市場調査・EC関連

【統計情報】ネットショッピング(2021年9月)の利用状況は?

2021年11月9日

2021年11月はコロナウィルスの影響も落ち着きはじめ、経済活動が少しづつ戻りつつあります。旅行や飲食などリアルな経済が動くにつれ、ネットショッピングの動向はどうなのか?気になるポイントではあります。総務省統計局が2021年11月5日に発表した2021年9月の「家計消費状況調査」でチェックしておきましょう。

【統計情報】ネットショッピング(2021年9月)の利用状況は?

1年前と比べた支出金額は?

2020年9月と2021年9月を比較したネットショッピングの支出額は、12.1%の増加。また、1世帯当たり(2人以上)の支出額も6.7%の増加となりました。

ネットショッピングの支出額2021年9月

出典:総務省統計局

「ネットショッピングの支出額の推移」折れ線グラフを見てみますと2021年4月以降も、各月とも昨年・一昨年の実績を上回っており、ネット通販が定着していること、しかしながら金額は18,000円を上限に、やや横ばい傾向にあることが分かります。

ネットショッピングを利用している世帯割合は?

次にネットショッピングを利用している世帯の割合を確認しましょう。
2020年9月は49.9%に対し、2021年4月は52.5%と2.6%上昇し、2021年は常に5割を越えています。

ネットショッピングを利用している世帯の割合2021年9月

折れ線グラフでは、2021年に入り常に50%を上回っておりますが、コロナが落ち着き始めたためか2020年からの上昇幅が小さくなり横ばい状況ですので、年末にどの程度割合が増加するかが注目ポイントです。

何の購入・支出が増えている?

最後に、どの分野の商品やサービスが利用されているか確認します。
2021年4月のデータでは、ネットショッピング全体に影響を与えている項目は「旅行関係費」で、名目増減率が驚きの207.3%、名目寄与度が5.40%となっていました。

2021年9月のデータでは、「食料」の名目寄与率が最も高く8.28%「保険」は名目増減率が最も高く48.9%となりました。

ネットショッピング全体に影響を与えている項目2021年9月

2021年9月前半はコロナショック真っ最中、9月後半は収まりつつあるという混在した状況の中で、巣ごもり関係の「食品」、ネットでも購入できる「保険」「保健」「医療」、そして秋口から「贈答品」が増加しているという、興味深い結果となっています。

9月のデータですので、まだ巣ごもり系が強めの数字となっていますが、10月以降のコロナウィルス激減でどのような推移となるか、どの分野が伸びてくるか見ておく必要があります。
もっと詳しく

あわせて読みたい

2021年4月の利用状況は?

【統計情報】ネットショッピング(2021年4月)の利用状況は?
【統計情報】ネットショッピング(2021年4月)の利用状況は?

コロナウィルスの影響ですっかりライフスタイルが変わってしまった感がありますが、ネット通販・ネットショッピングについてどのように変化しているのか、総務省統計局が2021年6月4日に発表した「家計消費状況 ...

続きを見る

こちらもCHECK

ネットショップ13社 ショッピングカート料金機能比較
【2022年度比較】ネットショップ13社 ショッピングカート料金機能比較

ネット通販でありとあらゆる商品が購入できるようになりましたが、経済産業省のデータ(2021年公開)によりますと、意外にも国内の物販系EC化率はわずか8.08%と低いシェアに留まっています。 しかし、ま ...

続きを見る

主要ネットショップ作成サービス・ショッピングカートサービスを比較・評価します。

出典

総務省統計局 「家計消費状況調査 ネットショッピングの状況について」

まとめ

世界でも例がないほど、日本ではコロナウィルスが急減しており事業者や消費者も、様子を見つつゆっくりと経済活動を再開している状況と思われます。

ワクチン効果か、重傷者も激減しておりますので、もし仮に2022年に第6波がやってきたとしても、過去のような経済の急落はないと想定されますので、ネット通販事業者はその前提で事業展開をスケジューリングし、伸びる分野に注力する、過剰在庫を避ける等、市場ニーズに沿ったビジネス行動を行っていきたいところです。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、ユーザー視点でネットショップ作成サービス/ECカートの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・比較情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証グロース上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)