ネットショップ作成サービス・ECカート スクエア

Squareオンラインビジネスで月額無料のネットショップをスタートできる

2021年12月2日

Square(スクエア)で無料ウェブショップを運営

「決済サービス(スクエア)でネットショップを始めたいけど、スクエアの決済サービスとの違いがよく分からない・・」という方のために、このページではネットショップ作成サービスと決済サービスの違いについて、簡潔に分かりやすく解説しています。

Square オンラインビジネスは、ECサイトいわゆるネットショップを無料で手軽に構築しスタートできるサービスで、初期費用と月額費用は無料、アカウント登録が完了すれば最短即日でオンラインストアをオープンできますし、入金は自動で最短翌日なので、資金繰りも安心です。それでは詳しく見てみましょう。

対象ユーザー初級/中級/上級

初期費用 月額費用 システム手数料 カード決済手数料
無料 無料
プロフェッショナル
1,200円~
無料 3.3%~(ネットショップ)

こんな方におすすめ

  • 無料で決済付きのネットショップを始めたい
  • ブログ等の外部サイトで、決済ボタンを貼付けて利用したい
  • ネットショップ以外でメール・SNS等でオンライン決済したい

Square(スクエア)とは?

決済サービス Square(スクエア)スクエア」は、ツイッターの創業者 ジャック・ドーシー氏が米国でスタートし、2013年5月より日本でも決済関連サービスを提供開始した決済サービスです。直近は、無料・有料ネットショップ作成ができるサービスとしてさらに進化しています。

決済サービス「スクエア」では、Squareオンラインビジネスでネットショップ作成サービス、Squareオンラインチェックアウトでオンライン決済手段と、大きく分けて2つのサービスを提供していますので、これからネットショップを始めたい方や、メールやSNSで決済リンクをシェアしてクレジット決済を行いたい方に適しています。

他社のネットショップ作成サービスと「スクエア」の大きな違いは、他社では基本的にネットショップのみのサービスに限定されますが、「スクエア」ではSquareオンラインビジネスでネットショップ作成サービス、Squareオンラインチェックアウトでオンライン決済と2つに分けている点です。それでは詳しく見てみましょう。
注目です

主なチェックポイントは?

  1. Squareオンラインビジネスで無料ネットショップを始める
  2. Squareオンラインチェックアウトでオンライン決済を追加する
  3. SquareオンラインビジネスSquareオンラインチェックアウトの違い

1:Squareオンラインビジネスで無料ネットショップを始める

決済サービス Squareでネットショップをスタート

出典:Squareより複数素材

スクエアオンラインビジネスでは、Squareアカウントを作成すれば無料でネットショップを始められますし、決済手数料は無料プランでも3.6%と低く、商品登録数も無制限とスタートアップには最適です。またお届け方法の設定で、店内外受け取り・自店舗スタッフのデリバリーも可能で、コロナ対応としても自社ネットショップを活用できます。

さらに、すでにサイトを運営している、決済サービスを追加したい場合も「スクエア」は対応可能です。スクエアが連携しているWooCommerce、Wix、Magento、CS-Cartなどでは、いくつかの工程でサイトに決済機能を組み込めます。

「スクエア」オンラインビジネスの大きなメリットは、振込手数料やサービス手数料など追加のコストがなく決済手数料(有料プランを利用の場合は月額利用料も)のみですので、コスト計算が容易なうえ、他社と比較しても収益性が高い傾向にあります。
解説です

2:Squareオンラインチェックアウトでオンライン決済を追加する

Squareオンラインチェックアウトでオンライン決済を追加

スクエアオンラインチェックアウトとは、WEBメディアを通して決済を容易に追加するサービスです。すでに展開中のホームページ・ブログやフォロワーや会員を抱えているソーシャルメディア・メールなどに決済を追加しますので、わざわざECサイトを構築する必要がないという大きなメリットがあります。

具体的な方法としては、ホームページやブログ・メールに決済ボタンを埋め込む、もしくはSNSやDM・メールで決済用リンクをシェアするといった簡単な作業で、商品・サービス・寄付の支払いを受け付けることができます。

ネット販売に初めて挑戦する個人・企業にとっては、手軽にオンライン販売をはじめられますし、すでにWEBサイトを持っていてECサイトを運用したくない事業者にはSquareオンラインチェックアウトを利用することで様々な運用コスト・労力を削減することが可能です。
もっと詳しく

