ブラックフライデーや越境ECの状況を確認する ~Shopifyリリースより~

レンタルサーバー、ネットショップ作成サービス ブラックフライデーや越境ECの状況を確認する ~Shopifyリリースより~

日本でも盛り上がり始めた毎年11月の第4木曜日に実施される「ブラックフライデー」と、その翌週の月曜日の「サイバーマンデー」ですが、ネットショップ作成サービスShopifyでは過去最高の売り上げを記録しました。

今回は、海外発のショッピングカートサービスを通してみるサイバーマンデーの状況と越境ECについてです。

Shopifyで総合流通額 3,000億円を突破

アメリカ発祥のブラックフライデーを日本でも盛り上げようということで、大手流通チェーンをはじめ、店頭やニュースでも見る機会が増えてきました。
本場のアメリカでは絶好調で、ネットショップでもこの傾向が顕著に出ています。

世界でアクティブショップ100万店を越えるネットショップを支援する「Shopify」が発表したリリースによると、2019年のブラックフライデー・サイバーマンデー(11月29日(金)~12月3日(月))の全店流通総額が3,000億円を突破し、前年比160%を記録しました。

主なポイントは?

  1. ブラックフライデー・サイバーマンデーの状況
  2. 越境ECの状況は?
  3. 越境ECの課題は?
  4. Shopify(ショピファイ)とは?

1:ブラックフライデー・サイバーマンデーの状況

世界最大のネットショップ作成サービス「Shopify」が公表した、全出店者の合計・比較データより主要な数字をご紹介します。

セール期間中の消費者数 2,550万人

販売金額の多い国: イギリス・ドイツ・フランス・スペイン

販売金額の多い都市: ロンドン(イギリス)・トロント(カナダ)

越境ECの比率: 全購買の19%が越境ECで海外に出荷されています。

平均の消費金額は、注文ごとに83.05ドル(1ドル109円換算で約9,050円)です。2割近くが海外からのお客様という実態も驚きですね
これで解決

利用する端末は?: モバイル・タブレット 69% パソコン 31%

人気の商品: 

アパレル(コート・ジャケット)、アクセサリー、化粧品、携帯用アクセサリー

ブラックフライデーでネットショップでよく売れたのは化粧品など

*Shopifyリリースより引用。仮定に基づく概算であることに注意。

2:越境ECの状況は?

海外から商品を購入する越境ECは、2020年には100兆円を越える(2018年の約50%増)とも予想されており、米国をはじめ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、南米でも拡大の一途をたどっています。

レンタルサーバー、ネットショップ作成サービス Shopify 購入者は海外から

出所:Shopify

 

また、アメリカやイギリス、ドイツのネットショップから購入する消費者が増えておりますが、日本はまだ5%と低く、日本企業・個人の越境ECへの取り組みの遅れも指摘されています。

レンタルサーバー、ネットショップ作成サービス Shopify 購入先上位国

3:越境ECの課題は?

消費者が海外から商品を購入するときに壁となる2つのポイントが「言語」と「通貨」です。ネットショップ側から見ても、言語は翻訳コストや正確性のチェックが必要、通貨は日々の変動や関税など経営上、ネックにもなっています。

レンタルサーバー、ネットショップ作成サービス Shopify 越境ECの課題は?

さらに海外では、配送・返品対応も課題です。

4:Shopify(ショピファイ)とは?

カナダ発祥のネットショップ作成サービス「Shopify」は、海外企業であり越境ECにも強く数々のメリットがあります。下記ページで詳しく解説しています。

Shopifyについて詳しく


Shopify(ショピファイ) 越境ECに最適の世界シェアNO.1ネットショップ作成サービス
Shopify(ショピファイ) 越境ECに最適の世界シェアNO.1ネットショップ作成サービス

初期費用 月額費用 システム手数料 カード決済手数料 無料 29ドル~ (3,132円) 無料 3,4%~3.9% こんな方におすすめ すぐネットショップを始めたい、商品数が多い個人・中小企業 海外へ ...

続きを見る

Shopifyを始める


ネットショップ作成サービス ECサイト構築 Shopifyの始め方
Shopifyの無料体験の始め方 ~世界で商品・サービスを販売する方法~

出所:Shopify   世界のネット通販NO.1のECサイト構築サービス「Shopify」を利用して、国内でもネットショップを始める個人・企業が増えています。今回は、無料体験を始める手順を ...

続きを見る

まとめ

ここがポイント

  • ブラック・フライデー流通総額は世界で3,000億円突破と成長中
  • モバイル・タブレットからの注文が69%、越境ECは19%
  • 越境ECの最大の障害は通貨言語

国内向けネットショップはすぐに始められるものの、海外向け通販の越境ECはハードルが高く二の足を踏んでしまいがち。
海外向け通販に強みを発揮するShopifyでは、facebookをはじめとするSNSとの連携や受注・業務システムの自動化など、海外通販に適したサポートを提供しています。

海外向け商品を持っているショップ、展開を考えている企業はShopifyをネット通販のツールの選択肢の一つとして、検討してみてもいいでしょう。

 

 

Copyright© ストリームレンタルドットコム , 2020 All Rights Reserved.