レンタルサーバー カゴヤ

カゴヤ S21~高セキュリティ・安心サポートの共用レンタルサーバー~

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21とは?

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ
3,300円 2,200円 共用サーバー S21 200GB

法人向けサービスのオールラウンダー

KAGOYAのレンタルサーバーサービスを提供しているカゴヤ・ジャパン株式会社は、1998年からISPサービスを開始しています。実は創業は1926年と極めて古く、創業時の茶摘かご販売店にはじまってLPガス供給事業、そしてホスティングサービスに至るという社歴の長い企業です。

茶摘かご・・・カゴヤ・ジャパン・・・なるほど
解決熱血男

レンタルサーバーサービスを提供する企業には大きく分けて、回線・ネットワークの強みを活かした通信キャリア系とドメイン販売・ISPなどから拡大したITビジネス系があります。
カゴヤ・ジャパン株式会社は後者にあたり、ホスティングビジネスを長期運用しながらサービスを磨きつつ、自社運営のデータセンターを構築し、他のレンタルサーバーサービス企業とは違う強みを持ったホスティング特化の企業です。

KAGOYAのレンタルサーバーサービスは、共用サーバーを始め、専用サーバー、VPS、クラウド系サービスなど多岐に渡りますのでこのページでは、法人に支持の高い共用サーバーサービスに絞って解説します。

主なチェックポイントは?

KAGOYAのレンタルサーバーは、長年の運用実績から様々なメリットをサービスに盛り込んでいますので、運用に必要な機能はそろっています。主なポイントは下記のとおりです。

  1. 法人利用も満足させる多数の機能
  2. 高レベルのセキュリティ対策
  3. サーバー環境やデータ保全の信頼性
  4. 充実したサポートサービス

1:法人利用も満足させる多数の機能

機能性

基本機能が充実していますので法人サイトを始める、あるいは移転するには最適なレンタルサーバーサービスです。

  • マルチドメイン無制限で1契約で複数サイトを運用できる
  • S21プランでディスク容量200GBの大容量
  • S21プランで一日当たりの転送量目安160GB

また独自のコントロールパネルから、オプション機能の設定やドメイン、各種ライセンスの取得・更新、SSL証明書などの申請・申し込みが誰でも簡単に行えます。

ココがポイント

法人向けサービスとしては、他社と比較して容量は少なめではありますが、月額が安い分コストパフォーマンスは高くなっています。

高速化

1:データベースサーバーにSSDを採用しサイト高速化に対応

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21 SSDSSDは、従来のハードディスク(HDD)に比べると、読み込み処理数が約150倍、書き込み処理数が約300倍(いずれもランダム)向上し、サイトの表示速度アップに大きく貢献しています。

2:別々の仕事をするWebサーバーとメールサーバーを分けて運用

過負荷など他方のサーバーが重くなった場合でも、影響を与えることがありませんのでサイトの快適な表示・運用を行えます。

WordPressなどCMSを簡単インストール

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21 WordPressいまやサイト構築に欠かすことができない定番のCMS「WordPress」(ワードプレス)をワンクリックで簡単にインストールできます。

サイトへのアクセス数はパソコンからよりもスマートフォンからのアクセスが上回り、サイトのスマートフォン対応-レスポンシブ化が基本設定でできるWordPressの人気は日本・世界で断トツを誇っています。WordPressを簡単に始められるかどうかは、レンタルサーバーを検討する時の確認点でもあります。

またWordPressのほか、オープン系のECサイト構築ツールのEC-CUBEも簡単にインストールできます。(EC-CUBE3対応)

KAGOYAは、EC-CUBEのオフィシャルホスティングパートナーなのでECサイト構築の時は心強いですね
これで解決

2:高レベルのセキュリティ対策

無料・オプションでセキュアなサイト運営を

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21 セキュリティサイト改ざんや不正アクセス、スパムメール・ウィルスメールチェックとセキュリティ対策は今や必須ですが、ベンダーと個別に契約すると高額になりますし、また高い管理技術スキルも求められとても現実的ではありません。

KAGOYAの共用サーバーには、これらのセキュリティ対策がすべて標準で備わっておりますので、サイト管理者の負担を大幅に下げることに成功しています。

Webサイトでは、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)とIPS(不正侵入予防システム)、メールではウィルスメールチェック、そして業界のリーディングプロバイダー「FORTINET社のFortiMail」をスパム対策用のアプライアンスとして採用し、迷惑メール対策を行っています。

また、オプションにはなりますが誤送信対策も追加することも可能です。

SSL対応もしっかり

ホームページとクライアントPC間の通信を暗号化するSSLは今や必須です。
有料のシマンテック・セコム・ジオトラストなど独自SSLはもちろん対応、そして急速に普及しています無料SSL"Let's Encrypt"も利用できるので、コストをかけずに高セキュリティのサイトを運用することができます。
また利用のドメイン全てに設置できますので、メインブランドのほかサブブランドなど複数のサイトをセキュアに展開することも可能です。

