
無料メッセージ通数/月 *1 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金(税別) *1 不可 5円/通 ~3円/通

■ 新料金プラン

項目/プラン コミュニケーション ライト スタンダード
月額固定費(税込) 0円 5,500円 16,500円
無料メッセージ通数/月 *1 200通 5,000通 30,000通
追加メッセージ料金(税別) *1 不可 不可 ~3円/通※2

※1: 無料メッセージには、チャットメッセージ・応答メッセージなどは含まれません
※2: 追加メッセージの単価は配信数によって異なります

メッセージ配信数が大きく減りましたので、友だちとのメッセージによるコミュニケーション頻度などを再考しなければなりません。また、ライトプランでは追加メッセージが送れなくなりましたので、5000通を越えて配信する場合は、スタンダードプランへの変更が必要です。
今回は、コミュニケーション頻度や方法が変わりうる料金プラン変更ですので、じっくり考えて適したプランを選ぶようにしましょう。

3:参考 日割りが適用されない

無料のコミュニケーションプラン(旧フリープラン)からライトプラン、あるいはコミュニケーションプランからスタンダードプランに変更すると、2023年2月1日から月額費全額の支払いが必要になっています。もちろん無料メッセージは全数付与されます。

ココがポイント

無料プランから有料プランの変更のみが、日割りが適用されない、ということがポイントです。
有料プランのアップグレードについては、2023年5月24日以降は差額を支払うことで、月中から適用され、差分の通数も付与されます。

あわせて読みたい

LINE公式アカウントの概要

LINE公式アカウントの概要や始め方などはこちらで解説しています。

詳しくは

LINE公式アカウント導入ガイド ~すぐに無料で始められるプロモーションツール~
LINE公式アカウント導入ガイド:すぐに無料で始められるプロモーションツール

無料で告知などができるSNSのなかでも、リピーター対策として有効なLINE公式アカウントはすべての機能が使える上に、企業も無料で利用を始めることができます。 今回は、LINE公式アカウントの始め方につ ...

続きを見る

レンタルサーバー・テーマ比較

当サイトで解説しているWordPressが使えるレンタルサーバーを比較しています。

詳しくは

レンタルサーバーおすすめ比較表・早見表(WordPress対応共用サーバー)
レンタルサーバーおすすめ比較表:人気ランキング/初期無料/料金/WordPress

共用レンタルサーバーを利用したいけど有料サービスは数が多くてどこがいいのか分からない、絞り込めない、有名なサービスや信頼できるブランドを1ページで並び替えなどで比較したい、共用レンタルサーバーの選び方 ...

続きを見る

当サイトで解説しているWordPress有料テンプレート比較です。プラグインの機能を盛り込んでいるものも多くあります。

【比較】ワードプレステーマ・テンプレート比較一覧表(有料テーマ版)
WordPress有料テーマ料金機能比較:ワードプレスブログおすすめテンプレート

ブログやホームページ制作を無料テーマや自作テーマで始めたものの機能が物足りない、表示速度が遅いなど様々な問題が出てきます。「表示を早くする」「検索で上位になる」「スマホでキレイに見える」など、ブログや ...

続きを見る

まとめ

LINE公式アカウントは「友だち追加」のハードルが高い半面、いったん友だちになってもらえればメッセージの開封率が極めて高く、他のSNSにはない効果を発揮するツールです。

新料金体系のポイントを理解したうえで、料金無料で上手に活用すれば特にリピート商材を持つ企業・ショップには効果が期待できます。まずは実際に検証してみてはいかがでしょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトはホスティング業経験から、レンタルサーバー・ドメイン・ワードプレステーマ/テンプレートを中立の視点から比較評価し、始める・切り替える方の立場に立った情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て2000年 動画配信レンタルサービス「ストレン」起業、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用・PR等に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意の上、上場企業へユーザー移行後に同ビジネス終了、以降はITコンサルティングとして支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)