レンタルサーバー比較 レンタルサーバー

【比較】レンタルサーバー各社の特色で選ぶ

レンタルサーバー各社の特色に合わせて選ぶ

facebookやツイッター、インスタグラムなどSNSが浸透するなかで、さらに深く自社サービスを知っていただくブランディングの観点からその軸としての自社サイト=オウンドメディアがますます重要になっています。
同時に、自社サイトにできるだけコストをかけず運用することも大切です。

レンタルサーバーの選び方は?

自社サイトを始めるにあたって、レンタルサーバーは様々あり選定に悩むところですね。
そこで、弊社が動画サーバーレンタルサービスを15年運用した経験から、低コストで安心して稼働するレンタルサーバー4社を選んでみました。

レンタルサーバー選択リスト順にライト、ミディアム、ヘビーユーザー向け、また料金・コストの順にもなっています。

また、レンタルサーバー業界が驚いた初期費用無料、利用した日数のみ支払う国内最速のレンタルサーバー(ConoHa WING)も登場し、ますますサーバー選びが重要になっています。

それぞれの性能や注目点、特徴などをご確認ください。
(表:コストパフォーマンスと性能の相関イメージ)

特色で選ぶ

  1. 低価格で始めたい、オリジナルドメインでサイトを始めたい、WordPressで自社サイトを始めたい
    ロリポップ!レンタルサーバー
  2. デザイン的に凝ったサイトを作りたい、WordPressで自社サイトを始めたい
    レンタルサーバーheteml(ヘテムル)
  3. アクセスが多いサイトを運用したい、WordPressで自社サイトを複数運用したい、ビジネスで止まらないサーバーが必要
    XSERVER レンタルサーバー
  4. 表示を速くしたい、最速のサーバーを探している、簡単に移行したい
    ConoHa WING(コノハウィング)

1:月額100円からの超低価格-ロリポップ

レンタルサーバーロリポップ!ロゴ毎月支払う月額料金は出来るだけ抑えたいけど、安定したパフォーマンスや機能は譲れない。そういうユーザーに適したレンタルサーバーです。

レンタルサーバーロリポップは?

注目ポイント

・月額100円の「エコノミープラン」は容量10GB
月額250円の「ライトプラン」は容量50GB
・月額500円の「スタンダードプラン」は大容量の120GB
・月額2,000円の「エンタープライズプラン」は大規模サイトにも対応できる400GB

 【エコノミープラン】
・独自ドメイン20個まで
・手軽にホームページ作成をスタートできます 
・メールのみの利用可 

【ライトプラン】 オススメ
・独自ドメイン50個まで
・メールアドレスを無制限に作成可
WordPress、EC-CUBEなど各種CMSの簡単インストール完備
無料SSL

【スタンダートプラン】
・独自ドメイン100個まで
・30個までDB利用可のためWordPress、EC-CUBEで複数ECサイト作成可能
・独自SSL、SSH利用可のパワーサーバー

【エンタープライズプラン】
・独自ドメイン無制限
・最新鋭の高性能サーバー
・アクセスの多い日も安心のデータ転送量無制限
・7世代自動バックアップ
・電話サポートが標準装備

WordPressを60秒で始めることができる「簡単インストール」は注目。
サーバー稼働率99.99%の安定性

サービス運営はGMOパペポ株式会社。東京証券取引所(JASDAQスタンダード)上場企業でレンタルサーバー、ECビジネス、ハンドメイドマーケットアプリなどインターネットビジネスに長く携わっています。

まずはサイトをWordPressで立ち上げたい、アクセスが集まるか様子を見たい、ブログから移行を考えているなど、最初は軽く始めてみたい方にはロリポップが多く利用されています。

サイト内記事はこちら

レンタルサーバーロリポップ!
ロリポップ!高速プラン「ハイスピード」スタート! 月250円~ワードプレスが使える

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 1,500円 250円~ ライトプラン HDD 50GB 公式サイトを見る WordPressを始めるのに最適なサーバー 無料ブログをやめて自分のホーム ...

続きを見る

 

 

2:高稼働にこだわったサイトを運営したい-ヘテムル

レンタルサーバーヘテムルは?

レンタルサーバーヘテムルロゴヘテムルは、WEB・DB・メールサーバーにSSDを取り入れていますので、大量アクセスによる高負荷に対しディスクアクセスがボトルネックになることがありません。

注目ポイント

・すべてのサーバーにSSDを採用しCMS利用時の高速化を実現
・RAID構成+バックアップによりサービスの安全性を高めています
・独自ドメインを無制限で設定できるマルチドメイン機能
・WordPressサイトを簡単に作成できる簡単インストール機能 
・15日の無料お試しあり

サービス運営はロリポップと同じくGMOパペポ株式会社。
7世代分のデータを自動でバックアップ、まさかの時も簡単に復元できますし、サーバー稼働率99.99%の安定性はロリポップと同様です。

ハンドメイド作家など、クリエイティブな方の利用が多いヘテムルですが、SSDの導入でサイトのレスポンスもよく、ビジネス系の方にも評価が高いレンタルサーバーです。

サイト内記事はこちら

レンタルサーバーヘテムル
ヘテムル オールSSDの高速共用レンタルサーバー

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 2,000円 900円~ ベーシック SSD 200GB 公式サイトを見る heteml(ヘテムル)の立ち位置は? レンタルサーバーを契約して自社サイト ...

続きを見る

 

 

3:さらに高可用性を求めるなら-XSERVER 

レンタルサーバーエックスサーバーは?