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21 SSL

*複数素材をKAGOYAより引用

3:サーバー環境やデータ保全の信頼性

自社運営のデータセンター

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21 データセンター昨今は災害が本当に増えていて、サイト管理者の悩みはつきませんね。
災害対策の一つとして、堅牢なデータセンターでサーバーを運用しておくことが大切です。

KAGOYAは自社でデータセンターを運用しており、震度7程度にも耐える建物自体の免震構造と堅牢な設計・N+1構成の無停電電源装置(UPS)・非常用発電機による電源多重化などまさかの時に備えたファシリティです。

さらに人的なセキュリティ対策を兼ねて、専任の技術者が24時間365日常駐、生体認証による入退室管理と慎重に慎重を期した運用を行っています。

困ったなあ
地震や風水害でサービスが止まらないか心配で・・
構造や電源の多重化など堅牢に設計されているので安心ですよ
これで解決
まさかの時に!バックアップサービス

データが消えてしまった・・・サイトが見えない・・。こんな時はバックアップがあると本当に助かりますね。

全プランが最大10GBまで無料で使えるバックアップサービスに対応しています。そしてコントロールパネルから誰でも簡単に、外部サーバーへのバックアップの設定ができますし、復旧も無料でいつでもできます。なおメールデータは対応していないので注意しましょう。

レンタルサーバーカゴヤKAGOYA共用サーバーS21 バックアップ

4:充実したサポートサービス

共用サーバー全プランにメール・電話サポートが含まれているほか、オンラインサポート・Twitterサポートの合計4つの方法があります。

メールは24時間365日対応、電話は他社よりも受付時間が長いのが特徴です。フリーダイヤルなので通話料もかかりません。

●平日  10:00~22:00
●土日祝 10:00~17:00

またサポートサイトで、「マニュアル」「契約の確認・変更」「よくある質問」や「障害・メインテナンス情報」など随時確認することができます。

 

 

機能

プランごとの機能一覧です。
KAGOYAの特徴としては、プラン変更なく容量追加ができる「Web容量追加」(追加料金は必要です)、IPS(不正侵入予防システム)が標準で装備されていることです。

サービスプラン S11 S21 S31
ストレージ容量 Webサーバー 100GB 200GB 300GB
メールサーバー 未提供 100GB 100GB
DBサーバー オプション 10GB 20GB
転送量の目安 120GB 160GB 200GB
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
FTP(メインFTPアカウント一つ)
Web容量追加 *1
PHP *2
SSH接続
WordPress
MySQL × 10GBまで 20GBまで
アクセスログ
無料SSL
WAF
IPS
メールアカウント数 無制限 無制限 無制限
メールウィルスチェック
バックアップサービス(10GBまで無料)
メール・電話サポート

*1 容量追加を10GB当たり月額216円で、管理画面からプラン変更なくできます。
*2 PHPはバージョン 5.6系ですが 7.0系、7.1系、7.2系に切替え可能です。

料金

共用サーバープランごとの料金表です。メールが利用でき、データベースも標準でWordPressなどのCMSが利用できるS21が、法人に人気があります。

サービスプラン S11 S21 S31
初期費用 無料 3,300円 3,300円
月額料金 1ケ月毎月支払い 1,100円 2,200 3,300円
12カ月一括支払い 10,560円
(880円/月)
21,120円
1,760円/月)
31,680円
(2,640円/月)
ストレージ容量 Webサーバー 100GB 200GB 300GB
メールサーバー 未提供 100GB 100GB
DBサーバー オプション 10GB 20GB

*税込表示
*プラン変更は、変更先プランの初期費用が必要
*データ移行はユーザーで実施。上位プランへ変更の場合のみデータ移行の依頼が可能。

気になるポイントは?

1:共用サーバーのほか、WordPress専用サーバー、VPS、クラウドなどメニューがとても多いので、ニーズに合わせコストが最小限になるように選びましょう。

2:バックアップサービスは10GBまで無料(一世代のみ)、メールデータは未対応です。

3:電話サポートは24時間対応ではありませんが、平日22時までフリーダイヤルでサポートあり。

まとめ

こんな方におすすめ

  • 提供会社の信頼性・セキュリティの安全性を優先したい
  • WordPressと機能を使って便利なサイトにしたい
  • いざという時にサポートをしてほしい

カゴヤの共用レンタルサーバー」は、企業用途でサイトを運用するには必要な機能がそろっていて、しかも長期運用の実績があるレンタルサーバーサービスです。
共用サーバーは、まんべんなくすべての機能が含まれているので、必要な機能がある最低コストのサービスから小さく始め、ビジネスが成長するにつれてスケールアップしていく運用がおすすめです。

お試し無料利用は14日間、さらに契約初月無料を組み合わせれば最大で6週間無料で利用することができますよ。

 

 

Copyright© 【2019年・令和最新】レンタルサーバーとネットショップ作成・ドメインサービス比較・評価・検討・紹介サイト by STREN , 2019 All Rights Reserved.