【比較】 「カラーミーショップ」 既存プランと新サービス “フリープラン”を比較

【比較】ネットショップ作成サービス 「カラーミーショップ」 既存プランと新サービス “フリープラン”を比較

ネットショップが増加し、ネットショップ作成サービス間の競争が激しさを増す中で、日本最大級のサービス「カラーミーショップ」が、2021年5月13日から初期・月額無料の「フリープラン」をスタートしました。

無料サービスとしては、先行するBASEやSTORESと比較しても遜色ない内容に設計されていて、ショップオーナーにはメリットが多い大きな選択肢の一つとなります。当ページでは主に、カラーミーショップ「フリープラン」と既存の有料プランを比較してみます。

 

カラーミーショップとは?

ネットショップ作成サービス カラーミーショップとは?
引用:カラーミーショップ

 

東京都渋谷区に本社を置く東証1部上場のGMOペパボ株式会社が運営する、誰もが簡単にネットショップを構築・運営できるネットショップ作成サービスが「カラーミーショップ byGMOペパボ」です。

デザインテンプレートが準備されており、簡単な設定でネットショップがスタートできる簡便さ、そしてクレジット決済やコンビニ決済などニーズに合った決済方法が選べる利便性、さらにネットショップ作成サービス内でサイトを作って公開する「ネットショップ作成サービス」と、自社サイトなど外部サイトにカートを設定できる「ショッピングカートサービス(カート貼り付け機能)」そのいずれも利用できることから、「カラーミーショップ」は2005年のサービス開始以来、数多くの個人や企業で利用されています。

 

カラーミーショップの特徴まとめ

  1. デザインのカスタマイズで好みのショップを構築
  2. 充実の機能でもカラーミーショップへの販売手数料は0円
  3. 外部サイトをショッピングサイトに出来る、自社サイトのネットショップ化もOK
  4. 開店セミナーや引っ越しサポートなど支援充実・電話やメールでサポート
さらに詳しく知りたいときはこちら

カラーミーショップを詳しく

カラーミーショップ~月商が見込めるなど軌道に乗ったショップに最適なネットショップ作成サービス
カラーミーショップ~軌道に乗ったお店に最適なネットショップ作成サービス

システム利用料が無料なので、一定の売り上げが見込める場合は利益率が高くなるネットショップ作成サービスです。GMOペパボが運営し、レンタルサーバーなどの運営実績も多く、安定したサービス展開が期待できます ...

続きを見る

 

無料のネットショップ作成サービスが求められている背景

インターネット上で商品やサービスを販売するネットショップと、ネットショップを構築できるサービスを提供するネットショップ作成サービスに、大きな変化が起きています。

ネットショップの運営を行うユーザー側の視点と、サービスを提供する事業者側の視点で考えます。

ネットショップオーナーの視点で考えるまず、ネットショップを構築し運営するユーザー・ショップオーナーの視点からすると、インターネット上で販売するネットショップは、コロナウィルスの影響を受け非接触ビジネスの代表格として参入する個人や企業が増え続けています。
しかし新しいビジネスだけに、初期コストや維持費をかけたくないという心理が働きます。特に、実店舗を運営していて新規でネットに進出する場合や、新商品を初めて発売する場合は、リスクを可能な限り低減して市況や様子を見てみたいということになり、その結果として高額なネットショップ作成サービスより、コストがかからないネットショップ作成サービスを利用する傾向が高くなります。

無料ネットショップ作成サービスDX(トランストランスフォーメーション)を促進次に、ネットショップ作成サービスを提供する事業者からの視点では、上記のニーズが増えることと比例して、初期費用や月額が無料のネットショップ作成サービスが急成長していますので、有料サービスの提供事業者も、無料のネットショップ作成サービスを提供する必然性が出てきます。
右肩上がりで増加しているネットショップオーナーに自社サービスを利用してもらう機会を増やすと同時に、DX(デジタルトランスフォーメーション)化の下支えとなりますので、ビジネス的にも社会的にも求められていることと方向性が一致します。