3:SquareオンラインビジネスとSquareオンラインチェックアウトの違い

SquareオンラインビジネスとSquareオンラインチェックアウトの違い

これまで見てきましたように、「Squareオンラインビジネス」は、ECサイトを構築して本格的にネット通販を行いたいユーザー、自社サイトにコードを埋め込んで商品を販売したいユーザーに向いてます。

一方で、「Squareオンラインチェックアウト」は手軽にオンライン決済をプラスするサービスですので、ECサイトを運用するまでもない・したくない・手間をかけたくないユーザー、SNSなどで決済リンクを配信することで販売を行いたいユーザー、寄付や費用の支払いなど行うユーザーなどに適しています。

Squareオンラインビジネス」「Squareオンラインチェックアウト」いずれもSquareアカウントを一つ登録すれば月額無料で利用できますので、自分や自社に適したサービスを利用しましょう。
注目です

料金

ネットショップ機能・料金表

ネットショップについて料金をまとめています。
オンラインショップ各プランの料金一覧です。

機能/プラン 無料 プロフェッショナル パフォーマンス プレミアム
月額料金 *1 無料 1,200円 2,500円 6,800円
決済手数料 *2 3.6% 3.6% 3.6% 3.3%
決済手数料(JCB) 3.95% 3.95% 3.95% 3.95%
Square Pay
税金自動計算
容量 最大500MB 無制限 無制限 無制限
商品登録数 無制限 無制限 無制限 無制限
店頭受け取り
デリバリー
商品バッジ
SNS連携
埋込コード追加
年齢確認
パスワード保護 ×
独自ドメイン ×
広告非表示 ×
商品レビュー × ×
カゴ落ち対策 × ×
ギフトオプション × ×
サイト統計データ ×
EC関連統計データ × ×

*1: 年一括支払いの場合の月額換算
*2: Visa/Mastercard/American Express/ JCB/ Diners/Discover, パフォーマンスとプレミアムプランではPayPal(3.6%+40円の決済手数料)による決済も可能
*プラン変更は管理画面からいつでも可能

ネットショップでは、月額無料プランでも決済手数料3.6%(プレミアムプランは3.3%)と他社と比べても低く設定されてます。

入金は、三井住友銀行またはみずほ銀行に口座がある場合は最短で翌日入金、その他の金融機関でも毎週金曜日振り込みですし、振込手数料はかかりませんので、安定した資金管理を行うことができます。

解説です

気になるポイントは?

  1. Squareアカウント一つでネットショップ・実店舗決済が利用できます。
  2. Squareオンラインビジネスはネットショップ作成サービスです。
  3. Squareオンラインチェックアウトは、オンライン決済サービスです。
  4. ネットショップ無料プランは決済手数料 3.6%ですが、有料プラン プレミアムプランでは3.3%になります。
  5. 無料プランではコストが決済手数料のみで収益性が高まります

あわせて読みたい

Squareアカウントの登録方法を詳しく

Square(スクエア)~ネットショップと実店舗の売上・在庫管理連携が1つのアカウントでできる~
無料ネットショップを始める方法【Square(スクエア)編】

個人や企業がネットショップ作成サービス「スクエア」で、ネット通販を始めるケースが増えています。スクエアの特徴は、実際の店舗とネットショップの管理が連携して行えること、ネットショップも無料から始められる ...

続きを見る

実店舗決済・ターミナル端末を検討の方は

Square(スクエア)~ネットショップと実店舗の売上・在庫管理連携が1つのアカウントでできる~
Square(スクエア)~実店舗とネットショップの売上管理等が1アカウントでOK

決済サービス「スクエア」のSquareアカウントを一つ登録すれば、実店舗決済、ターミナル端末にPOSレジと多様なサービス・決済を導入できます。ネットショップは初期費用・月額無料の無料版、機能追加の有料 ...

続きを見る

まとめ

数多くある無料系ネットショップ作成サービスですが、「スクエア」は、Squareオンラインビジネスで無料&有料のネットショップもできること、Squareオンラインチェックアウトではホームページ・ブログ・ソーシャルメディア・メールなど、オンラインの多用な手段で決済を受けるけられること、そしてSquareアカウントを一つ登録することで、ネットショップなどオンラインと、実店舗などリアル決済など幅広く決済手段が利用できるというメリットがあります。

まずは、無料ネットショップを作成して使用感を試してみてはいかがでしょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ユーザー視点でネットショップ作成サービス/ECカートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)