お役立ち情報 一般

人材不足解消の一つの方法 「オンラインアシスタント」とは?

2021年10月31日

オンラインアシスタント

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタントとは?仕事が忙しくなってきた、あるいは専門的なスキルを持つ人を採用したい、といってもニーズに合う人手が不足ですぐに採用できる保証はありません。
さらに、ホームページやネットショップを始めたものの管理者がいない、という問題もなかなか解消していないのが実情です。
そこで新しい選択肢として「オンラインアシスタント」というサービスが広がりつつあります。今回は「オンラインアシスタント」について、さらに主要サービスについて解説します。

オンラインアシスタントとは?

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタントとはネット経由で業務サポートするサービスオンラインアシスタント」この名前から「サイト上でAIで自動的に応対してくれるプログラム?」のように聞こえる方もいらっしゃるかもしれません。
オンラインアシスタント」とは、インターネット経由で担当者が経理や秘書・サイト管理など業務サポートをしてくれるサービスのこと、採用コスト・人件費や固定費を削減しつつ専門的なスキルを持つ人材を活用できることで注目のサービスとなっています。
似たサービスで「クラウドソーシング」もニーズが高まっていますが、その違いは「オンラインアシスタント」は社員のように業務を行ってもらえるのに対し、「クラウドソーシング」は基本的に案件ごとの仕事で日常業務には向いていません。

ココがポイント

個別の採用・派遣と、クラウドソーシングの中間に位置しているのが「オンラインアシスタント」です。そして、サイト上で自動応答してくれるネットコンシェルジュなどとは違い、あくまでも人が中心のサービスです。

オンラインアシスタントを利用するメリットは?

オンラインアシスタントを利用するメリット

金銭的コスト

人を採用するには、募集にも、維持にも金銭的コストがかかりますのでオンラインアシスタントを活用することで、これらのコストは大幅に削減できる可能性があります。まずは、金銭的コスト面からみたメリットです。

  • 新規採用コスト・人材派遣コストが削減できる
  • 月額固定の人件費が節約できる
  • 社会保険・雇用保険がかからない
  • 不要な時に契約を終了できる
特に重くのしかかる保険関連費用は重要なポイントです。そして、必要な業務が終了した時に正社員は継続して雇用し続けなければなりませんし、配置転換して必ずしも成功するとは限りません。オンラインアシススタントであれば、採用・経営側も精神的な負担なく契約終了ができますので、スムーズな業務運用が可能となります。
注目です

時間・労務的コスト

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタントで専門スタッフを活用次に採用に関わる時間・労力などの問題についてです。必要な技術、とくにIT技術の精通した社員を採用することは、人口減などでますます難しくなる一方です。
様々な媒体で募集をかけて面接をし、その都度合否判断をして採否を伝える。適格者がいなければ、再び募集する・・・など人材採用には時間と労力が非常にかかります。

事前に専門性の高いスタッフを抱えているオンラインアシスタントを利用することは、この採用に関わる問題をクリアする一つの方法となっています。

  • サイト管理など専門的な技術や知識のあるスタッフを比較的短時間で採用できる
  • オンラインアシスタントの活用で採用活動の時間を削減し本業に集中できる
さらにコロナウィルスの影響で、遠隔・リモートサービスに対する考え方が大きく変わり、社内の安全や感染対策のため「オンラインアシスタントサービス」を企業や個人が採用しやすくなっています。アフターコロナのトレンドにあっているサービスともいえるでしょう。
解説です

以上のように、「オンラインアシスタントサービス」を利用すればもろもろの問題を解決しながら、本業を伸ばし、採用に生かすことも可能です。
それでは、当サイトはITビジネス中心に解説していますのでWebサイト管理を中心に主要サービスを見ていきましょう。

主要オンラインアシスタントサービス

フジ子さん

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタント フジ子さん

フジ子さんの特徴

  • 業界標準の半額~のコスト
  • 契約期間は1カ月と短い

東京都中央区銀座に日本本社のあるフジア株式会社が運営する「フジ子さん」は、アシスタントは必要だけどできるだけコストは抑えたい!という方に適しています。標準的なサービス「PLAN301カ月30時間では7.59万円(税込)で、雇用することはもとより他社サービスの金額よりも低価格です。

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタント フジ子さん料金表

出所:フジ子さん

対応業務

WEBサイト運用 ホームページの編集、SNS運用代行、ECサイトの運用代行、クラウドソーシングの管理、画像の加工、編集

経理(クラウドツールの導入サポート・記帳代行・精算管理など)・秘書(調査・リサーチ業務など)・総務(備品購入代行・各種予約など)・人事(給料計算・勤怠管理など)幅広く対応しています。