 

初期・月額を無料にすることでネットショップを始める敷居を下げ、軌道に乗った場合、さらにステップアップで、機能を豊富に提供している有料プランに容易に移行してもらうために、無料ネットショップ作成サービスは入り口として欠かせない存在になっているということです。
解説です

 

主要無料ネットショップ作成サービスとの比較

それでは、カラーミーショップフリープラン」と主要な無料サービス「BASE」「STORES」との料金を比較してみましょう。

無料系ネットショップ作成サービスロゴ

 カラーミーショップ
「フリープラン」
BASESTORES
「フリープラン」
初期費用0円0円0円
月額費用0円0円0円
決済手数料6.6%+30円3.6%+40円 *15%
販売(サービス)手数料0円3% *10円
入金日(標準)翌月末申請から10営業日翌月末
月額有料プランあり無しあり
月額有料プランへの変更
2021年秋対応予定
×
広告/著作権非表示
HTML編集で削除可

オプション月550円
×
有料プランへ移行で可能

*1 BASEは商品に加え、送料にもかかります。

 

無料ネットショップ作成サービスレーダーチャートいずれのプランも初期費用・月額費用はかかりませんが、1件当たりのコスト(決済+販売手数料)は、STORES「フリープラン」が5%と最も安く、次いでカラーミーショップ「フリープラン」の6.6%+30円、BASEは6.6%+40円ですが送料にもかかりますので最もコストが高くなります。
さらに、ネットショップが成長した時、コストを下げる手段として月額有料プラン(上位プラン)に変更するという方法がありますが、STORES「フリープラン」は変更可能、カラーミーショップ「フリープラン」は2021年後半から対応可能予定です。BASEには月額有料プランはありません。
上位プランの機能の豊富さや無料プランの機能性の高さは、カラーミーショップにメリットがあり、逆に管理画面の分かりやすさ・操作性はシンプルなBASEが初心者にもやさしい設計になっています。

さらに、ブランディングの面ではカラーミーショップ「フリープラン」は「Powered by カラーミーショップ」の著作権表示をHTML編集で削除することができます。
BASEは有料オプションで非表示が可能、STORES「フリープラン」では非表示が不可で、有料プラン「レギュラープラン」への移行が必要です。

 

ネットショップの将来の成長を見込む場合は移転の時間的コストを考慮して、多機能で信頼性の高い有料プランを提供しているサービスを最初から利用することがポイントです。月額有料プランへの変更でユーザビリティを高めながら、コストを落とす戦略が有効です。
解説です

 

カラーミーショップのフリープランと有料プランとの比較

ネットショップ作成サービスカラーミーショップ料金表

引用:カラーミーショップ

 

カラーミーショップ」は2つの有料プラン「ラージ・レギュラー」を提供していますが、さらに初期費用・月額が無料の「フリープラン」が加わり、ユーザーは3つのプランから選べるようになりました。有料プランと無料の「フリープラン」を比較してみます。

 

フリープラン vs 有料プラン 利用料金など比較

まず、初期費用や月額費用など利用料金を比較してみます。

 フリーレギュラーラージ
初期費用0円3,300円3,300円
月額費用0円3,300円7,945円
販売手数料0円0円0円
決済手数料一律 6.6%+30円/1件個別個別

*料金は税込表示
*支払い方法:銀行振込・クレジットカード(自動更新)・銀行自動引き落とし・おさいぽ!決済
*契約期間:3・6・12か月

「フリープラン」は、初期費用・月額費用いずれもかかりませんので、初めてネットショップを始める方や新商品などをネットで販売したい方に適しています。
注意点としては、全プランとも販売手数料は0円ですが、決済機能を追加する場合に外部決済代行会社と契約する必要があります。さらに有料プラン決済代行会社への月額固定費・決済手数料がかかる場合もあるので事前に知っておきましょう。なおフリープランに追加するときは、月額固定費はかかりません。

 

