プロモ・販促

MEOとは?ローカルSEOで効率よく上位表示を目指す方法

2022年6月29日

MEOとは?

カフェやショップなど実店舗に来店してもらいたい時、特定のエリア内で効果的にPRできるローカルSEO、あるいはMEOが活用されています。一般のSEOだと全国や世界に向けて発信するにはいいのですが、実際に訪問していただくとなると範囲が広すぎて使いにくい、という課題を解決するローカルSEOについて、そして効率よく結果を出すにはどうすればよいか分かりやすく解説します。

Google ビジネスプロフィールとは?

ビジネスプロフィールサンプル

会社名などで検索した時に、検索サイトの右側に表示される企業情報などをよく見かけますね。これが「ビジネスプロフィール」(旧グーグルマイビジネス)で、グーグルに申請することで無料で登録・作成することができます
このグーグル ビジネスプロフィールがローカルSEOで非常に重要な意味を持っています。

ナレッジパネルとビジネスプロフィールの違い

一方、ナレッジパネルという情報ボックスもあり、人物や場所など基本情報・出生地や所在地等をグーグルが自動的に生成して表示するもので、表示させたい方が登録して任意に作成・公開ができるものではありません

ナレッジパネルサンプル

ナレッジパネルは、ナレッジグラフに存在する対象(人、場所、組織、物事など)を検索したときに Google に表示される情報ボックスです。あるトピックに関する概要を簡単に確認できるようにするためのものであり、ウェブ上で利用可能なコンテンツについて Google が把握している内容に基づいています。

ナレッジパネルヘルプ

ローカルSEOの出発点として、Google ビジネスプロフィールナレッジパネルがある、ということを知っておきましょう。注意点としては有名企業の場合、グーグルが自動生成するナレッジパネルと、企業側が作成するビジネスプロフィールの2つが表示される可能性がありますので混同しないようにしましょう。
解説です

Yahoo!プレイスとは?

ローカルSEO Yahoo!プレイス

Yahoo!にも無料で実店舗の登録・告知ができる「Yahoo! プレイス」があります。国内でよく利用されるYahoo!検索や、Yahoo! MAP、Yahoo!ロコそしてYahoo! BEAUTYなど、Yahoo! JAPANの様々なサービスで横断的にプロモーションを行うことが可能です。
なお、実店舗や施設がない場合には利用できません。

ローカルSEOとは?MEOとは?

MEO表示例

広島 百貨店の表示例

Google ビジネスプロフィール」や「Yahoo!プレイス」では、無料で実店舗の場所や営業時間などの情報発信はもちろん、画像の追加やキャンペーン告知、口コミへの返信とファンづくり、アクセス分析などが行えます。

実店舗のプロモーションでは、実際の来店が目的になりますので、ユーザーは「地域+業種」「最寄駅+キーワード」などで検索するケースが多くあります。

ココがポイント

このように、特定のエリアで検索されるとき上位表示されるように「Google ビジネスプロフィール」や「Yahoo!プレイス」の登録を最適化することを「ローカルSEO」と呼んでいます。

また、グーグルマップやYahoo!MAPで検索時に、3つ程度の数少ない枠に表示させることを「MEO」(Map Engine Optimization)あるいはマップ検索エンジン最適化といい、このローカルSEOとMEOは同義で使われています。

ローカルSEO・MEOでの最重要ポイントは、表示枠数が少ないため最低限上位3位以内に入り表示されるようにすることです。
もっと詳しく

ローカルSEOを実践する2つの方法

ローカルSEOを行う方法としては大きく2つあります。

  1. 自らで最適化の作業を実施する
  2. 外部のサービス(システム/ノウハウ)を利用する

それでは一つずつメリット・デメリットを見てみましょう。

1:自ら最適化する方法

自身で「ビジネスプロフィール」「Yahoo!プレイス」を管理することです。

最大のメリットは「コストがかからない」ことが挙げられます。

しかし、デメリットとしては「作業時間がかかる」「迷ったときに相談ができない」「ノウハウが分からない」など、運用面での課題が出てきます。

2:外部のサービス(システム/ノウハウ)を利用する方法

外部サービスを利用する場合です。

メリットとしては「作業が軽減できる」「管理画面でデータが取れる」「ノウハウを持っている」「結果を出すのが自社で行うより早い・着実」「相談ができる」などがあります。