レンタルサーバーエックスサーバーロゴサイトやブログに極めて大量のアクセスがあり、可用性の高いサーバーが必要という方には大量アクセスに強いXSERVER レンタルサーバーが最適です。

注目点

高速化対応
・高速性を重視し最新24コアCPU(Xeon Goldシリーズ)+256GBメモリ+オールSSD RAID10を採用
・総計1.14Tbpsの国内高速バックポーン(2019年3月現在)
・WordPress最大10倍高速化&さらなるアクセス耐性強化。
PHP処理能力が大幅にパワーアップした「Xアクセラレータ Ver.2」搭載 
・FastCGIやキャッシュモジュールに対応  PHP高速化や負荷軽減を図ることが可能
・高速Webサーバー「nginx」に対応
・「HTTP/2」対応でWebサイトを高速表示

多機能性
・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス
・マルチドメイン・メールアドレス無制限 
・独自SSLを無料で利用可能 
・操作性を重視した簡単操作のサーバー管理ツール 
・PHP7などの幅広い言語に対応
・SSHやcronによるコマンド、プログラムの実行も可能 
・WordPressやショッピングカートを簡単インストール
・無料SSLに対応

運営は2004年設立のレンタルサーバー専門企業、エックスサーバー株式会社。専門会社ならではの高品質・高機能なレンタルサーバーサービスを提供しています。

アクセスの多いサイト・ホームページを持つ企業や、ブロガーなど個人から圧倒的な人気があるレンタルサーバーで、軽く始めた結果、最終的な移行・運用を目指すサーバーでもあります。

サイト内記事はこちら

レンタルサーバーエックスサーバー
エックスサーバー 高速・多機能・高安定性の共用サーバー

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 3,000円 1,000円~ X10プラン SSD 200GB 公式サイトを見る コスパが最高レベルのレンタルサーバー 「高速サーバーといえばエックスサ ...

続きを見る

 

 

4:国内最速サーバー ConoHa WING 

レンタルサーバーConoHa WINGは?

レンタルサーバーConoHa WINGロゴ国内主要レンタルサーバーサービスとWebサーバー応答速度を比較した結果、 圧倒的な速さで「No.1」を獲得した新しいレンタルサーバーがConoHa WINGです。インターネットで広告ビジネスを展開する個人・ミッションクリティカルな企業サイト、いずれも貢献する可能性が高い性能を有しています。

注目ポイント

・独自チューニングしたキャッシュ機能で従来のサービスより高速レスポンスを実現。
超高速PHPアプリケーション実行環境「LiteSpeed LSAPI」を採用。
・「HTTP/2」対応でWebサイトを高速表示。
・高速Webサーバー「NGINX」に対応。
・最新のピュアSSD RAID10構成のハイスペックサーバー。

肝心のコストですが、初期費用は無料、最低利用期間はなく、利用した日数のみを支払う独特な価格体系で、最安はベーシックコース月額1,200円から利用できます。
また、Wordpressの移行も独自開発の「WordPressかんたん移行」があり、移行元のWordPressにソフトをインストールすることなく1分程度で移行が完了するというもの。

運営は東証一部上場のGMOインターネット株式会社、レンタルサーバーは数々のブランドを有しており運用ノウハウなどは心配はないでしょう。

初期費用もなく、利用日数のみの支払ですから、まずは検証のため複数サーバーで運用して、いずれ集約するという利用方法も考えられます。「国内最速」は大きな魅力です。

サイト内記事はこちら

レンタルサーバーConoHa WING
ConoHa WING サクサク表示の国内最速共用レンタルサーバー

初期費用 月額費用 コース・プラン ストレージ 無料 1,200円~ ベーシック SSD 200GB 公式サイトを見る レンタルサーバーの4大ポイントをクリア ホームページを始めたい、移行したいときに ...

続きを見る

 

 

ここがポイント!

新規に契約する場合は、どのくらいのアクセスがあるか分からない時に決めなければなりません。

最初は小さく始めて上位のコースに簡単に移行できるサービスを選択しましょう。

次に、レンタルサーバーの契約見直しの場合は、アクセス数などは分かっていますので、コストに見合うスペック・レンタルサーバーを選んでください。

技術の進歩はとても早く、数年前に契約したレンタルサーバーサービスは確実に割高になっていますので、新サービスへの移行は、手間を考えても十分に採算が合うかと思います。
思い切ってレンタルサーバーを切り替えてコストを削減し、より良いサイト・ブログを運用してください。

WordPress移行に役立つプラグイン All-in-One WP Migration

サイト内記事はこちら

レンタルサーバーWordpressの簡単引っ越し法
WordPressの簡単引っ越し法とは?

手間のかかる“あの移動”が驚きの簡単さ! 借りているレンタルサーバーが重いので他社のサーバーに移りたい、複数の契約でばらばらに運用しているWordpressを一つのサーバーにまとめたいという悩み事はあ ...

続きを見る

まとめ

サイトやブログはいったん始めますと、移行は技術的には簡単になりましたが、意識的には難しく感じるものです

自社の運用規模に最適なレンタルサーバーサービスを選べば、無駄なコストを削減できます。くれぐれもオーバースペックで無駄なコストをかけないようにしてください。

Copyright© 【2019年・令和最新】レンタルサーバーとネットショップ作成・ドメインサービス比較・評価・検討・紹介サイト by STREN , 2019 All Rights Reserved.