働く・転職

混乱の時代にフリーランスが身を守るには?「フリーナンス」の活用を

フリーナンス

新型コロナウイルスの影響で、国内外の経済状況は崖っぷちの状態です。

混乱の時代に仕事を確保する・フリーランスが身を守るには?企業の経営者も、企業を存続させ雇用を守るために精一杯知恵を絞り、奔走しているにもかかわらず倒産件数も増加しています。まったく先が読めないこのリスクは、1年~数年程度も続くとの予想もされています。
現状、フリーランスの仕事も激減し、派遣切りも行われ、その次に正社員も安穏とはしていられなくなると思われます。

コロナ解雇!? これから迫りくる「雇用危機」の嵐に備えよ

景気失速の影響を注視しなければいけません。政治家や公務員は休職になっても報酬は保証されます。しかし、労働者はそうはいきません。喫緊に備えなければいけないのです。

Yahoo!ニュース

自分の身を自分で守るため、売り上げの確保やフリーランスの補償について考えてみます。

今、契約している会社が不安な方の対応

今回のコロナリスクは、宿泊・観光・飲食などサービス業や広告・エンタメ業界などに大きな影響を与えており、大企業といえども、将来も100%安心とは言い切れません。
さらに中小企業となると、リストラ、さらには倒産リスクも高まり、その企業に勤める方々は特に不安に思っていらっしゃるのではないでしょうか。

立場が弱いフリーランスは、さらに契約の維持や新規顧客獲得の難しさもあって、正社員が受ける影響をはるかに超えているのが現状です。

個人事業主・フリーランスの支援

フリーランスの対応策

技術・スキルや人脈を生かして仕事をこなすフリーランス(個人事業主)は、今回のコロナリスクで真っ先に影響を受けているといっても過言ではありませんので、対応策としては、フリーランスが加入できる補償・保険の枠組みを知り、参加することで、現在も続いている厳しい経済状況下に少しでもショックを和らげる手立てを打つことが重要です。

フリーランスの補償で安心確保「フリーナンス」

フリーナンス

フリーランスの不安材料を解消するために

フリーランスの大きなデメリットでもある報酬の未払いや仕事中の事故は自分のみならず家族の生活に直結する大問題です。フリーランスは、支払いや不慮のけがや事故など不安を感じたことは1度や2度ではないはず。

フリーランスが、安心して働ける環境を作るために必要なサービスが「フリーナンス(FREENANCE)」です。

口座を作ればフリーランスにも補償が

フリーナンス(FREENANCE)」は、GMOインターネットのグループ会社「GMOクリエイターズネットワーク株式会社」が運営しています。

フリーナンスとは日本で初めてのフリーランス向け収納代行サービスと即日払いサービスのことで、アカウントを無料開設すれば、 損害賠償保険 「あんしん補償」が、全ての登録者に自動的に付与されます。また、支払いにも困ることがないように、請求書をフリーナンスで買い取る 「即日払い」を利用することもできます。

メリット一覧

  1. 振込専用口座の口座維持手数料や、振込手数料は無料
  2. 支払いサイクルが合わないとき、即日払いサービスで現金化できる
  3. 無料で口座を開設するだけで事故・所得などの補償がつくので安心

利用までの流れ

フリーナンスへの登録から利用までの流れです。

step
1
ユーザー登録しフリーナンス口座開設

まずはフリーナンス公式サイトにアクセスし、ユーザー登録を済ませます。個人の場合は運転免許証もしくはパスポート、法人の場合は登記簿謄本・身分証が必要です。

step
2
振込先をフリーナンス口座に指定

ビジネスや事業の振込先に、フリーナンス口座を指定します。

step
3
フリーナンスに請求書を登録(オプション)

事前にフリーナンスへ、事業者がどのような振込があるかを通知しておけばまさかの時に審査が早く進みます。

step
4
継続して与信スコアのアップを目指す

フリーナンス口座に継続的、あるいは安定して振り込みがあると与信スコアが上がり、様々なサービスを利用しやすくなります。

基本的には、フリーナンスに登録して、次に振込先をフリーナンス口座にしておくこと、そうすれば複数のサービスが利用できるということになります。
分かりやすく!
利用者として最も気になるのは、フリーナンスの信用度ですが、東証一部上場のGMOインターネットのグループ企業が運営していることと、数多くの利用者コメント・感想が公式サイトに掲載されていますので、そちらで確認するのもお勧めです。
もっと詳しく

まとめ

戦後、私たちが経験したことのないリスクが目の前に広がっている今、過去の経験則にとらわれることなく、冷静に自分と家族、大切な人を守るため、的確に判断し動く必要があります。

天網恢恢疎にして漏らさず

国や自治体が行う施策はプラスアルファと捉えて、まずはフリーランスである自らでできること・やらなければならないことを着実に進めてみましょう。行うべきことを行っていれば、結果は必ずついてくるはずです。

記事作成者プロフィール

佃 直毅
佃 直毅ITサポート/コンテンツプロデュース
株式会社ストレン 代表取締役社長
MCP,2級知的財産管理技能士
おすすめ情報サイト「マイベスト」レンタルサーバー・ドメイン監修

当サイトでは、生活に役立つライフスタイル情報や、ツール・グッズ・ガジェットなどハードウェア、そして働き方や学びに関する情報をお届けします。

【仕事略歴】早稲田大商卒。東証一部精密機器メーカー、レコード会社を経て独立後、2001年に動画配信(ストリーミングサーバー)レンタルサービス「ストレン」を立ち上げ、マイクロソフト認定パートナーとしてサーバー構築・運用からPRまで全般に携わる。2015年、東証マザーズ上場企業・お客様と合意のもと、上場企業サービスへ移行していただき同ビジネス終了、以降はITサポート・コンサルティングとして企業の支援に。

【趣味】プロ野球/MLBなどスポーツ、映画・音楽好き(主に洋楽)