景気が厳しい昨今、ネットショップ運営とコストについては常に考えておく必要があります。月額固定費がかからない「フリープラン」で運用を始め、月商10万円前後になると月額費用がかかる有料プラン「レギュラープラン」の方がトータルコストが低くなるというデータもありますので、どの程度の月商になれば有料プランに移行するかを先回りで検討しておきたいところです。

フリープランとレギュラープランの月別手数料比較

カラーミーショップのデータを基に弊社で作成したグラフです。
月別の「フリープラン」「レギュラープラン」手数料の推移ですが、月商7~8万円で「レギュラープラン」の手数料が「フリープラン」の手数料を下回る結果となっています。個別のケースではこの試算とは違いが出てきますが、方向性としてはこのような傾向になりますので、自社のケースに合わせて両プランをうまく使い分けましょう。

解説です

 

フリープラン vs 有料プラン 決済手数料・方法比較

ネットショップ作成サービス カラーミーショップ 決済関連比較

ネットショップには必須の、決済関連について比較します。

カラーミーショップで構築したネットショップで、決済を行うためには外部の決済サービスとの契約が必要です。その中でも「カラーミーぺイメント」は、GMOイプシロン株式会社がネットショップ用にパッケージ化した決済サービスで、クレジット決済やコンビニなど幅広い決済方法が含まれており、ネットショップにとっても消費者にとってもメリットの多いサービスです。

「フリープラン」では、カラーミーペイメントしか選択できませんが、有料プランはカラーミーペイメントのほか、様々な決済サービスを選ぶことができます。
なお、「フリープラン」で利用するカラーミーペイメントと、有料プランで利用するカラーミーペイメントでは、名称は同じですがサービス内容が異なっていますので注意しながら、比較一覧表をご覧ください。

 フリーレギュラーラージ
選べる決済サービスカラーミーペイメントのみ カラーミーペイメント/
複数サービス選択可
カラーミーペイメント/
複数サービス選択可
決済手数料一律 6.6%+30円/1件個別
選べる決済方法・決済手数料・注意事項など(カラーミーペイメント比較)
クレジット〇 *1
(4%~)
コンビニ〇 *2
(セブンイレブンは法人のみ)

(130円~)
銀行
(バーチャル口座のみ)

(ネット銀行・口座振替)
後払い〇 *3
(GMO後払い)
〇 *4
(4%~)
Amazon Pay
(法人のみ)

(月額2,000円+4%)
代引き決済×
(280円~)
楽天ペイ×
(月額2,000円+4%)
LINE Pay×
(月額2,000円+3.45%)
PayPay×
(月額2,000円+3.45%)
キャリア決済×
(法人 3キャリアセット月額3,000円+6%)
 フリーレギュラーラージ

決済手段・手数料について カラーミーペイメントを選択した場合の一覧です。
*1 5大国際ブランド(VISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners Club)利用可
*2 セブン-イレブン(法人のみ)/ローソン/ファミリーマート/セイコーマート/ミニストップで支払い可
*3 フリープラン GMO後払いの場合、請求書の発行に 180円/回かかります
*4 有料プランの場合、請求書の発行に 150円/回かかります

「フリープラン」のカラーミーペイメント審査(決済導入までにかかる期間)は、クレジットカード・銀行振込(バーチャル口座)が申請から最短翌営業日、その他の決済方法は本人確認書類の提出後に審査が行われ、利用することが可能となります。

入金については、売上から上記決済手数料を差し引かれた金額が、翌月末に指定口座に振り込まれます。フリープランの手数料は、一律で決済金額の6.6%+決済1件あたり30円とシンプルですので、決済方法毎に料率が異なることもなく資金管理が容易です。

なお留意点としては、銀行振り込みはバーチャル口座に振り込む形式ですので、直接消費者から銀行口座に振込が行われないこと、そして個人で契約する場合は、コンビニのセブンイレブン、Amazon Payを利用できません

