ネットショップもサイト表示速度アップ+αが重要に~ページ エクスペリエンス シグナル導入へ~

2021年4月22日

ネットショップもサイト表示速度アップ+αが重要に~ページ エクスペリエンス シグナル導入へ~

WEBサイトを差別化するポイントとして、サイト表示の高速化がいまや常識となっています。

企業サイトやブログでは、サイトの表示速度アップは検索エンジン上位表示やユーザーに読みやすい環境を提供することでユーザビリティの向上につながり、サイトの閲覧確率を上げるというプラスの結果を導きます。

さらに、検索エンジンの最大手であるグーグルが2021年6月中旬から「ページエクスペリエンスシグナル」を検索のランキング要素に加えることを発表しています。
ページエクスペリエンスとはサイト表示の高速化を含む、ユーザーがページを閲覧することで得られる快適な経験であり、2021年6月以降は検索上位表示対策に欠かせない指標となります。

ネットショップでも、サイトの高速表示などのページエクスペリエンスは確実に欠かせないものとなりますので、その概要について把握しておきましょう。

 

ページエクスペリエンスシグナルを分かりやすく

ページエクスペリエンスシグナルの全体像

 

従来からある4つのシグナル(モバイル フレンドリーセーフブラウジングHTTPSセキュリティ煩わしいインタースティシャルに関するガイドラインなど)が、検索表示順位に影響を与えていました。(上記イメージ図のグレー部分)

そこへ、新しい指標であるコアウェブバイタル(Core Web Vitals)の3つのシグナル、Largest Contentful Paint(LCP)初回入力遅延(FID)Cumulative Layout Shift(CLS)を加えた7つのシグナルをページエクスペリエンスシグナルとして2021年5月から導入するということです。(上記イメージ図の緑部分)

ネットショップ運営者は、この7つのシグナルからなるページエクスペリエンスシグナルに注意しながら、サイトを改善していくということになります。
もっと詳しく

 

具体的な内容は?

ページエクスペリエンスシグナルには7つあることが分かりました。それでは、それぞれのシグナルが何なのかを確認しましょう。より分かりやすくするために表で新指標従来の指標をグループ分けしています。

ページエクスペリエンスシグナル
ウェブに関する主な指標内容
LCP読み込み時間・表示速度の高速化
FIDインタラクティブ性・反応時間の改善
CLS視覚的安定性・レイアウト崩れの改善
従来の指標内容
モバイル フレンドリースマホ表示の最適化
セーフ ブラウジング危険・虚偽・悪意のないサイト
HTTPSサーバー・ユーザー間の暗号化
煩わしいインタースティシャルがないポップアップなど閲覧しにくい広告なし

コアウェブバイタル(ウェブに関する主な指標)が、WEBサイト自体の性能・性質をチェックするシグナル、従来の4指標は安全性・利便性を中心にチェックするシグナルであるとも言えます。

LCPFIDだと何か難しそうに感じますが、「速く表示」「タップしたら早く反応」「表示した時にレイアウトが崩れず見やすく」となれば、より分かりやすくなりますね。「ページエクスペリエンスシグナル」では、今までなんとなく直感的に感じていたことを指標として数値化していますので、運営者側も具体的な改善ポイントが明確になるというメリットがあります。
解説です

 

現状を把握する

次に、自社ネットショップが7つのシグナルで問題がないか、現状を把握することから始める必要があります。

ページエクスペリエンスシグナル
ウェブに関する主な指標 / 目標数値チェックツール
LCP →読み込み開始から2.5秒以内PageSpeed Insights
FID →100ミリ秒未満
CLS →0.1未満
従来の指標チェックツール
モバイル フレンドリーSearch Consle
セーフ ブラウジング
HTTPS
煩わしいインタースティシャルがない

コアウェブバイタル(ウェブに関する主な指標)はPageSpeed Insights、従来の4指標はSearch Consleで確認ができます。なお、モバイルフレンドリーについては、モバイルフレンドリーテストサイトでも確認できます。それでは具体例を見てみましょう。

 

PageSpeed Insights 表示例

PageSpeed Insights 表示例

大手ポータルサイトを検証した結果、パソコンについては3指標ともクリアして合格していることが分かります。アドレスを入力して「分析」をクリック・タップすれば結果が判明します。

 

Search Consle 表示例

Search Consle 表示例

従来の4指標は、サーチコンソールに該当サイト・ネットショップを登録していれば「ページエクスペリエンス」画面で表示されますので、チェックしておきましょう。エラーがあれば、登録したメールアドレスに通知と、管理画面上に赤く表示されますので、内容を確認の上修正を進めましょう。

 

2021年5月以降に導入が予定されていますが、ある日突然ランキングが激変するとは考えにくく、少しづつ検索順位に反映することが予想されます。まずは7つのシグナルを知り、関心を持つことから始めましょう。
もっと詳しく

 

ネットショップにとってのメリット

ページエクスペリエンスシグナルに基づいてネットショップを改善することは、以下のようなメリットをもたらします。

・検索エンジン上位表示
・直帰率の低下
・コンバージョンの向上
・リピート購入率の向上
・サイト滞在率の向上
・ブランディングの成功
・SNSなどでの横への広がり

 

 

サイト表示の速度アップにより、ユーザーにとっては見やすく買いやすくなりますのでSEO対策やCVRの向上につながり、そして結果として“良いショップ”ということから口コミでの拡散、ブランドが広く知られ有名になる、といったプラスのサイクルが回るようになります。
解説です

 

サイトスピードを改善するには?

コアウェブバイタルのLCP、つまりネットショップの表示を高速化するには、最も簡単な方法の一つにサービス・サーバー移行があります。

ネットショップ作成サービス

サイト高速化に対応した代表的なネットショップ作成サービスとして「Shopify」があります。

Shopify(ショッピファイ)~ 越境ECに最適の世界シェアNO.1ネットショップ作成サービス ~
Shopify(ショッピファイ)~ 越境ECに最適の世界シェアNO.1ネットショップ作成サービス ~

対象ユーザー:初級/中級/上級 流通総額10兆円の世界NO.1 ECサイト構築サービス。簡単にすぐネットショップが始められるので国内さらに海外販売も視野に入れたネットショップ運営に最適。 初期費用 月 ...

続きを見る

 

レンタルサーバー

WordPressで自社ネットショップを運営する場合は、高速レンタルサーバーの利用・乗り換えが速度アップには適しています。レンタルサーバー4社(ConoHa WING、エックスサーバー、mixhost、ヘテムル)の比較ページです。

レンタルサーバー4社の比較ページ ストリームレンタルドットコム サーバー版

ストリームレンタルドットコム サーバー版へリンク(別画面表示)

 

まとめ

顧客にネットショップをさくっと素早く見ていただく、そして有意義な情報を得てもらい役立てていただく、事業者側はサイト環境を改善していくために数値化された「ページエクスペリエンスシグナル」を活用する・・・。
ユーザビリティーを高めるための指標がまた新たに加わったと考えれば、あとはユーザーにとって便利なネットショップを構築・運営することには変わりはありません。

改善ポイントが数字やデータで見える化されますので、サービスやサーバー移転、プラグインの活用・サイトのメインテナンス・場合によっては技術的な修正などを組み合わせ、よりよいネットショップへの進化を目指してまいりましょう。

 

記事作成者プロフィール

サイト管理者
サイト管理者ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。

© 2021 ストリームレンタルドットコム ショップ版