ネットショップ作成サービス「BASE」がクラウドファンディング「CAMPFIRE」連携App提供開始

2021年7月10日

ネットショップ作成サービス「BASE」がクラウドファンディング「CAMPFIRE」連携App提供開始

個人や企業で行う事業活動の生命線は“資金”ですが、比較的低コストで始められるネットショップでも同様です。
資金調達の手段として、クラウドファンディングが広く利用されていますが、ネットショップ運営者がより簡単にクラウドファンディングを始められるサービスがスタートしました。

 

新サービス概要

「CAMPFIRE連携 App」で手軽にクラウドファンディングを

ネットショップ作成サービス「BASE」にのみアカウント登録すれば、管理画面から「CAMPFIRE連携 App」を設定することで、CAMPFIREに別途アカウント登録することなくクラウドファンディングのプロジェクトを作成・公開することができます。

 

BASEとCAMPFIREは2020年11月13日に資本業務提携しており、BASEのユーザーで資金調達が難しい個人・企業に対して、クラウドファンディングを利用しやすい環境にすることを目的に、今回のサービス開始となりました。
もっと詳しく

 

ネットショップのクラウドファンディング事例

漠然としたアイデアや長年温めていた夢が、クラウドファンディングにより資金を集めることで実現する可能性が出てきます。
「プロジェクト」という具体的な形にすることから始めてみましょう。

ネットショップのクラウドファンディング事例

 

BASEとは?

BASE株式会社が運営している、初期費用・月額費用も無料で、クレジット決済などの支払い手段もワンストップで提供するネットショップ作成サービスが「BASE」(ベイス)です。ネット通販・ECビジネスをスタートする事業者や個人が数多く利用しています。

無料ネットショップ作成サービス「BASE」

引用:BASE

 

BASE」(ベイス)を利用すれば、有形の物販はもちろん無形のサービスダウンロード販売、そしてコンスタントに売り上げが上がる定期販売なども簡単に行えることから、非接触ビジネスの代表格としてネット通販が拡大中です。

 

BASEについてさらに詳しく

今だからリスクなしでネットショップをスタート ~BASEが使われる理由 ~
今だからリスクなしでネットショップをスタート ~BASEが使われる理由 ~

対象ユーザー:初級/中級   巣ごもり消費が広く、そして長くなるにつれてネットショップの売り上げが伸び続けています。 一方で、物販・サービス業の実店舗販売は厳しく、ネットショップを始めること ...

続きを見る

 

CAMPFIREとは?

クラウドファンディング CAMPFIRE

引用:CAMPFIRE

 

株式会社CAMPFIREが運営するクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年の開始から53,000件以上のプロジェクトを掲載し、流通金額が450億に上る国内最大のサービスです。

一般的なクラウドファンディングのほか、購入型・寄付型クラウドファンディング「GoodMorning」や継続課金型クラウドファンディング「CAMPFIRE Community」、融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」など多様な形態のサービスをグループを通じて行っています。

 

サービスの利用方法

まず「BASE」公式サイトにアクセスし、アカウントを作成します。
その後、管理画面にログインします。

CAMPFIRE連携 Appを選択

App」画面に移動し、「CAMPFIRE連携」を選択します。

 

 

設定を編集する

「CAMPFIRE連携 App」の画面が表示されますので、「設定を編集する」をクリック・タップすると「BASEショップアカウントでプロジェクトをはじめる」画面が表示されます。

 

 

具体的なクラウドファンディングプロジェクトをスタート

同意して、プロジェクトを作る」をクリック・タップして、具体的なプロジェクトを進めていきましょう。

ネットショップ作成サービスの競争も激しさを増しており、機能拡張のほか、他社とのサービス連携もこれから増えることが予想されます。自社が必要とするサービス連携があるネットショップ作成サービスはどれかを意識して選択することも大切です。
解説です

 

出典

クラウドファンディング「CAMPFIRE」、「BASE」アカウントを利用して簡易ログインが可能に
(PRTIMES)

 

まとめ

ビジネスの血液でもある“資金”をクラウドファンディングで調達することは、認知度を上げるPRとファンを増やし売り上げを拡大する営業を同時に行うことにもなります。
一方で、クラウドファンディングで資金を集めることにはコツもありますので、CAMPFIREの支援を上手に活用しながらビジネスの維持・拡大に役立ててください。

 

 

記事作成者プロフィール

サイト管理者
サイト管理者ITサポート/コンサルティング/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

当サイトでは、ホスティングビジネスの経験を踏まえ、ユーザー視点でレンタルサーバーやECサービスの評価をし、これから始めたい・切り替えたい方の立場に立った記事・評価・比較情報をお届けします。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、そして映画・音楽好き(主に洋楽)。