お試しに「トライアル」(契約期間:1週間、実働時間:2時間)がありますので、正式契約前に実際の作業などを確認することができますよ
もっと詳しく

Remobaアシスタント(リモバアシスタント)

Remobaアシスタント(リモバアシスタント)

Remobaアシスタントの特徴

  • 担当アシスタントチームで対応
  • 余った時間の繰り越しもできる

アシスタントにはある程度高い品質を求めたいという方は、東京都渋谷区渋谷に本社を置く株式会社Enigolが運営する「Removaアシスタント」がお勧めです。

最低契約期間は6カ月~、最も一般的な「スタンダードプラン」では1か月当たり105,600円で実働30時間、平日9時から17時対応で、余った時間は翌月に限り繰越すことも出来ます。(1時間当たり手数料 500円)

Remobaアシスタント(リモバアシスタント)料金表

出所:Remobaアシスタント

対応業務

スケジュール調整 会議室予約、アポイントメント調整とリマインド・出張各種手配。

メール対応 返信チェックおよびアラート、社内メール対応。DM対応や営業メール送付。お問い合わせメールへの返信など様々な形で対応可能。

リサーチ調整 セミナー関連・コワーキングスペース・会議室・発注先のリサーチ、競合価格リサーチ、競合調査リサーチなど。
データ入力 データ入力、データの編集、データ集計、AI・機械学習用のアノテーション、データの転記、議事録の文字起こし、サマリーの作成、資料作成、手書き資料のデータ化、クラウドのデータ管理代行(Box、Dropbox、Googleドライブ、One Drive)および整理、マニュアルの作成、ECの商品登録、レビューコメントへの返信・Salesforce等の社内システムの入力。

経理翻訳業務労務などアシスタント業務を担当します。

Remobaアシスタントの他社との違いが「チーム制で担当」すること。チームであれば、水準を保ちながら安定的に継続してサポートすることが可能となります。
注目です

CASTER BIZ(キャスタービズ)

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタント CASTER BIZ

CASTER BIZの特徴

  • 累計2,000社以上の導入実績に基づく高い信頼
  • アシスタントの採用率1%と高いクオリティ

株式会社キャスターが運営する「CASTER BIZ」は、日本で最初のオンラインアシスタントサービスで、草分け的な存在。この業界では長い実績もあって累計2,000社以上の導入と、実名での利用事例は信頼の裏付けといってもいいでしょう。最低契約期間は6カ月~。

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタント CASTER BIZ料金

出所:CASTER BIZ

対応業務

Web業務 WordPressへの入稿作業・簡単なタグの調整・キーワード埋め込み、ライティングチェック、SNS運用代行、クラウドソーシングのディレクション、受注管理、画像編集、SEO対策、アクセス解析、メルマガ配信など

経理(記帳代行・振り込み処理代行・領収書発行・請求書発行・会社の売り上げ入力など)・秘書業務(リサーチ業務・スケジュール調整・データ入力業務・翻訳バイリンガル業務など)・人事(募集対応・応募者対応・採用手続き・勤怠管理・面接代行など)幅広く対応しています。

ファイリングや郵送物発送代行などオフライン作業も一部可能です。数多くの導入実績があるので、安心して利用できますが念のため、導入に向けての「お問い合わせ」を活用してみましょう
もっと詳しく

3社比較早見表

  フジ子さん Remobaアシスタント CASTER BIZ
料金 75,900円/
月30時間
105,600円/
月30時間 *1
132,000円/
月30時間 *1
無料期間 1週間2時間 1ヶ月 新規:2時間まで
最低期間 1か月 6か月 6か月
Web管理業務 △応相談
カスタム

*料金は税込表示
*1 6カ月契約の1カ月当たりの料金

まとめ

人材不足解消法の一つ オンラインアシスタントを活かして本業に集中を雇用するよりコストを抑えられ、様々な技術を持つスタッフの力を借りて業務を行える「オンラインアシスタント」は、利用する側の企業にメリットがあります。
さらに「オンラインアシスタント」で働く方にとっても、専門知識や技術を活かせる場が増える、在宅でリモートワーク・テレワークで働けるなどプラスの面もあります。
各社サービスメニューが様々ありますので、自社に適切なサービス内容・料金を選び、「オンラインアシスタント」という新しいサービスを活用して本業に集中し伸ばしていくための環境を作ることが大切です。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやドメイン販売サービス・WordPressテンプレートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)