デメリットは「コストがかかる」ことですが、一般的なSEOよりは料金が低価格である傾向があります。また、「定められた契約期間がある」場合もありますので、スタート前にしっかり確認しておきましょう。

ローカルSEO・MEOで結果を出す、上位表示を行うためには、ノウハウを持った外部サービスを利用することが有効になります。それでは外部サービスの「SHOPコネクト」「cooboo」の2社を見てみましょう。

SHOPコネクト

MEO SHOPコネクト

SHOPコネクト」は、大阪府寝屋川市に本社を置き、自動車販売支援サービスやWebマーケティング事業を行っている株式会社 CTNが2021年5月1日より提供を開始し、運営しています。大きな特徴は3つあります。

  • Google ビジネスプロフィール」「Yahoo!プレイス」に対応
  • 順位計測や投稿予約機能など管理画面が多機能
  • ユーザーとの接点を最大化することを目指して対策を実施

SHOPコネクトは「ビジネスプロフィール」「Yahoo!プレイス」対応

引用:SHOPコネクト

ローカルSEOは、「投稿予約」や「クチコミ管理」など適切な運用を行うこと、そしてYahoo!・Googleの「順位計測」と的確な「競合分析」などデータに基づいた取り組みで検索結果が異なります。
また、複数店を運営している企業は、煩雑な作業を「複数店舗一括管理」で効率よく実行することも必要です。
SHOPコネクト」では、Webマーケティングやコンサルティングを本業として行っている株式会社 CTNが提供していることで、広告費を抑えながら店舗集客の最適化を行えます。

ローカルSEO/MEOは、スマートフォンの狭い画面上での限られた上位表示を狙う戦いになっています。時間との勝負でもありますので、外部サービスを利用することは有償にはなりますがノウハウを買うという選択肢になります。
もっと詳しく
cooboo(コーボー)

MEO cooboo

cooboo」は、東京都渋谷区にある株式会社コーボーが2011年より提供しているMEOサービスです。Google MapsのMEOに特化し、上位表示率:86%(2021年9月時点)という高さから、3,500店以上の利用実績があります。

cooboo」の特徴は3つあります。

  • Google ビジネスプロフィール」に対応
  • 2011年から運用し、3,500店以上の利用実績
  • 月額固定費用プランと成果報酬プランが選べる

「cooboo」のMEOサービスは、GoogleMap専用エリア(1位〜3位)に表示されるように実施する対策のことで、2011年からサービス開始と同業者と比べて長い経験、そしてノウハウを蓄積できる累計3,500点以上という多くの実績に特徴があります。

MEOの結果として上位表示を実現するためには、内部施策(グーグル ビジネスプロフィール内の設定)と、外部施策(アルゴリズム検証に基づいたグーグルマップの上位表示に必要な施策)の両方の継続的な取り組みが不可欠であり、「cooboo」は最低6か月以上の契約期間を通して実践しています。
またプランには、結果を出した場合にのみ支払う「成果プラン」と、固定費用の「月額プラン」の2つがあります。

項目/プラン 成果プラン  月額プラン
初期費用 無料 無料
月額費用 - 18,000円
成果費用 700円(日割り)
21,700円(月額上限)
-
成果ポイント 4キーワード中
1つ以上が上位表示時
-
契約期間 6か月(自動更新) 6か月(自動更新)
対策キーワード 4キーワード 4キーワード
さらに、独自開発の順位測定ツールも利用できます。このツールは、店舗別に計測地点、例えば所在地の市区町村などを変更して順位が取得できるため、圏内のユーザーと同じ検索順位を確認することが可能になります。
解説です

まとめ

ネットショップを運営されている個人・企業で、実店舗を運営している方も多くローカルSEOを取り上げてみました。

ローカルSEO・MEOは、近隣のユーザーに来店していただくため、一般的なSEO以上にきめの細かい更新や投稿、コメントなど最適化作業の継続が重要です。
時間が取れる場合には自社リソースで対応する、時間や労働力を節約したい時は外部サービスを利用するなど、効果的なローカルSEO・MEOを実践してまいりましょう。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ユーザー視点でネットショップ作成サービス/ECカートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)