各プランとも始める場合は、まずカラーミーショップに登録し管理画面にログインします。最初に特定商取引に関する情報を入力し、販売したい商品を登録します。
そして「フリープラン」では、カラーミーペイメントへの申し込みが必須となります。有料プランでは、カラーミーペイメントのほかPayPal(一部限定提供)、クロネコwebコネクト、佐川急便系のSGシステム クレジットカード決済なども利用できます。
解説です

 

 

フリープラン vs 有料プラン スペック・機能比較

ネットショップ作成サービス カラーミーショップ スペック・機能比較

それでは、機能についてプラン毎の比較を見てみましょう。いずれのプランも商品登録数は無制限です。

スペック・ショップ作成運用フリーレギュラーラージ
ディスク容量200MB5GB100GB
フリーぺージ10P10,000P10,000P
登録画像数~4枚/1商品~50枚/1商品~50枚/1商品
テンプレートプラス550円/月
FTPアップロード550円/月
デザインテンプレート登録数~5点~10点~10点
名入れ機能×
都道府県別 配送日設定×
アクセス解析機能制限あり
550円/月で全機能利用
HTML/CSS編集
独自ドメイン設定
Instagramショッピング連携550円/月550円/月550円/月
常時SSL○ *1○ *1○ *1
商品情報・顧客情報
CSV一括登録
×
副管理者設定
ショップ用メールアドレス
iPhone/Androidアプリ
定期購入で利用できる決済方法×銀行払い・代引き銀行払い・代引き
クレジットカード
メール・電話サポート
メールのみ
集客・追客フリーレギュラーラージ
商品レビュー×
クーポン発行×
フォローメール×
Google Analytics eコマース×
カート貼り付け機能
メールマガジン発行
 フリーレギュラーラージ

*1 独自ドメイン利用の場合は1,100円/月

「フリープラン」は、ディスク容量が200MBと少なくCSV一括登録に非対応と、商品数が多いネットショップよりも、商品数を絞って販売するショップに適しています。
また、定期販売の決済非対応、サポートがメールのみ、販促関連機能の商品レビュー・クーポン発行・フォローメールなどが非対応にも注意が必要です。

ネットショップの構築・カスタマイズ一方で、HTML/CSS編集独自ドメイン常時SSLカート貼り付け機能は有料プランと同じく利用できますので、はじめてネットショップを構築してみる・ソースコードを修正して世界観にマッチしたネットショップにカスタマイズする、独自ドメインでSSL化したセキュアなショップを作るスタートとして利用できます。
また、自社サイトやブログなどの外部サイトをカート貼り付け機能を使ってネットショップ化する、などさらに一歩進んだネットショップを運営することもお勧めです。

 

気になるポイントは?

  1. フリープランから有料プランへの変更は2021年秋ごろ対応予定です。有料プランからフリープランへの変更はできません
  2. フリープランでは、決済サービスが「カラーミーペイメント」のみ選べます
  3. フリープランのサポートはメールのみになります。
  4. フリープランの販売最低価格は100円です。
  5. フリープランでは、受注作成・卸販売・ウェルカムクーポンのアプリが利用できません。

あわせて読みたい

新規申し込みの流れ

カラーミーショップ~月商が見込めるなど軌道に乗ったショップに最適なネットショップ作成サービス
カラーミーショップ ~機能が豊富なネットショップ作成サービスに新規で申し込む~

急拡大しているネットショップ、そしてネットショップを背後で支えているネットショップ作成サービスの契約も増えていますが、その中でも機能が豊富な「カラーミーショップ」は注目のサービスの一つです。 カラーミ ...

続きを見る

 

まとめ

ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」が新しく始めた初期費用・月額無料の「フリープラン」で、ネットショップを格段に始めやすくなりました。
コストゼロでスタートができますので、個人・法人のスタートアップや、新商品で売れるかどうか様子を見たいネットショップ、初めてインターネットに進出する実店舗を経営するオーナーなど、益々活用の幅が広がります。
「フリープラン」「有料プラン」の機能や特徴を理解して、自社のネットショップに最適なプランを検討してみましょう。

 

 

記事作成者プロフィール

サイト管理者
サイト管理者ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。